FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

合特債活用事業に対する市民の意見(請願権)

IMG_5860.jpg

 さてさて、、、、今回の合特債を活用した事業について、、、早耳の市民が請願権を行使して、、、陳情が出されている。(当市議会では、「陳情」であっても憲法に定められた請願権の行使であり、、、紹介議員のある請願と同等の扱いをしています。

 この辺は、、、教育委員会が事務規定にもとづき教育長が処理する、、、という佐渡市教育委員会とは、大きく異なっています。=ちなみに、この教育委員会の扱いは、間違いである!教育委員会として誠意をもって審査・検討して、教育委員会として結論を出すのが、、、常識である。過去の図書館戦争の時も、凄い扱いであったが、、、参考まで〜)

 (横道にそれましたが・・・)・・上記は、、、再延長され広く市民や地域の声を反映する時間もあるし、希望ある佐渡市建設計画になるよう合併特例債の主旨に沿った対象事業にしてくれ、、、というもの、、、、。正解である!



 もうひとつは、これ、、、

 平成28年12月22日の議会で庁舎建設の是非を問う住民投票条例が議会で可決されたが住民投票を行っても建設期間などが足りなく建設はできないので無駄になると再議で実施されなかった。5年間の延長がされたのだから、住民の意思を問うことはできる。新市建設計画のメインは庁舎建設であったから住民の声を反映させるために住民投票で決めてください。。。。というものである!!!

 後段は、、、庁舎建設の意見を聞けと対象事業を決めていますが、、、、共通点は、、、再延長されて時間があること、、、、住民の意見をしっかり反映して合特債活用事業をすすめてくれ、、、というものである!

 これも当然であると思う!

 この請願権に基づく陳情は、、、議会に出されたモノで、、、、議会がどう判断するか、、、???しかし、、、このような請願が出されているにもかかわらず、、、執行部は、、すでに走り出していることこそ、、、実は、、請願権の受け止めの相違かも知れないが、、、実は、問題があるのではないか、、、と当方は、、、思っているのであるが、、、、。

 こういった点でも、、、今議会の力量が試されるのであると思っている、、、。

 追:ちと気になるのが、、、、上記の請願などとは真逆な、、、市長の進めるやり方でやれ、、、というこの種のモノが出てもいいのではなかろうか?・・・どうして出ないのか???と、、、ふと思ったが・・・・(汗)



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!