トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

論戦、、、中盤戦〜〜〜



 今日から、一般質問に入る、、、、。代表質問も終わっているから、、、ま、論戦も中盤戦に入ったと言ってもいいかもしれない。一般質問の残りは、月〜水曜日の朝一まで、、、、。

 当方的に気になった点は、、、若い議員系に、、、「こども園」をすすめるべし、、、という質問が多いのが気になった。ま、その人の政策論ですから、、ご勝手なのですが、、、、。

 当方的には、、、2009年頃に中心的に取り上げ、いまだに気になっているテーマだけに、どうしても納得できないのである。それは、それで子ども最優先になるのか!、、、である。

 だいたい、子ども子育て支援制度、、、というのが、これまでの保育制度を大きく変えた呼び名である。一言で言えば、、、世界に誇るべき保育制度(もちろん、問題がないわけではないが、、、「仕組み」は評価されている)の公的責任放棄、「市場原理化」=新自由主義的路線である。

 全国保育の3団体も反対、日本保育学会も、、この制度変更(改悪)には、反対していたものである。・・・というような保育運動や保護者らの大きな反対で、、、国のねらいどうりに改変(改悪)されなかったのだが、、、公的責任がかなり骨抜きになってしまっているのである。・・・しかも、現場的には、、、、、完全制度移行への経過中的な状況もあり、、、いまだに分かりにくいのだが〜〜。。。(今議会のはじめに質疑の中で触れておいたが、、、特養ホームの初期の段階のようで、、、、公立よりも福祉法人の特養ホームの方が運営がお得になっています、、、という感じで、、、、気がついたら、、、福祉法人は大変になってしまった、、、というのに似ているのである。=ちなみに、旧町時代、、、佐渡の特養の一部事務組合議会の議員をやっていたのでよく記憶している〜〜)

 ・・・・別に期待しているわけではないのだが、、、、福祉、社会保障、、、は、どうしても、、、現場の地方政治では、、、、単純化されてしまっている気がする、、、。社会保障は、歴史の上に成り立っているのだが、、、というのが、、、やはり、今日までの感想であるのであるRRRRR。。。。

 偶然ですが、、ちょい前まで同じに市議をしていた、、、当時、この保育制度問題と佐渡市保育問題について同意見だった、、、方にあったので、、、ちょい話をしたが、、、彼も絶句であったが〜〜〜〜。

 追:少々、、気になった2は、、、答弁がかなり長いし詳細であった傾向であるRRR。かなりの打ち合わせ?(問どり)なのだろうか?と思えた、、、、。そういえば、、、、最近質問直前に、、、「本庁に行く・・」という議員のフレーズが多かった気もするけど、、、ま、いいけど!

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!