FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

まちづくりの視点?と土壌!



この記事は、国が地方自治体をどう見ているか、そして、どの方向へ導こうとしているのかが、垣間見えるのである。もちろん、地方自治体は、、、名の通り、、、自らの進路、運命は、、、、自らが切り開くものであることは、言うまでもない!
平成の大合併と言われた、、、市町村合併も全国的に猛威を振るったが、、、全ての自治体がそうなったわけではなく、それぞれ選択の道を選んだ訳である〜〜〜〜。

20180711023920fd8.jpeg

これは、その時の、、、佐渡選択方向であり、、、、現在に至っている訳である。・・・・ではでは、、、この選択が、、いやいや、、、選択結果が、、、、どうだったのかは、、、、やはり無視できないはずでもあるのだが、、、。
人間、、、、どのようなものでもだが、、、、反省の上に進歩がある訳ですから、、、、やはり必要ではなかろうか?

201807110252125c9.jpeg

これは、H27年に行われた、、、新潟県の「市町村合併を振り返って」という報告書から、、、。その頃、当方的にも、、、何度も提起していたが、、、、佐渡市としての「振り返り」は正式に行われなかった。

今年度は、合併特例債の延長がらみででの特例債をどう使うのかの基礎となる「新市建設計画」の見直し?振り返り?が行われる。・・・・・この関連でもある、、、公共施設等総合管理計画、、、ま、いわゆる各地域にある公共施設のあり方も同時に進む、、、、、。

どれも、これも、、、、まちづくり、、、をどうするのかの視点がなければ、、、ならないはずだとおもうのである。ここを抜きに、、、すすめば、、、また矛盾がおきるような気がする訳である。

20180711030856e54.jpeg

某市では、行政の決めた公共施設縮小案(ということにしておく)に対して、、、、住民の大きな反発の教訓から、、、議会も含めた、、、再試切りという反省の上に立って、、、住民自ら考えてもらうような手法での取り組みを行なっている。・・・・担当部署、曰く、、、住民と考える手法=「この土壌は、将来的に意味のあること」と!

・・・・まちづくり、、、地域づくり、、、の、、、土壌、、、。いい土壌でなければ、、、草木もキチンと育たない、、、、のである。。。。と。。。。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1692:2018大雨特別豪雨災害に関して by 佐渡の平和維持部隊 on 2018/07/11 at 04:29:23

我が真野地区市議で副議長の中川なおみ様、おはようございます

今回は、近畿・中国・四国・九州地方で発生された、2018大雨特別豪雨災害についてですが、

運悪く大雨や洪水の影響で、犠牲になられた約157名の人たちに、心から深い哀悼の意を表したいと同時に、運よく助け出された人たちに、もっと救出されたいです

以上です

それでは我が真野地区市議兼副議長の中川なおみ様、この辺で

我が佐渡市にも、2017年に大雨豪雨災害の影響で、2人の犠牲者がいたと聞いてましたが、すでに心から深い哀悼の意を表されたと思いました

これからは、万が一の際に、大雨特別豪雨災害に見舞われときは、気象台の指示に従うべきだと思いたいです

終わりに僕は今でも、我が真野地区市議兼副議長の中川なおみ様の味方で、いつも大ファンでありたいです

これからも、我が真野地区市議兼副議長の中川なおみ様をよろしくお願いします

マジに本気です

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!