トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

削減より先にあるんじゃね〜!!



 議会改革の特別委員会なるものが、、、、議員定数のとりまとめを行った。3月議会中に報告されるであろう!

 上が、、、委員の定数についての態度である。委員会は、とりまとめる、、、というものの、1つの結論には至らず、、、削減と現状維持の両論併記の報告となるであろう、、、。(そのようである〜)

 会派の傾向は、上記のようである。「会派の目標数」は、そこの会派が本来、考えている定数だが、、、、兎にも角にも、、、「削減」というもののようである。

 当方的には、定数削減より前に、市民からみて、、、期待に応える、、、議会とすることの方が先であると考えている。・・・・定数削減のバックボーンの1つには、、、「議員報酬をあげよう」というものも、働いていることも事実であろうと、、、この間の議論・審査の状況からは、垣間見える気がします。

 当方は、委員でなく傍聴の議員だったので、、、休憩時間に、、、「そんなに削減したかったら、、、議長、副議長、3常任委員の5名にしちゃえ〜〜」とも呟きましたが〜〜〜〜。

 議員の定数をどうするかは、、、、政策論というより、、、「議会」のあり方に関するもので、、、土台であり、、、、議会の様々な角度からの十分な検討こそ必要なものである。もちろん、市民にも来ていただいて、、、供に考える、、、ということくらいやってもいいはず!と思っている。(このことも、今回も提案してますけど)=これこそが「新しい議会」と思っている。これまでのやり方は、「旧来型」、「従来型」であると思っている。(ま、少なくない新しい議員は、削減系の議員のようでもある。)
 
 当方以外にも、、、傍聴議員がいましたが、、、、その方の考えを聞いたところ、、、案の条〜〜〜「削減です」と、、、、。(ま、トップ当選の余裕者ですなぁ〜〜とも〜〜)

 追記:実は、当方も前回の同種の特別委員会の委員長であったのである〜〜。結果としては、予定どうりになりませんでしたが、定数問題だけが問題ではなく、まずは、議会改革という両輪で協議をすすめました。・・・・その中では、当時時点での、全国の先進事例も参考に改善すべき課題も整理するとともに(本来は、実践するつもりだったが=当方の感想では、、、当時の議員のレベル(当方もだが・・)と認識(議会改革の認識)では、無理と思ったのを記憶している。

 そのような状態の中で、無理くり、、、有り様だけを改善しても、、、中身がついていかなく、かえって悪い、、、と当方自体は思ったものである。(ちなみに、その時のプチ議会改革でやったもの(やれたもの)の1つは、、、議決の賛否状況の公表、、、くらいであろうか〜〜)。。。。いまでは、普通となっているが、実は、当時、これを実施するにも、、、かなりのでこぼこを経て、、、到達したのである。・・・・というように、、、以外に物事は簡単にいかないのである。
 (しかし、、、今回は、当方的には、、、新進気鋭の新しい議員がいるので、、、ちょっと違うはず、、、とも実は思っていたのですが〜〜〜)

 さて、なぜ追記かと、、、、、。

 今回の特別委員会を傍聴してきて、、、、従来と大きく違うのは、、、、定数削減の意見がほぼ半分に分かれた、、、ということである。・・・・従来までは、、、圧倒的多数が、、、「削減」論であり、、、、それに反対するのは、おらん家(日本共産党)くらいしかいなかったが、、、、今回は、保守系会派も含めて、、、、の削減反対、、、ということである。

 これは、これまでの佐渡市合併の10年以上を経た結果として、、、政策の違い(会派、政党のちがい)を超えて、、、、削減ありきでは、無理がある、、、ということの認識なのであろう!=この点が大きくちがうのである。

 あくまでも、当方的な視点でしかないが、、、ゆえに、、、合併のあれこれや、、、合併10年の中における議会や市民、、の状況をあまり(「あまり」です(汗))知らない、、、新しい議員系が、、、削減ありきにたっているのだと思うわけである。
(誤解があるといけないので、記しますが、、、新しい議員で削減すべきでない、、、としている方もいます。(現時点ですが)、、、新生クラブの上杉、広瀬両議員、、、、です。誤解なきように〜)


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1388: by ネームは? on 2017/03/01 at 19:57:37

議員数削減って超簡単な人気取りじゃないですかねえ?
問題は数でなく質、働きなんですけど。


「とにかく削減!市民のために!」

なら、あなたが辞めたら?と申し上げたい。
若手議員の安直さにはガッカリです。

1389: by Dogu on 2017/03/01 at 21:22:53

ちは~。
削減ありきではない、その通りだろう。
しかし市民感覚は、議会って何をしとるんだ?という認識から、人数も報酬も減らせと思う者も多い。この1年、市民の暮らしや、経済対策などに何が変わったのか、感じられないのもある。新庁舎と温泉の削減の話ばかりで1年が終わる。そんな風に見える。
人数ではない、あるべき議会の議論が先決だろう。人数は自ずと決まるものであるはず。

1390:Re: タイトルなし by Nao on 2017/03/01 at 22:33:07

ども〜〜😎。。。。

> しかし市民感覚は、議会って何をしとるんだ?

その通りだと実は当方も思っており、、、大きく自省です!

>この1年、市民の暮らしや、経済対策などに何が変わったのか、感じられないのもある。

これも、その通りです!これも大きく自省です。(当方も、まちの電気屋さんの省エネ家電、、くらいしかやっていませんので。猛省)

>新庁舎と温泉の削減の話ばかりで1年が終わる。そんな風に見える。

これもまた、その通りに感じている市民も多いのでしょう。
ただ、当方的には、上記の問題は、住民合意や行政と市民の関係(議会も)や地域づくりのあり方にかかわる重要な問題と思ってもいますけど・・・・(ま、「スパ議員」ですし〜〜)

> 人数ではない、あるべき議会の議論が先決だろう。人数は自ずと決まるものであるはず。
新しい議員(「新人議員」とは当方的には、書かないつもりですが・・・)さん、、、凄いなぁ〜と思うのは、まだ1年もたたないのに、「議員を減らすべき」との結論にいけるあたりは、、、、すんげぇ〜〜なぁ〜〜がオヤジ的議員の感想?愚痴〜〜〜

1391: by hideakiyamaguchi on 2017/03/02 at 07:39:14

東京23区の1.5倍の面積の佐渡島。佐渡地図に議員の所在地を書き込むと、議員さんが居ない地域は誰がカバーするのか?組織が有る人はカバー出来るが、地域の声を拾い集めるのが議員さんの仕事と思います。上位当選した人の安直さを感じます。今の佐渡の窮状を議員さんは知っているのだろうか?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!