FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

行政改革の基本理念は?

IMG_5780 2

 行革は、、、、無駄や無理を削って市民サービスへ回し、少しでも市民の暮らしにまわすことであろう!と思うが、、、正反対に行革とは、市の財政を豊かにするために市民サービスを削減すること、、、、、というものもあるのである。

 ちなみに、佐渡市の行革の計画や方針は、前段を採用している!

 後者の行革とは、市の財政を豊かにするために市民サービスを削減することは、、、”行政にも財政があり、それにも限界があるのだから、市民はわがままを言ってはいけない。本来我慢すべき!さらに、政治家は人気取り(票集め)のために、すぐ、市民の言うことを聞くから、行革がすすまないのだ”、、、、といったあたりが本音であろう、、、。

 ここから生まれるものに、、、、だからこそ、、、市民の意見をダラダラと聞いていては、行革はできない!、、、、、で、、、、、真の行革を進める政治家はどのような批判があっても、強行突破するのである、、、、、となるのである。(「決めるのは、選ばれた首長や議員」論)

 しかし、、というか、、、、時代は、、、少なくとも主権者の声・意見を反映した行政運営は、、、当然の時代である。

 ・・・で、今日問題になったのは、、、、、どのような佐渡市や各地域づくりをすすめるのか、、、という方向によって、、、行革のあり方は変わるはずである!、、、というのが、ほぼ全委員の意見である。ところが、、、その計画をこれからつくるので計画が明らかになっていないのに、、、どうするのだ!、、、、、、、と!

 ・・・これが、今日の委員会の判断であったが。。。。。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!