FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

議会公開の原則とと〜傍聴権〜〜?

IMG_6007.jpeg

 タイトルは、かなり大袈裟です〜〜〜。

 今回、「議会広報」という特別委員会になったもので、いろいろと考えさせられているのである。広く言えば、、、この「傍聴」も広報的(「的」です)の範疇に入ろうと考えるのである。

 また、先の2月議会から、新型コロナの関係で、事実上、市民の議会傍聴は中止しているということもあり、何らかの広報的は考えも必要ではなかろうかというものである。

 しかし、市民的には、あまり知られていないのが、法的には、議会の傍聴は、本会議を基本、限定としている=つまり、委員会などは、一定の制限がかけられている=傍聴を認めない場合もある、、、、ということである。

 「そんなバカな。時代遅れ〜」と言う声が聞こえてきそうで、、、、会議公開の原則 、傍聴の自由とともに、知る権利 、取材の自由 (憲法21条1項)、法の下の平等 (憲法14条 1項)などなどからみたらおかしいではないか?とも!!!

 地方自治法 第百十五条 普通地方公共団体の議会の会議は、これを公開する。但し、議長又は議員三人以上の発議により、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。
○2 前項但書の議長又は議員の発議は、討論を行わないでその可否を決しなければならない。


 この場合は、基本的に本会議に関する規定である。

 では、なぜ委員会などが傍聴=公開の原則からずれるのかといえば、(判例などでも明確のようですが・・)、委員会は、議会の内部的下部機関であって、機能面からみても、議会(本会議)の予備審査的機関であるに過ぎず、独立の最終的意思決定機関ではないから、、、、なのである。・・・ということからのようである。

 (先日、委員会や各派代表者会議が対外的に責任を持つべき、、、というような議員もおられたが、これも同じ間違いである。対外的(議会を代表、及び、議会責任をもつのは、唯一、議長であるんですが、、、、)

 これが原則、基本ですが、佐渡市議会は、、、委員会も含めて大いに公開=傍聴や委員会議事録も広く市民に公開するという伝統である。

 ではでは、、、傍聴をどう捉えるのか?、、、この視点がポイントであろうと思うのである。

 (傍聴等)
 第19条  本会議及び委員会は、市民が主体的に市政に参画することができるよう、傍聴、インターネットの利用その他の方法で公開しなければならない。ただし、個人の権利利益の侵 害その他相当の理由があると認めるときは、この限りでない。
(さいたま市議会基本条例)
 
 この逐条解説では、「傍聴は市民の議会への主体的な参画にとって最も基本的なものである との認識から、本会議のほか、委員会についても公開を原則としており、本条において、本会議及び委員会を公開しなければならないことを定めている。また、物理的な理由から人員につ いて最低限の制限を行っているが、このような制限の弊害を除去するとともに、市民が容易に 議会における審議を知ることができるよう、本会議等の傍聴のほか、インターネットや会議録 の閲覧等によって公開することとしている。」と定義している。

 上越市議会では、「傍聴」という規定で書かれていないが、、、、

第3章 市民と議会との関係
第7条 情報の共有及び公開
1 議会は、多様な方法を用いて、議会の保有する情報を積極的に提供し、市民との情報の共有を図らなければならない。
2 議会は、議会に関する市民の知る権利を保障するため、別に条例で定めるところにより、議会が保有する情報を、市民等の求めに応じ、原則として公開しなければならない。
3 議会は、すべての会議を原則として公開しなければならない。
4 議会は、議案に対する議員の賛否の表明を、市民に公表するよう努めるものとする。


 ・・・ま、いろいろ、ぐたぐたと書いてみたが、、、要は、今回の新型コロナで、議会傍聴を規制している訳で、こんな時こそ、公開の原則、傍聴や知る権利について、、、再考してみる必要があるのではないか?というのが、当方的思考回路なのである〜〜〜R。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号18番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!