FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

財政計画と市民への言明の矛盾?



 今日の2本目の書き込み、、、、です。

 今日(11/9)の全協で示されたもの、、、これが、、、市民の意見を反映した最終案と思っていいでしょう。。。。(何も変わっていないはずです)

 市民説明会につかわたもの、、、。

IMG_6248 2

 これは、市民説明会で出された意見と答弁の要旨をまとめたモノである。(ちなみに、小木地区)

 ザックリ言えば、、、市民 「これまでも体育館解体の後の代替え施設を何度も要望してきたし、早く総合的な施設をつくってくれ!」、、、ということ!

 市答弁 「市としては解体したあとの施設については極力早く、総合的施設の代替え施設にとりかかる」、、、と言っているのである。

 どうゆう訳か、、、この地区では、解体後の施設を唯一やる、、、と言っているのである。(これなら、、、当方的にも分かるような気がしますが・・・)

 上記の合特債活用の一覧表、、、これは「H35年度までの建設事業」で、、、、これを元に、、、新市建設計画の財政計画も変更されているのである。

 ところが、、、この地区の体育館解体後の代替え施設とでもいえる総合的な施設の計画は、この財政計画に入っていないのである。(似たような事例では、真野地区の公民館1億2600万円は計上されていますが・・(上記表)

 事業の一覧表をみると、、、真ん中あたりに、、、解体する新穂体育館のガラス改修工事488万円さえ、上げているのに・・・・・。

 真野地区の公民館新築でさえ、、、1億2600万円ですし、、、総合的な施設となれば、、、それなりになるでしょう、、、、、。

 ・・・ってことは、、、、財政計画もいい加減だ、、、、もしくは、、、市民への答弁・言明がいい加減だ、、、のどちらかなのである、、、、。(H35年以降、、、か????)

 よく考えると、、、、佐和田地区の放課後児童の新設工事(旧佐和田地区体育館跡地に建設)もこの5箇年計画に入っていない〜〜〜〜のだが〜〜〜〜。(いかに、財政計画がいい加減か????)

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!