FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

”佐渡再生”とは何か?!



 ”(自治体の)財政は、過去を背負って未来を見通しながら、現在に生きるためのものである”、、、(くどいが、再再掲、、、)
 ちなみに、解説、、、地方自治体の財政論の書籍の中にあったフレーズです〜(^^;))

ss.png

 三浦市政は何を目指しているのか
『「株主」である市民の目線に立った行政を実現します』を選挙公報により市民に約束し、市政3年目に入っている。三浦市政が何をやりたいのかわからないという声もあるが、いったい何を目指そうとしているのか


 昨日も書いたように、、、一般質問では、、、、、これを全体を通して尋ねるという意味合いで、、質問した!ちなみに、市長の後援会報もある方からいただいたので、取り上げさせていただいた!(上記写真)

zっx

 おや、、、なんだか似たような事が書かれているということで、取り上げさせていただいた。(もちろん、ここに書かれているように、政治家市長ですから、、、いろんな事実と反することも流布されていることもあるでしょうけど・・・)

 では、上記の一般質問に対してどう答えたかといえば、、、、

 「佐渡再生をテーマに掲げている」、、、では?再生の目標?ビジョンは、、「かって佐渡は農林水産業も元気で、ほぼ自給自足できる島だった」ということ!そして、、、、「その当時の環境を少しでも取り戻したい」、、、、「そのための取組として、今年度は観光地域づくりの促進、産業の振興を最重点に上げた」、、、、これが市長のもつ目標、ビジョンである!ほぼ原文答弁です!

 これが、市長の言う佐渡再生である!(ま、コレはコレで、、、基本的には、異論はないような気がしますが)

 当方的には、、、、後援会引用の下段にあるように「理念だけではなく、市民お1人お1人にその内容が具体的に見えるようでなければならない(と後援会では考えております)」としている!(注:市長ではなく「後援会」の考えのようである〜)

 当方的には、実は、コレにも異論はない気がする。(ま、当方的には、、、だからこそ様々な問題やテーマを質問したりしているのですけど、、、(怒られそうですけど〜))

 6月議会の最終日の最後の挨拶で市長は、、、合併特例債延長に伴う新市建設計画の変更について市民一人一人の声を反映してやっていく、、、、云々と語っていたが、、、、まさに、、、それも正しいと思っている。

 追:市長を政策的にも補佐し職員を指導する?まさに、右腕である副市長は、どの程度の理解か問うた!(つまり、副市長が分からないようでは、、、当然、職員にも、、、市民にも分からないはずだし、、、聞いてみた〜〜)

 「市長の市政運営の基本方針というのは、まさに市民目線で、市民の立場に立った行政運営をするということが出発点」としっかり語っていた。(F副市長)

 もちろん、、、これも、、、当方もいつも思っていることだし、、、異論などは全くありませんが、、、、。

 さてさて、、、、が、当方的!



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!