トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

世界遺産???



 3度目の挑戦、、、の佐渡の世界遺産の候補入り????。。。。。結果は、、、。

 「・・・文化審議会は今回、「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道と青森、岩手、秋田3県)、「金(きん)を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)とともに審査。古墳群を選んだ理由について、文化庁は「(世界遺産登録に欠かせない概念の)『顕著な普遍的価値』が比較的理解されやすく、推薦書の準備が相対的に最も進んでいる」と説明している。

 世界遺産の推薦は1国につき年に文化遺産と自然遺産が1件ずつに限られている。来年の世界遺産委員会で審議される推薦候補には、文化遺産の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)と自然遺産の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)が決まっている。・・
」(朝日新聞7・31)

 ちなみに、、、、「・・・10年に国内候補の「暫定リスト」に記載されたが、13年から国内候補を3度落選し、今回が4度目の挑戦。今年、保存状態が万全ではない10基を除外した。・・」( 同 )、、、というもので、、、4回目の挑戦だったのが大阪古墳群〜。

 そう、もう一つの、、、縄文遺跡群は、、、「・・・「縄文遺跡群」は4道県17資産で構成し、09年に暫定リスト入りした。国内候補を絞り込む文化審議会で13年から4年連続で「落選」。構成資産や地域設定、保存管理などの課題を指摘され、15年には保全状況に問題がある八戸市の長七谷地(ちょうしちやち)貝塚と北海道の鷲ノ木(わしのき)遺跡を除外した。・・」(岩手日報7・31)

 こちらは、、、5度目、、、。

 ふむふむ、、、。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1499:世界悲惨 by *Hexagraman on 2017/08/01 at 05:21:36 (コメント編集)

「佐渡百選」の説明看板が、手入れされず各地でズッコケたまま放置されている…
こんな状況で推薦を受けられる訳がない。

*世界遺産とは、『地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物。現在を生きる世界中の人びとが過去から引継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産』

全てに於いて、手段を目的にするような取り違えをしてはならない。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!