FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

パブコメから見えてくるモノ=2=



 写真:ある地区の「観音堂」にある十王?(地獄信仰で、あの世にいってそれぞれの仏、冥界の王(たち)に裁かれる。中央にいるのが、、、かの有名な閻魔様、、、、むかって右隣が、、、マイナーでは有名な、、、正塚のお婆・奪衣婆(だつえばあ)・葬頭河婆(そうづかばあ)等と呼ばれているこれも、、地獄になくてはならない立役者。

 ちなみに、、「婆婆」は問題ある差別的?フレーズだそう、、、今的には「正塚の高齢者女性」。。。ということ?!

 水木しげる漫画で言えば、、、ねずみこぞう、死神といった役柄で、、、主人公ではないが、存在感があり、この存在外なければ、その物語が成り立たないくらいの存在・役柄であろう。(ねずみこぞう=ゲゲゲの鬼太郎(墓場の鬼太郎)、死神=河童の三平)

 奪衣婆(だつえば)=あの世、地獄への旅の入り口の三途川(葬頭河)で渡し銭である六文銭を持ってこなかった亡者(死者)の衣服を剥ぎ取る老婆の鬼というものである。

 当方が気に入ったのは、閻魔様の前にある「業の秤」(生前、浮き世で悪さをしたかどうかを地獄で図る秤で、三器のうちの1つ)で、、、向かって左には、、、裁き・評価を受ける人が縛られており、、、反対側には、大きな岩(ということになっているはず)がぶら下げられ、、、秤で測られているところである。このような人間の縛り方が、、、面白いなぁ〜と。。。。。(かなりの余談です〜〜)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さてさて、、、今回の合特債活用=新市建設計画変更等、、、、で、ずっと考えていることに、、、どうして行政・政治とは、主権者を無視するのであろうか?、、、である。

 現場を司る公務労働者は、、、所詮、首長の言い分に逆らえない存在くらいに考えていたのだが、、、、先日の、、、今回のパブコメは市の例規違反ではないか?という当方に、、語気を強めて反論してきた姿を垣間見て、、、一層、思い、、、思考回路が深くなってしまった。(過去の記事=リンク

 要は、、法令=例規などに違反していないんだから、どこに問題がある!と語気を強めるが、実際には、、、おそらくパブコメで出された貴重な意見や全体に係るような意見が寄せられても、、、反映しないでしょう。

 要は(2)、、、、真面目にやる気がない、、、と取られても致し方ないのではないか?=これが見えてくるのである。

 なぜ、こんなことになるのか???当方的な結論でいえば、、、地方自治についての認識欠如じゃなかろうか?というモノである。
 まあ、どのような仕事、生業でも、、、自らの仕事について、この仕事とは何かなどと、、自ら問いかけることは少ないかも知れないが、、、。まあまあ、、、要は、生活をするための稼ぎの場であり、、ただなんとなくやっていればいい、、、のかも知れないが、、、さて、そうだろうか?というのが当方的視点である。

 何を言いたいかといえば、、、、タダ単純に地方自治の仕事をしていると、、、何かどこかの会社のような視点・受け止めでの公務の仕事となるのではないか。=会社がこういった方針で営業するが、そこそこ、市民の意見も反映するが、最終的に会社の方針に従うのは市民、、、、といった具合になっていないか?ということである。

 地方自治体の仕事を、、、原理原則的にいえば、、、、市民は自分の仕事で忙しいので、市民の代わりに公共公務の事務をやってもらっているので、その分の給料を出している、、、というものである。(議員も同じである)

IMG_6133.jpeg

 ここでも書かれていますが、「お任せ民主主義」から「参加型民主主義」が流れである。くどいですが、それを制度的にも保障しようとするのが自治基本条例や議会基本条例などなのである。

 例えば、、、市民説明会、、、。

 市民から付託・信託され?て公務公共の仕事をしているわけですから、その仕事をやることによって市民から喜んでもらえるような方向でやるべきです。やれないとしたら、なぜ、できないかもしっかり伝えなければならないのである。

 今回の、地域社会教育施設(体育館など)、、、、これが実際になくなったら、、、非常に都合が悪くなる、不便になる、地域が低迷する、、、などになるとしたら、これは住民からみたら大変な事である。(当方的視点。執行部はそう思っていないはず)

 説明会で市民から、、、不都合になるんじゃないか?等の意見が出れば、、、そうではないことを明瞭に伝えて理解してもらう必要があるのである。
 後になって、、、「誰が、こんなことを決めた、こんなはずじゃなかった!」と住民が後になって言うこと、、、言われることは、、、住民から公務公共の仕事を預かっている身としては、、、一番悲しむべき事ではないか。=だからこそ、一番重要なことを説明会で伝える必要があるのである。(ところが、嫌なことは言わない、隠すのが行政のような感じである)

 追:・・・・トップの業の秤、、、、、当方的には、、、「行政説明責任の秤」がやはりいるんじゃなかろうか?ま、これが自治基本条例や議会基本条例、、、まちづくり条例、、、、なのだが、、、とも。(忘れていた、書くのを〜〜)
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!