トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

誤字脱字〜〜。



 はてさて、、、、今議会のネタ、、、、。

 国民の権利であり保障されている請願権、、、、何度も書いていますが、、、。

憲法16条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

請願法 
第一条  請願については、別に法律の定める場合を除いては、この法律の定めるところによる。
第二条  請願は、請願者の氏名(法人の場合はその名称)及び住所(住所のない場合は居所)を記載し、文書でこれをしなければならない。
第三条  請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない。
○2 請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。
第四条  請願書が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。
第五条  この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。
第六条  何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。


 ・・・というものである。ちなみに、日本国民に限らず、外国人にも認められている、、、ものであり、なんびとでもである。

 今議会で気になったのが、、、提出者=請願人について、、、「いったいどういった人物なのか?」という質問?が出たが、、、、どのような人物、人間が請願したかどうかは、実は問題ではないのである。
 そのこと自体をもってして、、、請願審査に影響があるようでは、公平性が保たれない場合もあるのである。(ちなみに、田舎議会では、多い(体験的)気がする。・・・基本的には、誰が請願(陳情)したかではなく、、、その中身なのである。(もちろん、議会請願の場合は、紹介議員が必要だが、、、その紹介議員が気に入らないからといって不採択などということが、正規に行われたとすれば、、、まさに、、、、「何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。」というところに引っかかるわけである。

 もう一つは、、、現在の当市議会の議長は、、、岩﨑が名字であるが、、、、、、岩崎、、、と誤ってでてくる場合もある(多い)、、、、。ちなみに、、以前は、、、「広」ではなく「廣」、、、が正しいという議長もいたが、、多くは「広」で出てきていた気がします〜〜が、、、、。

 「だいたい、議長の”崎”が間違っている!」というのも出てきた、、、、。当方的には、当然、それはそうだが、、、そこまで、、、、と!
 いろいろ言い出すと、、、文法が間違っているとか言い出しかねない気もしている。

 請願(陳情)は、主権者に認められ、保障された権利である。よほどの事がない限り、、、請願趣旨を受け止めるべきが受ける側の姿勢であろうと思う。(PCが発達しているせいもあろうが、、、”コピー&ペースト”が間違ったり、欠如(抜け字)だったりする場合もあるが、、、それをよしとはしないが、、、、だからといって請願権を拒めるものではなかろう〜〜〜。

 ・・・ということで、先日、事務方に提案したのが、、、、口頭による請願・陳情を議会事務局で受け付け、文章化するシステムを作れば、、、日本初になるし、、、市民参加、、、開かれた議会、、、、にもなろうとも、、、言ってみた。(提案してみた。=当方的には、冗談のつもりではなく、本気ですが、、、)

 主権者の市民が、、、請願権を行使することは、、、政治への住民参加であり、喜ぶべき事なのだが〜〜〜

 まあ、まあ、、、、、か、、、、、。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!