FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

地方自治講義??のひとりごと

IMG_6048.jpg

 まあ、よくもまあまあ、、、ほとほと、、、飽きずに、、、このネタ=合併特例債活用事業に執着していると呆れている方もいるだろうと、、、(^^;)。。。。ほとほと、実は自分でも嫌になっているのだが、、、ま、地方自治を色々と考える思考回路の時間にはなっているのでもあるんですが、、、、。(でも、こんなのは、受けないのであろうなぁ〜〜〜。従って、訪問者も少なくなっている〜〜〜(笑))

 すでに書きましたが、、、、

 1つは、、、この事業の取り組み方ややり方(同じフレーズ????)は、地方自治=行政のあり方=議会のあり方=まちづくりの基本にかかわる問題と、、、当方は考えているので、、、地方自治の議員としては、「まあまあ、、、」などとしていられない、、、からである。
 今回のこんなやり方を許したら、、、、その他も分野でも同じようにやってよい、、、ということになるのである。自治基本条例や議会基本条例を実践しているところなら、、、ある意味当然なはなしでしょうけど・・・。

 当方からみたら、、、公務公共労働=公務員のあり方にも影響していると思っている。なんぜ、この方々は、、、単なる労働者ではなく、、、公務公共、、、の労働者であるから、、、とも、、、。(過去の記事リンク

 2つは、、、これで本当に地域が、、、佐渡市が、、、良くなるのか?という疑問である。・・・何度も書いていますが、、、、今回の合特債活用計画でのビジョンが見えません!

 くどいほど当方は言っていますが、、、、例えば、、、地域の公共施設の廃止解体問題でも、、、最終的に、そうなることになるかもしれないが、、、どのようにして地域を佐渡市をよくするのか、、、ということさえあれば、、、廃止解体しても何も問題はない訳である、、、。

 更に言えば、、、議員は、、、佐渡を地域を少しでも良くなるように、、、というのが仕事ですから、、、。

 3つめは、、、人口減少など深刻な状況下、、、ま、全国どこでも同じなんですが、、、、。はっきりしているのは、、、行政に英雄が出現して善政を行えば解決するというものではなく、、、行政(首長+職員)、議会、住民が、、、ある意味一体となって取り組むところにこそ、、、光が見えるはずであるということである。事例では、、、地方創生の先駆事例などととりあげられているところでは、、、「地方創生」などと言われる以前から取り組んでいるので、、、先駆的事例になっているのである〜〜R。

 「人口減少などの深刻な局面」、、、という言い方でいうなら、、、実は、佐渡市は、、、市町村合併で、、、同じような課題を掲げてそれに挑戦しようと合併を選択したわけであり、、、今回の「地方創生」ブームという点では、、、近年では2度目の挑戦の時である!=この点では、、、合併特例の切れる今だし、、、合併15年になる、、今、、、特に、これまでをふり返り、、、将来に向かうべき大切な時期である、、、という点である。

 だからこそ、、、与党だ野党だ、、、などと言っている場合ではなく、、、様々な意見、政策論などを出し合い、、、いい方向を作り出す必要があるのである。。。。が、、、合併特例債活用についても、、、当方のような「問題あり」論は、、それなりにあるのだが、、、、「これでいい」論の議員は、、、論ぜず!というのは、悲しむべき事であると思っている!!!

 追:だいたい、市民から見たら分かりにくい。本来、給料をもらっている議員・議会がしっかりしていないから、こんなんになるんではないか?そのために、議員報酬がでているんだ!!」と言われましたが、、、、仰せの通りだと思います!当方も議会構成員の一員ですから、、、その通りと言うしかない!!!

 追2:・・・続けて、、、「市民説明会のTV中継で、、、とりあえず市民の意見はそれなりに出たのだが、、、。そもそも、議会でどのような中身になっているのか、全く分からない!まずは、市民にそのことを知らせるべきだし、TV中継でも何でもやるべき!」、、、「病院建設問題も、普通の市町村なら、それだけで、慎重に対応しなければならないと議会も特別委員会対応するというのが普通であろう」とも!

 これもその通りです!すでに書いたように、、、、議会として、この問題の集中審議さえしない=そのための特別委員会も設置しない!(合特債活用も病院建設も〜)=当方的には、議会の劣化でもあろうし、、、、それに対応するだけのメンツも、、、もしかしたら、いない、、、ということではないか!!!とも、、、。

 こんな、、、マニア??というか、地方政治に精通?した市民もいるのですが、、、、(^^;)。

 ・・・上記への唯一の返答といえば、、、23日の、、、市民説明会を受けての、、、総務文教常任委員会で「所管事務」としての審査・調査、、、くらいが、せめてもの救いかも???(期待度は、、、やはり低そうですが・・・



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1732:とある某バス停の待合所で、もっと改装されたいです by 佐渡の平和維持部隊 on 2018/10/21 at 10:26:53

我が真野地区市議で、副議長の中川なおみ様、こんにちわ

今回は、とある某バス停の待合所の改装についてですが

この某バス停の待合所では、改装については行われてなかったと思います

このままでは、老朽化で役に立たなくなる恐れがあると思います
身体の不住な障がい者たちも困ってると聞いてます

そこで、某バス停の待合所で、全体がバリアフリイ化し、身障者達も大変便利でありたいです

洋式トイレ付きでも有効でありたいです

以上です

それでは、我が真野地区市議の中川なおみ様、この辺で

全面改装されただけで、もっと便利な、とある某バス停の待合所でありたいです

終わりい僕自身は今でも、我が真野地区市議の中川様の味方で、いつも大ファンでありたいです

マジに本気です

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!