FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

佐渡のの文化??



 先日、、、おらん家(ち)の集落での上越教育大さん学生さんらの合宿の成果の発表会、、、、。今年で7年目とかで、、、なにやら集落の方々とも和やかに〜〜の2〜3日、、、。

おい9のコピー

 さてさて、、、、佐渡の文化(大げさですが・・)にとって、、ある意味大きな意味合いをもつ(そんな気もするのですが〜)、、、佐渡文化財団が、、、7月からスタートしているのである!

 上記は、設立のための、、、ガバメントクラウドファンディング(GCF)、、、。ま、要は、、、趣旨に賛同してくれる方から募金・寄付を募ってスタートさせる、、、というもの〜〜。
 今日の時点で、、、23.7%。。。。残り日数が9日間、、、というのは、、、あまり賛同が得られていない、、とも言えよう!!!

 では、、、何故に、、、この文化財団を立ち上げようとしているのか???

 「(仮称)佐渡伝統文化振興財団」設立準備会を立ち上げました、、、という市HP(2017年11月8日、掲載)の設立主旨は、、、

1. 佐渡市の文化を取り巻く現状及び課題
 人口の減少や高齢化、国・地方財政の縮小、SNS等の情報通信技術の発展など、文化を取り巻く環境の変化により、以下のような現状と課題が浮き彫りになっています。

現状と課題
 *少子高齢化の進行により、文化活動を担う人材不足や次世代を担う若年層の流出など、地域に根ざした伝統文化の継承が懸念される状況
 *「佐渡の宝」である伝統芸能等の文化資源を、地域活性化や交流人口の拡大に十分活かされていない状況
 *文化に関する情報提供や文化活動が少ない状況

2. 文化振興体系の確立と伝統文化振興財団の設立
 これらの現状と課題を解決するには、行政、文化団体、市民が積極的に携わり、専門的でありながらも柔軟スピーディな対応が可能となる文化振興体系を確立する必要があります。この文化振興体系を支える組織として各地で文化振興財団が設立されてきており、佐渡市としても文化振興財団を設立することで以下のメリットが生まれ、文化振興施策を柔軟且つ効率的に進めることが可能となります。

3. 文化振興財団設立による主なメリット
 専門人材の育成や専門職員の配置により、企画力の充実と文化団体や市民からの相談体制が強化できます。
特化した事業や柔軟スピーディな事業運営が可能(市は公平、安全を求めなければならない。)となります。
市の事業、予算は単年度であるが、文化振興に欠かせない長い時間をかけて携わる長期的な企画ができ、より魅力的な事業実施が可能となります。
 行政で実施できない部分(未指定文化財への支援等)が可能となり、佐渡市の文化全体の底上げが期待できます。
市民や市民団体、ボランティア団体などの民間と協働できるため、市民が文化活動に関わりやすくなります。
財団の目的に賛同する市民や企業から資金的な応援を受ける体制ができ、将来的には佐渡市の財政負担も軽減されていきます。
文化施設等の指定管理委託や事業委託などを行えることで、行政のスリム化と市民サービスの向上に繋がります。


 ・・・というものである!

 ま、当方的には、、、書かれていること????、、まあまあ、、、なんでしょう(指定管理や業務委託のための布石とも言えなくもないが!)・・・・(ま、だいたい、こういったものでは、、、見るから、読むからにおかしいもの、、、のはずはないのだが・・・)

 文化を語れるほどのうんちくはないが、、、、文化、、、佐渡的には、、、能楽をみてもわかるように、、、佐渡の場合は、田んぼで草取りをしている人が能を舞うというように、、、、、くらしに根付いた庶民的な文化がやはり大きな存在であろう!と思うのである!

 ま、だいたいが、文化などというものは、本来庶民のものである!

 さてさて、、、どうなっていくのか?というんおが当方的な関心事である!(ついでにいえば、、、、社会教育や生涯学習を軽んじていて、、、何が文化財団だ!、、、とも思っていますけど〜〜〜\(^o^)/)

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!