FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

地域医療とは何か

みずほ病院閉鎖記事

 これが、、、精神科病棟をもっている病院の病床削減(休止)が10月から、、、。もちろん、全国的にもそうですが、医師や看護師などの不足状況ですから、、、、その状況の反映でもあり、、、では行政、佐渡市として簡単に解決出来る問題ではないことは、十二分承知している。

 医師をはじめとする人材不足(介護もですが)、、医療制度の中で医療機関が成り立たない(診療報酬問題)などなどの中ですから、佐渡も例外ではありません。要は、国の医療や介護をはじめとする社会保障政策の貧困の影響であることは言うまでもない。
 何度か取り上げている「茹で蛙」のように、、、、。(過去の記事リンク
 社会保障の予算削減路線は、、、いまさら、言うまでもない!要は、金食い虫として標的にされ続けてきているのであることは、社会保障、福祉関係者では常識である。

IMG_5857.jpg

 ちと、古いか?専門的?なこの雑誌のタイトルを見てもおわかりでしょう。これは介護関連ですけど、、、、。

 さてさて、国民の命と健康に係わる医療介護は、、、公的医療、公的介護などと叫ばれたように社会保障であり国の責任であることは言うまでもない。(ま、新自由主義的には、このように言わないことも常識だが・・)

 では、、、こういった離島などを初めとする地域医療の責任は、、、、といえば、、、やはり、行政が第一義的に責任を持つ必要があるのである。

 地域医療構想(ビジョン)の策定(平成27年度~)
 都道府県は、地域の医療需要の将来推計や報告された情報等を活用して、二次医療圏等ごとの各医療機 能の将来の必要量を含め、その地域にふさわしいバランスのとれた医療機能の分化と連携を適切に推進する
ための地域医療のビジョンを策定し、医療計画に新たに盛り込み、さらなる機能分化を推進。 国は、都道府県における地域医療構想(ビジョン)策定のためのガイドラインを策定(平成27年3月)。


 地域保健医療計画
 医療計画は、医療機能の分化・連携の推進を通じて、地域において切れ目のない医療の提供を実現し、良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を図ることを目的としている。
(最近では「保健」を入れているところに注意)

 このように国や県が医療のあり方に責任をもっていることは明瞭であろう!!しかし、実は、、、、国の方向に向かうようにけしかけている!!!ものでもあることも常識である。

 では、佐渡はどのような扱いになっているかといえば、、、。

kっjっh
 (県の第7次計画)

 佐渡圏域は、、、「精神疾患」と「在宅医療」が重点課題とされている。後段の在宅医療問題は、、、高齢化率が高い事から考えれば当然であるが、、、、。

 新聞報道がされた時に、、、議会でこの問題が出たときには、、、担当副市長は「真に入院が必要でないかたもいるし、受け皿持つ検討しているし、、医師も不足だし。。。。大丈夫、しょうがない」的な言い方(あくまでも当方の受け取り要旨です。一応、議事録も見ていますが・・・・)

 ここには、行政として責任をなんとしてもはたさなければならないという迫力あるものではなく、、、、(ここからは、当方の受け止めですが)・・・お前は社会保障削減の厚労省か〜〜〜????!!!!と!!!

 医師をはじめとする人材の問題など、簡単に解決できる問題ではないが、、、、行政の本気度と実態を本当に分かっているのか???と思わざるを得なかった訳である。。。。

 追:では医師などの人材の問題や医療機関の経営問題をどうするのか〜〜等との声も聞こえて来そうですが、、、、。ちと長くなりそう&あまりいい加減にも書けないので、、、その内に〜〜〜(^^;)。。。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!