topimage

2017-06

やるじゃん!部長制、、、。 - 2017.06.16 Fri

888

 今日から、一般質問が始まる。部長制になって初の議会、、、、。

 答弁席は、課長もちらほらいましたが、、、総勢28名、、、、。

 質問した議員の感想も、、、、「頑張ってた」といった感想のようでした。

 今日のところは、「やるじゃん!部長制」といったところか!!他人様をあれこれ言っている場合ではなく、当方も準備、準備〜。。



凶暴?な共謀罪???の朝! - 2017.06.15 Thu



 明け方の共謀罪!国会のルールも踏みにじるようなやり方でのとんでもない暴挙、、、大暴挙!と言うべきであろう。まさに、憲法も民主主義も踏みにじるやり方は、、、呆れ果てるばかりである。はっきり言って独裁暴走政治ではないか!!!
 議会中だが、、、この暴挙を許さない宣伝カーを急遽、、、出動させさせ、、、、議会に向かった!(手を振ってくれる方や車の中からの激励ぽいものも多かった気がします)・・・・・立場や政策論の違いがあっても、、、こんなやり方を許すことは、、、日本政治にとって重大な汚点となるし、民主主義の根幹を覆したことである〜〜〜。

 議会控え室でも、、、話題になったが、、、、自民党系のある市議曰く、、、「自民党が嫌になった・・」(主旨)とも、、、。また、別の自民系市議は、、、、「必要」とも力説の方もいた、、、。

 田舎の市議的に見ても、、、国政の劣化としか思えない、、、、。

 基本は、民主主義をしっかり守るかどうかであろう!民主主義とは、意見の違いを認める懐の深さがあり、その上に成り立っている。違う意見を封殺することではない!(どうも、封殺する傾向があるようにも感じますが〜)
 市民の声を反映するかどうかも、、、規模?レベルは低いのかもしれないが、、、民主主義のスタートではないか。

 TVでは、、、国会前で抗議する若者の姿が映されていたが、、、、やはり反骨精神時代の若者こそではないかと!・・・・佐渡的には、、、どうも、、、こういったものを避ける傾向があるのではないかとも、、、、思ったりしている。

 明日から、、、佐渡市議会の一般質問が始まるが、、、、さて、佐渡市の民主主義は???などと、、、。

部長制=第二ステージ?? - 2017.06.14 Wed



 写真=部長制になっての、初めての議会初日!・・・・よくよく答弁席側を見ると、、、、😎。

 たいして、課長制の時と変わらない答弁席である〜。基本的には部長が答弁する、、、と言っての部長制だったのだが、おまけに、答弁も部長よりも課長が多かったような気がする。

 当方的には、、、部長制の利点は、、、政策論が表に出てくる、、、ということではないか!と思っていた。もちろん、あれこれの数字や数値を議員側が問いただす場面もあろうが、、、それは、あくまでも政策論の一環である。
 全てが全てではないが、、、あれこれ重箱の隅をつつく質問ではなく、政策論こそ、今、必要ではないかと考えている。(もちろん、場合やテーマによって、あれこれの数字がテーマ、主軸になることもあるのも当然ですけど)

 自治基本条例や議会基本条例から、、、10年、、、あるいは、平成の市町村合併から、、15年、、、、、実は、どちらも第二ステージに移行している。

 例えば、平成の大合併は、、、、自立の道(非合併)と合併、、、を選んだ大きな2グループに大別される。この15年間で、、、大きな違い(「差」とはあえて書きません)が生まれている。
 最近「地方創生」なる言葉が踊っていますが、、、、どちらかといえば、非合併自治体の方が、、目立っている。ある意味、この非合併グループの取り組みが地方創生の事例ぽくなっていることも否めないのではないか?・・・つまり、、、このグループでは、どうやって自立していくのかという真剣な探求が作り上げた、、、とも言えるのではないかと?

 主権者を重視した基本条例の取り組みも10年だが、、、実は、これも平成の大合併という出来事の影響も一因となっていることも否めない。どのような地域、自治体をつくるのか、、、というところが影響しているのである。

 この双方、、、どちらも、もちろんだが、うまくいっている場合と形式的に終わっている自治体もあるのですが、、、。特に、基本条例では、、、条例は制定したものの、、、中身は旧態依然、、、どころかなお悪い、、、というところもあるようで、、、、特に、この基本条例、議会改革では、、、、近年は「第二ステージ」と多くの識者が言及している。(特に、形式的に、基本条例は制定したものの、、、中身が伴っていないグループでの「第二ステージ」と条例制定で実践しているグループの「第二ステージ」、、、、ということのようである。)

(ちなみに、佐渡市的には、、、議会は、スタートラインに着くか着かないか?といった段階ではないか?と思っている。ちなみに、怒られることを覚悟で言えば、、、、当方的には議会の飛躍を「新しい議員に期待した」のですが、、、。ま、他人に頼っては、いけないのであるなぁ〜〜〜と。今日の議員定数削減議論の議会改革特別委員会を傍聴していて〜〜〜)

 さて、本題に戻る。。。。

 つまり、部長制は、、、、政策論争の場となるのではないか?と薄い期待をしていたのだが、、、、。「そんなの無理だ〜」との声も返ってきそうですが、、、よくよく考えてみれば、、、、議員は市政全般に関わるオールラウンダー的であります。(政策集団の会派がまだ未熟ですし・・・・)=わかりやすくいえば、、、、田舎の市会議員ごときの政策論争に受け答えすればいいだけです。議員の論戦主旨(全てが正しくないが、、、それに反論的答弁をしない傾向ありだが)が正しいとも限りません、、、、そこに「論戦」があるはずです。
 部長制=議員が詰まるような論戦的答弁こそ期待すべきものであろうと思うわけである。

 具体事例=「ただいまの議員の指摘は、***制度の趣旨からみて噛み合わないご質問で、制度の趣旨からいえば、****を目指すことこそ当市の現実であろうかと考えています!」、、、とか、、、、「ご質問の認識と現実は****のように違っていると考えていますので、****のよいうなやり方の方がより、実態にあっており、現に成果が見られていると考えています!」、、、、などと切り返す方がいいのではないか?(実際に、、、当方から見ると、、、”議員が言っている趣旨は間違っているのに、、、よく相手(議員)に合わせたような答弁があるような気がします〜〜)・・・”第二ステージかぁ〜”などと思いながら、、、、なのだが、、、はてさて、自省しながら〜〜〜

IMG_2179.jpg

(今日時点メモ〜)



水を汲む自助努力論〜〜〜 - 2017.06.14 Wed

222222

 一般質問前の議会日程が続いている〜〜。

 上記は、今議会に水道水の硬度の改善に関する住民からの請願書である〜。この水問題は、当方もこれまで何度も質問や提起をしてきている。すでに、あらゆる角度から質問や提起をしており別の視点から指摘するべきこともないといった具合なんですが、、、。(まさに、、、認識の違い〜〜か???)

 しかし、毎日、使う水道水ですから、、、困っている住民的には、腹の虫がおさまりません!・・・・といった具合で、請願が出された。(昨日の書き込み的に言えば、、、「役に立たない議員」ということにもなろう〜)

 そう言えば、、、対執行部とのやりとりをしたが、、、議会がどう考えるか?ということは、やったことがないのである。ま、その意味では、新鮮かも?????

IMG_2171.jpg

IMG_2172.jpg

 これが、今日の委員会に出席させた、ヤカン、、、。数ヶ月でこうなったもの、、、、。

 請願の趣旨は、、、、硬度による美味い、まずいは別にしても、ボイラーなどの機器類が痛みが早く経費がかかる。住民は、こんな状況なのに、硬度の高い真野行政サービスセンターでは、対応した機器(軟水機)を入れている。抜本的な改善はもちろんだが、当面策として軟水機などの購入補助制度くらいやったらどうだ!、、、というものである。
(ちなみに、M社事例で言えば、、、毎月その機器に関する費用がかさみますが、ボイラーなどの痛み修理に比べれば、まだいい、、、詳しくはここ!
       
 議会委員会の対応は、、、当方的には「いい感じ?」かと受け止めていますが、、、、中には、”よく、水をペットボトルで汲んで使っている人がいるが、自助努力が必要ではないか!”(主旨)の委員もいた!
 当然の如く、、、同様のことを行なっている住民もいますが、、、家庭に関する水を毎日、そんなことはできません!一つの反論として、お風呂の水が200lとすれば、、、一体、何本、毎日いるか!・・・そもそも、自助努力をいう前に、、、水を供給する公の仕事という責任論が抜けている、、、、としておいた。

 硬度100以下というのは、厚労省も含めて、、、大体の基準である。しかも、、、当地区だけの問題ではなく給水人口の3割です。。。。よく言う「地域エゴ」などとは思わないのだが〜〜〜〜。

 ちと、自助努力論には、驚いた〜〜。(議員も、報酬値上げなど言わずに、自助努力を〜〜と返したかったのだが〜〜)


初日模様、、、”突破力”? - 2017.06.13 Tue



 6月議会の初日、、、、。

 昨日から、ニュース、、、話題になっている上記新聞記事、、、。すでに書いていますが、、、大川村で、議会を廃して、総会を検討というニュース、、、である。
 おそらく、、、関心ごと的、、焦点、、、といえば、、、、”人口減少の中での自治体のあり方”、、、別の流行的な言い方なら、、、”消滅可能自治体”のあり方、、、とでも言えるのであり、、、負の方向の見方である。

 現状をそのまま受け入れる?、、、いやいや、人間の営みとは、そんなもんではなく、、、現状を緩やかでも変えたい、、というところではないか。

 そうそう、議会改革なるものを実践しているところのフレーズは、やはり迫力があると思う。例えば、、、先例をそのままにしない突破力、、、というものに遭遇する。

 現状を変えるには、、、どの程度の力かは別にして、、、”突破力”という力が必要ではないかと最近、強く感じているのである。もちろん、執行部側においても、”突破力”が必要なことは、いうまでもない〜〜。

 はてはて、、、初日の議会、当方的概要、、、。

11.jpg

 これが、今年度の当初予算なのだが、、、、今年度の「重点事業の取り組み」と掲げている「新規就農者等受入体制整備事業」(赤色)を止めるという補正予算案が出された、、、。
 理由としては、、地方創生予算がつかなかったから、、、というものだが、、、、。

 おいおい、、、、市長が責任を持って編成した、、、「重点事業」を単純に予算がつかなかったから、、、2ヶ月たった6月に止める???、、、というのが理解できないのである〜〜〜。必要なものであるなら、独自財源を使ってでも、やるべきでしょう!!!というのが、当方的質疑の中心点なのである〜〜〜〜。そんなに、当初予算?重点事業とは、軽いものなのか?????厳しい農業の状況を突破しようというのが、、、施策の眼目ではなかったのか????と!

IMG_2166.jpg

 2点目、、、質疑が多かったのが、、、良い方向に改変される奨学金条例、、、、あった〜〜〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 追*どうでもいいネタですが、、、議員歴が長いということで、議長会表彰を、、、当方がいただきました〜〜。(ま、議員歴が長ければいいといいうものではないし、、、逆に言えば、、、「そんなにやっていて、その程度か!」という事でもあろうと!)
 
333.jpg

 記念?として、、、議員バッジ、紀章、、、で、左端(今回のもの〜)、、、、。

 「永年勤続バッジは、市議会議員勤続10年以上で金属部分が白金張に、それ以上では通常のバッジ中央に配されている「市」の文字の部分に宝石がはめ込まれ、15年以上でルビー、20年以上スピネル、25年以上ジルコン、30年以上ゴールデンサファイア、35年以上エメラルド、40年以上アメジスト、45年以上でガーネット」(ウィキペディア)、、、なんだそう〜〜。どうでもいいネタですが、、、、ま、役に立たない、、、小ネタ〜〜。(当方も初めて知った〜。ちなみに、後段の青ぽいのは、町議員の時表彰時のもの〜。ちなみに、永年のカウントは、町村議員分は、4年を2年分としてカウントします〜〜)

 ・・・・・長けりゃ〜いいというものではない!要は、突破力ではないか、、、との今日の心持ち〜〜。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (59)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (672)
議会報告 (53)
一般質問項目 (28)
政治 (192)
議会改革 (42)
議員 (66)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (66)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (263)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (53)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (5)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!