FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

new観光協会は、、、市の子会社か?



 議会初日、、、、意外と忘れ去られるのが、、、、議会への報告義務が定められているものがある!これは、議案として=賛否を問わないから=出てこなく、、、、当市議会では、あくまでも「報告案件」として市長がサーッと説明するだけである。もちろん、質議は受け付けるのだが、、、賛否を問わないことや、委員会付託され更に詳細なやりとりも行われないことから、、、、、忘れ去られるのである!

 議会の監視機能
(1) 議会に経営状況の報告を要する法人の範囲の拡大
・長の調査権の対象となる法人及び長が議会に経営状況の報告を要する対象となる法人は、現行制度においては、当該地方公共団体が資本金、基本金その他これらに準ずるものの2分の1以上を出資している法人等とされている。

・この点については、現在、監査委員の監査が資本金等の4分の1以上を出資している法人にまで及んでいること等を踏まえ、議会の監視機能を高めるという観点から、長の調査権の対象となる法人及び長が議会に経営状況の報告を要する対象となる法人についても、当該地方公共団体が資本金等の4分の1以上を出資している法人のうち、条例で定めるものにまで拡大することとすべきである。
、、、となっており、、、議会への報告が義務づけられている。・・・ということで報告案件として、、、、事実上今年度の目玉事業ともいえる観光DMO=一般社団法人佐渡観光交流機構の経営状況についての報告!

 第三セクター等とは、、、
第三セクター
 ・地方公共団体が 25%以上の出資又は出えんを行っている法人(一般社団法人及び一般財団法人(公益社団法人及び公益財団法人を含む。)並びに会社法法人) ・地方公共団体が損失補償等の財政援助を行っている法人その他地方公共団体がその経営に実質的に主導的な立場を確保してい ると認められる法人

地方公社
・地方住宅供給公社
・地方道路公社
・土地開発公社


 ・・・ザックリ言えば、、、公的な市の予算をつぎ込んでいる団体は、しっかりチェックしなさい!ということなのである!

 「平成 26 年度以降、 関係を有する第三セクター等について、自らの判断と責任により経営 健全化に係る適切な取組を進め、もって地方財政規律の強化に資することが必要である。」(平成 26 年3月 第三セクター等のあり方に関する研究会)

 「第三セクター等は地方公共団体から独立した事業主体である一方で、地方公共団体の関与を受けながら公共性、公益性を有する事業を 実施するという二面性を有している。地方公共団体は、この趣旨を十分に認識し、以下の点に留意して適 切な関与を行うことが必要である。」(  同  )

 「議会への説明と住民への情報公開・・・・・・地方公共団体の出資比率が一定割合以上等である第三セクターの経営状況等については、地方自治法に基づく議 会への報告義務が規定されており、健全化法においても、第三セ クター等に対する財政的なリスクについて、将来負担比率の算定に当たっては将来負担額に算入し、議会・住民に対して明らかに することが定められている。」( 同 )

 「地方公共団体は、第三セクター等の経営状況や将来の見通し、 地方公共団体の財政的なリスク等は、一般的には議会・住民にと って分かりにくいものであることに留意することが必要である。そのため、議会・住民の理解が得られる丁寧な説明を行うこと に努めるだけではなく、一覧性のある総括表の作成と公表、地方公共団体のみならず第三セクター等が自らによる積極的な情報公開等に取り組むことが望まれる。」( 同 )

 ・・・などなどというもの!

 観光DMO=一般社団法人佐渡観光交流機構????要は、これまでなじみの観光観光協会が国の制度に乗って衣替えしたもの!ついでに言えば、、、観光協会に地域交流ネットワークが加わって、この4月から発足したNew観光協会のようなものである〜〜〜!

 市長が理事、、、、職員も3人も派遣従事するという団体である!これまでの観光協会への公的支援は、、、補助金だったが、、、、、今度は、、、委託金(料)で、、、3.6億円を越える????

 ええっと、、、委託費(料)は、、、本来、市が行うことを他に委託して仕事をしてもらうことであるから?やっぱ、補助金の方が正しいのではないか?、、、、まてまて、、、市長も理事だし、、、職員も3人そこで働く???ってことは、、、???と、なにがなんだか分かりにくいのである。(実は、、、市は補助金等の公的支出のあり方が問題だとしてきていたんだが、、、。そうです!こういったときには、、、F副市長補助金通達の伝家の宝刀〜〜なのだが〜〜涙。)

 おそらく、市民から見ても分かりにくかろう、、、、、!!!

 当方が問うたのは、、、、これは第三セクターなのか?いったい市との関わりではどのような存在、法的位置づけの団体なのか?、、、委託費で本来、市がやるべき仕事を委託するなら、、、その部門は縮小されても良いはずではないか??、、、、、ということと、、、、こういった団体との関わり方をキチンと整理しておかないと、、、のちのち面倒なことになりかねない、、、、、というものである!

 この問にかえってきた答弁は、、、、難解すぎて、、、なにがなんだか分からなかった!!!(行政自らもお分かりになっていない模様〜〜〜。実は、ここが問題なのである)しかし、、、質議は3回しかできないので、、、終わるのであった〜〜〜〜〜。。。。。。チャンチャン、、、、。(当方は、ただ分からないことをきいただけなのですけど・・・・)




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!