topimage

2018-02

教育委員会(組織改編)?=2= - 2018.02.11 Sun



 やっぱり、、、どうしてもというか、、、気になる〜。写真は、8日の来年度、「支所長、サービスセンター長は、地区教育事務所長を兼務する」、、、「支所長、サービスセンター長ではなく、次長を兼務させるかは、現在検討中」(説明資料のまま)、、、、ということについての公民館会運営審議会(への説明会?)!(当方的には、12月議会にもめた、、、社会教育施設の廃止解体の住民説明会と同じように、、、「検討中、意見を聞いて決める」といっているがもうすでに決めているのではないかと、、、勝手に思っていますが〜〜)

 また、「現在4か所(相川、佐和田、畑野、羽茂)の地区教育事務所を旧市町村単位に10ヶ所に拡充する」ものなのだそうである!===なんだか良さそうげに、、聞こえるのだが???

 公民館運営審議会での説明だったせいか?、、、なにやら「公民館」だけというような説明に聞こえます(説明していた)が、、、、よく考えてみると、、、、各地区の現地区教育係と称して配置されているが、、、これは、公民館分野だけでなく、、、、社会教育、、、生涯学習、、、、などの分野についても仕事の範疇なのである。

 つまり、、、ざっくり言い方を変えれば、、、、社会教育の事務・仕事である分野を支所長、サービスセンター長は、地区教育事務所長を兼務する」、、、ということなのであろう!

 8日の運営協議会でも質問が出されていましたが、、、、”いま、どこに問題や課題があって、それをどうしようとしているのか?”といった主旨がありましたが、、、、、その通りではないか!、、、と思うわけである!!!!!!

 さてさて、、、先の12月議会では、、、社会教育施設の廃止解体について、、、決めるのは市長、、、と教育長は、事実上認識を示していたが、、、。(答弁では、、、あれこれ、、、色々言っていますが、、、文脈で見ても分かる通りの議事録です〜)
 今回は、、、教育長自身が明確に「最終的に決めるのは教育委員会の会議(議決ということだろう)で決まる」(主旨)」と2度ほど言っていた!!!!・・・当方的には、なかなか印象的だったぁ〜〜〜😎。

 やはり、、、社会教育を、、、教育の専門部署の位置づけと存在である、、、教育委員会がどう考えているのかが決め手ではないのか、、、と思うのだが、、、(涙)。。。。これがなければ、教育委員会の存在意義は失われてしまうのではないか???(どうも、、今回も、、、市長部局に引きづられている気がするのである。(また、怒られそうですが〜〜)



水道料・・・ - 2018.02.09 Fri

名称未設定-2

 上記は、今日の午後に記者会見で発表するという内容で、今回の凍結・漏水に伴う、、、水道料金の軽減問題!

 従来(元にある)の漏水軽減措置でなく、、、漏水分は、除外すべきと提案してきたが、、、、議会でも異論はなかったので、、、これでいけるのだろうと思うが、、、!!!

 漏水していた家庭では、、、心配事の水道料だが、、、とりあえずの朗報!?

 追: 「佐渡市漏水等による使用水量の認定に関する要綱」(通常の場合)
 
(使用水量の認定)
第5条 使用水量の認定は、推定漏水量に2分の1を乗じて算出した水量を、認定の適用月の検針水量から減じたものとする。ただし、減じられた使用水量が通常使用水量(前3月の平均使用水量をいう。)の5倍を超えるときは、5倍までを限度とすることができる。
2 市長は、災害等に起因した漏水であって特に必要と認める場合は、前項の規定にかかわらず、別に使用水量を認定することができる。


 先の全員協議会で、、、漏水分は全額免除、、、と提案したのは、、、5条第二項を活かすべき、、、といったのであったのだが、、、さて?

教育委員会(組織改編)? - 2018.02.08 Thu



 写真は、市HPで、公民館、国保運営協議会などの開催(傍聴)が、、、告知されています!(情報公開の第一歩〜〜。)

 さてさて、、、今日は、公民館運営審議会と国民健康保険運営協議会の2本だて???、、、どちらにしようかと迷いましたが、、、公民館運営協議会では、「社会教育課の組織再編(案)」が協議される、、、。

 組織改編、、、ということで、、、公民館の方を傍聴した!

IMG_3808_2018020822425251b.jpg

IMG_3817.jpg

 ざっくり、まとめると、、、来年度は、市長部局の支所長・センター長が、地区教育事務所長を兼務し、「地区育係は現員数を維持した上で配置し、地域支援係(市長部局)を兼務する」、、、というもの!

IMG_3836_20180208230713426.jpg

 運営審議会の委員長自身、、、、「なかなか、難しい、大きなテーマだが・・・」と繰り返していたが、、、これまでの教育委員会の所掌事務としていたものが、市長部局の支所長等との「兼務」、「連携」するという「組織改編」である〜R。

 これも、、、ざっくり言えば、、、

IMG_3822 2

 これは、会議を傍聴をしながら、、、おもわず、当方が書いてしまったもの!・・・要は、兼務する支所長等は、、、こんな感じか?絵に書いてあるように1つは(上の丸1)、、、、教育委員会と市長の指示が別々(差があり)に出されることがないか???。。。。いやいや、そんなことはないでしょうから、、、下のほうの丸2のように教育委員会と市長が協議をして、1つの指示内容とするはすであるのではないかと思うわけであるが、、、、、。(それしか考えられない気がするが・・)

 ただ、、、、今回の案は、、、あくまでも「組織改編(案)」であると言っていたが、、、さてさて、、、来年度といえば、、、すぐだし、事実上3月議会でもかかることになろう〜〜、、、さてさて、間に合うのかなぁ〜と!

 教育長は「最終的に決めるのは、教育委員会」(協議委員会委員長の問にも答えていた!)、、、とも!

 さてさて、、、さて???・・・いろいろと感想もあるのだが、、、、一番気になったのは、、、委員の中からも質問があったが、、、「案」であろうと、、、まず、教育委員会として、、、どのような協議結果として出されてきたのか???ということである!

 それと、最も気になったのが、、、、教育委員会が主導して会議がすすめられていない、、、ということ!(説明も、、、ほとんど副市長、、、答弁も、、、ほとんど〜〜〜)

 教育委員会の自らの仕事のありようを変えるというのですから、、、やっぱ、本来的には、教育委員会が主導すべきではないかと思うのだが、、、、。

 追:会議が閉じられたのち、、、委員から、、、「今後どのように進めて結論を出すのか?」との声が上がり、話になりはじめていた、、、、、実は、これはとても重要なことです、、、で、、、、、当方もなんとなく荷物を片付けながら聞いていたら、、、、「すいません!会議は終わったので、これ以降は傍聴できませんので!」と迫られました〜〜〜😅。
 当方、、、「一番重要なことが傍聴できないのか?」と言いつつ、、、外へ出たのだが、、、、はてさて???

「危機管理」、、、凍結・断水6(蛇足〜) - 2018.02.06 Tue



 このネタは、昨日で終わるつもりであったが、、、蛇足ながら〜〜。

 「市民への支援継続」〜〜〜いまandこれからは、、、これが大事である〜R。行政・市職員も頑張る!!!!😎〜。

 この間、様々な応援や支援があったのであろう〜〜。

IMG_3794.jpg

 なるほど、なるほど、、、。見附市さん、、。(はて、佐渡市にもあつたのか?それとも、なくなったのか?などなど〜〜。(結局、また「怒られる〜」)

IMG_3793.jpg

 6リッター入る!!!

IMG_3795_2018020616325385e.jpg

 そんでもって、、、リュックのように、背負える〜〜。・・・・背中に背負い、右手、左手に1つづつ、、、、、なら、18リットルをがんばれば、持ってる〜〜のではなかろうか?(当方なら????背中に2つ、左右両手で2つ、、、、、この際ですから、口で咥えてもう1つ〜〜か😭。)

 ・・・・・・・・・(汗)


「危機管理」、、、凍結・断水5 - 2018.02.05 Mon

564

 さてさて、、、、このネタも、、、そろそろ終わりか〜〜〜??

 上記は、水道系の対策マニアルから、、、。・・・どんな部署でも緊急事態対応の基本的マニアルは、あるはずなのだということで、、、少し調べてみた〜〜〜〜。ま、よく考えれば、、、当然といえば当然なのだが、、、などなどと!・・・ただ、、、専門外なので、、、当方など(当たり前ですが・・・)にとっては、ピンとこない、、、やはりド素人、、、所以なのである。
 
3214

 これは、厚労省HPよりだが、、、、、ま、書いてあることは、、これもよく考えれば「分かる」し、、当然といえば当然の内容であるのだが、、、、、これが状況に応じて、、、ピンとくるかどうかというあたりも、、、専門か、、、門外漢かの初歩的な分かれ道なのであろうと、、、、思ったわけである。

 (この基本的マニュアル、、、から照らして、、、どうだったかは、、、教訓であろうと〜〜)

「危機管理」、、、凍結・断水4 - 2018.02.04 Sun

67777

23321

 また、、、寒波???注意である〜〜〜!!!

IMG_3785.jpg

 これが今日の地元紙(新潟日報さん)、、、、とこんな感じである!

 さてさて、、、今回の最強寒波〜広域水道断水について、各家庭の自己責任路論もあるし、、、、また一方では、予期せぬ出来事に市は頑張ったので批判すべきでない論、、、なども出ているようである。特に、議会(議員)は、鬼の首でもとったようにまた議会で批判するのではないか、、、といった感じのものもある〜〜〜。(注:もちろん、逆の意見も多い気がしますが〜)

 当方的には、行政も努力して、大変ご苦労だったし、感謝もすべきと思っていますが、、、、(そうそう、水道関係職員は、早くから各地を走り回っていたのに何度も出っくわしているし、、、本当に、大変だったと思っています。・・・・・・そうそう、3.11も、、、行政職員が我が身も顧みずに、、、必死に頑張った=これこそ、公務公共職と単純民間との比較も多くあった気がしますが、、、何かそれを思い出しました。)

 もちろん、今回の最強寒波がこんな、おおごとになるとは、なかなか思えなかった、そして、次に教訓として活かすべきでもあるとも思っている。だが、それでも、自治体としての「危機管理」のあり方は問われなければいけない!、、と思っている。

 (例えば、、、幾つもの自治体で、こういった「危機管理」の対応がまずく、裁判敗訴事例などがあることをみても分かりますし、、、「想定できなかった」では済んでいないのである〜。)

 昨日も書いたように、、、、例えば、、、一般市民と行政の危機管理に対するレベルは、、、言い方は変ですが、、、行政の方がレベルが高いはずなのであるし、そうでなくてはならないのである。(ま、それがプロ的仕事たるゆえんである〜〜)・・・だからこそ「よくがんばりました」というだけでは終われないのであると思うのである〜〜R。

 例えば、、、議会を見てみよう、、、、「よく、大変な中頑張りましたね、頑張りましたね」というのでは、、、役割が果たせないと思うわけである。議会としては、、、今回の教訓をきっちり引き出し、整理し、対応のあり方を質すことが、、、これも議会的仕事であろうと思うわけである〜〜〜。(7月に記録的豪雨の教訓もあるし、、、それを活かしていたか〜〜などは、当然と思うわけである〜)
 (少なくとも、、、というか、、、新聞でさえ、、、それなりの問題点に触れていますし、、、「頑張った、頑張った、今後に活かしてください」という諦め的な対応ではなく(=当方の思い)、、、、せめて、、、新聞レベルぐらいは必要ではなかろうか?と思うわけである〜!)

 ”褒める客ほど買わない”のであるし、、、真剣に思っていないのではないか〜〜。

IMG_0298_20180204160854fc5.jpg

 当方ん家は、、、こんな感じが、、、断続的に、、、の今日〜〜〜。




「危機管理」、、、凍結・断水3 - 2018.02.03 Sat


 
 写真は、水道断水関連の応援・支援にきている名古屋市の車である。(今日)

 2月1日時点では、、、応援・支援に来てくれている自治体は、見附、加茂、上越、五泉、阿賀野市、胎内、長岡、柏崎、名古屋市の9自治体で、27人となっている。(ほとんど車で入ってきている、、、、欠航が続かなくて、、、よかったなぁ〜と)=「新潟市」の名前入りの車もありましたから、、、その後も応援が増えているのであろう!=ありがとうございます!!感謝!

 現在の状況〜〜というか、水道状況がメール出されている!以下
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月28日に発生した大規模な断水では、水不足の危機的な状況は脱しましたが、水道水の供給は不安定な状況が続いています。大変ご不便をおかけいたしますが、節水にご協力をお願いいたします。
 また、今後、冷え込みが厳しくなると、再び水道管が凍結、破損する恐れがあります。宅内水道管が破損しますと、日常生活に支障をきたすだけでなく、修理にかかる費用も大きな負担となります。宅内水道管が凍結しないよう防寒対策をお願いします。
  佐渡市上下水道課からのお知らせでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さてさて、、、今回のこの最強寒波〜断水、、、、これは、変な意味ではないが、、、、自治体・行政のありようが問われている事例である。

 そうそう、ネット界隈では、、、家庭の水道料の減免などなどについて、、、、水道管破裂は自己責任で、、、凍結防止をサボっていたから水道管が破裂したのである、、、、といった、声もちらほら見える〜〜。
 もっと掘り出すと、、、要は、今回の出来事は、行政に責任があるのではなく、各家庭の自己責任なのだ、、、と言いたい論もある〜。(「行政のやれることに限界がある」論・・・・まさか、行政系の意見ではなかろうが〜)

 もちろん、行政にだって当然限界はありますが、、、、コメントにもありましたが、、、少なくとも「行政として、できることは最大限頑張ります」というのが正解であろう!
 さらに、、、今回の各家庭の水道管漏水・破裂の主犯は、、、これも言うまでもありませんが、、、最強寒波、、、、のせいです!

 3.11大震災などの教訓から、、、平成23年12月14日に津波防災地域づくりに関する法律(津波防災地域づくり法)ができているが、これは、、、、。

 「津波防災地域づくりの推進に関する基本的な指針」・・・「津波防災地域づくりにおいては、最大クラスの津波が発生した場合で も「なんとしても人命を守る」という考え方で、地域ごとの特性を踏ま え、既存の公共施設や民間施設も活用しながら、ハード・ソフトの施策 を柔軟に組み合わせて総動員させる「多重防御」の発想により、国、都 道府県及び市町村の連携・協力の下、地域活性化の観点も含めた総合的 な地域づくりの中で津波防災を効率的かつ効果的に推進することを基本理念とする

 ・・・というものだが、、、最大クラスの津波が発生した場合で も「なんとしても人命を守る」という考え方は、、、、、当方的には、、、この考え方(基本理念)は、自治体における危機管理に共通する姿勢と責務ではないかと思っている!

IMG_3771.jpg

 3.11以降、、、地震だけではないが、特に、自然災害多発するというのがまずもっての認識で、特に自治体の防災や危機管理、緊急事態への対応強化が謳われているのは、自治体関係者の常識である。(佐渡市も、現市政も本庁の防災機能の充実へのとりくみを計画しています〜)

 上記の写真(雑誌)は、自治体関係者?がよく読む?「ガバナンス」からで、、、災害レジリエンスを高めることに関するもの!

 災害レジリエンスとは???=一般社団法人レジリエンス協会(2012年4月設立)会長の林 春男・京都大学大学院教授は、レジリエンスについて次のように述べている。
 「防災の世界では、日本語で『防災力』にあたる言葉がなかった。2005年に神戸で開催された世界防災会議で減災のための兵庫行動枠組みが採択され、それ以来”Resilience”という言葉が『防災力』という意味で市民権を得た。形状記憶の合金や衣料があるが、その性質がレジリエンスで、心理学や保健学でもレジリエンスという言葉をキーワードとしている」(同協会ホームページより要旨)
 災害やテロなど想定外の事態で社会システムや事業の一部の機能が停止しても、「全体としての機能を速やかに回復できるしなやかな強靭(きょうじん)さ」を表わす言葉であり、防災や事業継続計画(BCP)だけではなく、国家戦略、事業戦略に組み込むことで競争力の強化を図ることができる概念とされる。
 東日本大震災後に自民党・公明党が打ち出す防災についての「国土強靭化」政策の“強靭”も「レジリエンス」の意訳だと言える。
(「防災用語集」HPより)・・・・・汗、、、わかったようなわからないような😅〜〜〜。

 「これからの自治体の防災は災害レジリエンスを高めることが求められる。具体的には事業継続の観点から予測力、予防力、災害対応力の3種類の力をバランス良く高める必要がある。・・・・「多重防御」の考え方を推進・・」(林春男)・・・これの方がわかりやすい〜〜。

 ざっくり言えば、、、予想力、予防力、対応力、、、が重要だ!ということ?(上記写真(雑誌の図2)

 災害対応で重要なのが、万が一の想定・推測力=予想力であろう、、、これが前提で対応策が生まれるわけであるから〜〜〜。(図2はなかなかおもしろいと)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (9)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (120)
住民投票 (25)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (729)
議会報告 (57)
一般質問項目 (32)
政治 (206)
議会改革 (50)
議員 (71)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (26)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (202)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (36)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (143)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (51)
福祉 (135)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (13)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
農業 (80)
行革 (47)
公共施設 (29)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (37)
文化 (10)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (22)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (287)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (23)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (26)
2016市議選 (6)
地方自治 (14)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)
2018、最強寒波〜断水 (13)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

気まぐれクラウド

読み込み中...
powered by syany

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!