FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

H30.9今、何が起こっているか?

hgj

 H30年9月議会で、今、何が起こっているのか?起ころうとしているのか〜〜〜????。かなり、大きなターニングポイントであろうと思っているのである。

 結論から、簡単に単純に言えば、、、(上記)単純に見ても、、、393億円あまりの建設事業(実際には、、300億円プラスで600億円?=後段で詳しく)の枠組みを決める、、、ということが焦点になっている!このような膨大な予算の方向=使い道が決められようとしているのである。

 これは、合併特例債の再延長(これから5年間)に伴う、合併特例債の使い道をどうするのか?ということが大きな原因となって出てきている。(当方はそう見ています。現に、それがなければ、このような(上記)ものは出てこなかったであろう!ちなみに、病院建設関連は、元々、大枠の方向は決まっていて、具体化しているのである。=これは、当方も方向性は納得である)

 結論2、、、400億近い建設事業計画を具体性を持って決めたことは、佐渡市になってはじめてのことである。合併に伴い、、新市建設計画で決めたことはありますが、、、。
 つまり、このような大きな方向性と予算の使い道、地域の公共施設などの方向性の枠組みを決めるのかどうか?ということなのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 *実際には、、300億円プラスで600億円?=これは、上記の表をじっくり見ないと分かりにくいのですが、、、公共施設等総合管理計画の分野・個別計画の事業費が未定となっているものを、適当に300億円として計上したものである。
 「300億円は大げさではないか!」と言われそうですが、、市のこの計画は、H28〜57年度までの30年計画ですが、、、単純に整備などをすると、、、、は4020.6億円で1年あたり平均整備額134億円と推測しています!

 また、大きな内訳の「公共施設」更新費用総額1636.8億円、1年あたり54.6億円、、、だし、、、、「インフラ」では、1088.5億円、1年あたり36.3億円、、、、というのが、市の計画である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 ・・ですから、、、全てを更新しない(廃止などもあろうし、、、この時には、解体費用も必要だが)だろうが、、、全体で1年あたり平均整備額134億円だから、、、この2分の1程度の60億円が1年間にかかるとしてみた、、、、60億円が5年間で300億円、、、という低い見積を当方がしたのであり、、、控えめな見方なのである〜〜〜。

hyk

 上記の絵も当方がつくったものだが、、、、現在の市の大きな計画とこの間あきらかにしたことを絵にしてみた!

 昨日も質問で触れましたが、、、、、「将来ビジョン」の新しい計画を策定段階になっているにもかかわらず、、、この計画の土台の上に成り立つ全ての計画が先に走り出す、、、というのである。だから、、、こりゃ〜〜おかしいでしょう!ズボンをはいた上にパンツをはくようなもの!!!!、、、、と当方は思っているのである。

 将来ビジョンも決まらない中で、、、スタートするが市の方向、、、どころか、、、トップの写真のようなことを、、、9月末からの住民説明会で理解してもらって、、、、12月議会までには決めます!、、、というのである!

 そもそも、、、住民自身がこのような複雑のことは分かりにくいのではないか?と思うし、、、、そもそも、1回の住民説明会で乾く問題でもない、、、、、、、これは、常識でしょう〜〜〜。(市の幹部職員もこれに異論がないことも、、、そもそもおかしい〜)

 さてさて、、、このような状況にある中、、、市民の付託を受けている市議会がどう立ち回るのかということは、当方は議会の存在価値にかかわると考えているのである!こんな重要な局面で、なにも出来ない、しない議会や議員はいらないと思っているのである〜〜〜。

 昨日の一般質問答弁では、、、、”最上位の将来ビジョンの計画は、すでにありますから、それに基づいてやっている”(主旨)、、、というのが、大枠、ベースの答えである、、、、、。
 よくよく、考えてください、、、もともとあった将来ビジョンの計画は、、、新しい市長と新しい議会になったとたん、大きく変更しました!(当方は、単純に庁舎建設論には立ちませんが・・・)・・・30億円の庁舎建設がビジョンに入っていたのを大きく変えましたということである。・・・・次の市長や議員の改選を目の前にして、、ということになるのだから、、、、これも問題ではないか?と、、、。

 そもそも、、、建設事業5箇年計画や合特債の使い方、、、これが、、、どのようなビジョンに基づき計画されたのかも議会は分かっていません!(説明しても、、、何いってんだか???)、、、、。よく市長は、、、「原案がなければ市民には分かりにくいので必要」といっていますが、、、、、このようにビジョンもない原案を示されても、何も意味がない!!!!

 三浦市政スタート直後に補助金不正にかかわる外部監査を行い、、、、教訓を学び活かすとした。そこでは、、、そもそも明確なビジョンがないまま補助金(補助事業)をスタートさせている傾向を警鐘乱打している。。。。まさに、、、、ビジョンなき予算の使い方は、、、問題なのである。何も、教訓も学んでいない、、、、のである。(学ぶ能力がないのであろうが〜)

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!