トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

危機管理意識、、、、。



 今日の全員協議会、、、1つは、7月24日の50年に一度の大雨に伴う災害予算(専決処分)=28日時点で5.9億円、、、それ以後のものを含めると大雑把では約16億円になろうとのこと(後段は専決予算ではないが、、、、)、、、2つ目は、緊急経済対策案なるもの、、、3つ目は、佐渡汽船の赤泊航路廃止の関連、、、といったあたりが出された、、、。

 7月24日大雨災害では、、、、様々のことが質疑として出た、、、。特に、防災体制について、、、こもごも、、、。

 当方的には、、、、この体制問題は、、、質疑を控えていたが、、、、答弁の内容に、、、ブチ切れた〜〜〜😎。

 すでに書きましたが、、、、今回の大雨での、、、市の体制は、、、、「第三次配備」と「防災計画」に基づく体制で、、、、最大級の体制(最も、高レベル)だった、、、、。ところが、他議員の質疑への対応などを聞いいていたが、、、どうも、この最大級の体制だったという危機管理意識が感じられなかったのである。。。。。で、再度、発言したわけである〜〜。

IMG_2656.jpg

00098

 これが、、、地域防災計画、、、、。「まるで、この計画に違反するような状況ではないか!」と質したが、、、、お答えは「どこが、どう違反なのかは分かりませんが・・・」という挑戦的な答弁!(すでに書いていますが、、、避難勧告が出ているのに、、、曖昧な対応などなど、、、他議員も口にしていた〜)

第3次配備 (本部設置)
配備基準
(1) 災害が発生し、被害が広範囲又は 全域に及ぶ場合
(2) その他市長が必要と認める場合
配備内容
災害対策本部長は、職員を全員配備し、 災害応急対策が最大限機能する体制をと る。


 「あの豪雨が、、、あと30分や1時間続いていたら、、、災害は、もっと甚大になっていたはずである。結果として、50年に1度、、というほどの被害ではないが、、、、、今回の体制で十分だったか?」といった主旨である!

 当方的には、、、素人ですが???国府川の決壊もあり得たと思っている。現に、国府川周辺の住民も24日、、、決壊を心配していた。。。。支所などの人員が足らなかったことも、、執行部そのものも語っていた、、、、が、、、、。

IMG_2542.jpg

 おそらく、第三次配備体制をとったことは、今回が初めてであろう、、、、大事に至らなかったが、、、、、この教訓を本気で活かすべきというのが、、、当方的視点である。これは、、、危機管理意識がなければ、、、、教訓を学べないと、、、、。

 ちなみに、、、議会、、議員もですけど、、、😭。。。。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1505:地震、雷、火事、なおみ… by *Hexagraman on 2017/08/10 at 04:46:16 (コメント編集)

 まあまあ、そ〜切れなさんな… ダメダメなのは今に始まった訳ではないし… 
切れない刃物は、何本揃っても役には立たない。むしろそれを使うとケガをするだけ…
刃こぼれ、錆び付き、なまくらを研ぎ直すのが議会の役目でR 。(あっ!感染った!)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!