FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

住民の声は、政策提言としてみてみる。。。



 さてさて、、、このネタも、、、議会ネタなので面白くありませんが、、、、。

 いつも思うのですが。。。行政や議会は、、、、「なぜ、住民の意見を聞きたがらないのか?」のか?ということである!!!!
 (極めつけは、、、今期の議員の初年度に入ってあった、、、「これら(市政政策等)を決めるのは、議員・議会であり、悔しかったら、どうぞ議員になってください」(当方理解〜)、、、というものである。。。。これについて、一言で言えば、、、、選挙で選んだからといって、、、全て白紙委任しているわけではないのですから、、、、やはりこれは、おかしいと思うわけである〜)

 制度的には、、、間接民主主義という住民の代わりになって議会・議員が決める、、、ということを基本にしていますが、、、、その間接民主主義(代表民主主義?)をしっかり補完する意味でも、住民の声・意見を反映するということが重要だし、、、要だということで、、、全国の議会改革などでも積極的に採用されている訳で、、、、その意味では、、、「悔しかったら議員になって・・・」云々というのは、、、、旧式、旧来型、古典的、化石的、、、と当方は思っている〜〜!!、、のだが、、、。
 ・・・実は、この傾向が結構強いのである、、、、。

IMG_5496_20180807105333a08.jpg

 決めるのは議員で、、、悔しかったら・・・云々、、、等と言うが、、、本家本元の地方自治法では、、、住民の意見を聞くことを明確に定めているのであり、、、地方自治法は、、「悔しかったら・・・」云々、、、とは言っていません。(ゆえに、バツである)

第百十五条の二 普通地方公共団体の議会は、会議において、予算その他重要な議案、請願等について公聴会を開き、真に利害関係を有する者又は学識経験を有する者等から意見を聴くことができる。
○2 普通地方公共団体の議会は、会議において、当該普通地方公共団体の事務に関する調査又は審査のため必要があると認めるときは、参考人の出頭を求め、その意見を聴くことができる。


IMG_4FBD64CDD712-1.jpeg

 特に、、、請願権に基づく、請願や陳情は、主権者住民の思い・願い・声として出されているものであるから、、、ことさら、、これについては、提出者の思いを正面から受け止めるべきであると当方は、いつも思っているので、、、、審査の正規の委員会では、いつも参考人を呼ぼう!!と提言していますが、、、、議会界隈では賛同する議員はいないのである、、、。

 さらに言えば、、、請願や陳情で出された内容、テーマは、、、上記(写真=本)ではないが、、、住民からの政策提言として受け止め、、、議会として政策提言・立案、、として積極的に執行部働きかけるべき、、、というのが昨今の流れ・ブーム??なのである。

 (怒られるのを覚悟で〜〜〜)・・・請願・陳情については、、、筋の通った中身だし、、、採択(否決)するのもバツが悪いし、、、波風立てずに採択(賛成)しておこう〜〜のような空気感もあるのである。

 例えば、、、学校にエアコンを、、、という内容の請願・陳情であったなら、、、、現状はどうか?他市の状況比較?進んでいるところの取組?財源は何を使ってやっているか?などなどを多角的に調査して、、、単に、請願を採択したということに終わらせずに、、、議会的にワンランクアップさせた中身として提言するべきであろうと思うのである!

(請願陳情の結果の報告にも、、、そのことが現れており、、、なぜ、採択したのか?、、、なぜ、不採択なのか?、、、という委員長報告内容が乏しいものが多い。つい最近も、、、そのことを委員会で提言したが、、、これにも消極的・不採用であった〜〜〜)

 結局、、、、これらにも、、、「決めるのは議会・議員」的色合いがあるのかもしれないなぁ〜と思っている当方である。・・・もっと、議会は、自由闊達でダイナミックであっていいはず、、、と思っているのだが、、、、。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!