トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

政治はもう嘘をつけない〜〜😎



 前作の「政府は必ず嘘をつく」の後編とでもいうもの、、、、、。

 連日ニュースでは、、、アメリカ大統領のトランプネタで、、、世界中の大騒ぎとなっているが、、、、、。以前のアメリカ大統領選のある方の分析にも、、、大いに納得したが、、、、。この本でも、、、アメリカ大統領選に触れている。
 大統領選の結果が出る前に書いているだけあって面白い、、、。米政治は、、、ある意味、資本主義的構造で完璧に出来上がっている。(日本のひではない、、ことは、分かっていたのですが、、、、改めて、この本を読んで見て忘れていたことを思い出した〜)

 そうだよな〜〜〜と思った訳である。

 例えば、、、オバマ >ヒラリー >トランプ大統領、、、といった具合の受け止めが多い気がしますが、、、、。実は、そうでもないのである。(例えば、オバマケアの問題点なども、著者の堤氏がすでに書いている通りで、そう褒められたものではないようであるし、、、、。結局「チェンジ」が看板だったが、、、そうでもなかったよう(のかも?))

 米大統領選などは、、、、膨大な企業献金(?)で動き、、、、選挙後もその見返りをやるというもの!つまり、1%が99%を支配するとでも言おうか?・・・しかし、選挙は、、、99%の有権者の国民が選ぶ訳である。。。。

 富裕層の1%への政治に対しての怒りの結果というのが、今回の選挙。つまり、オバマもヒラリーも1%富裕層の献金によって選挙をし、その見返りもしっかりしている。
 例えば、、、今回の選挙で、TPPについて、ヒラリーも反対を表明しているが、、、、99%の願いを反映しなくては、選挙にならないということ、、、巨額の献金をする側もそれは、それとして、、落ち着いて理解しているだけ(選挙に勝てば、、、変わると)といいうものである。(結局、オバマも同じだったそう)

 選挙資金などに限って言えば、、、トランプは、存在そのものは実は、1%層なのだが、選挙は自腹でやっていることが大きく違うようである。実は、このことは、、、有権者から見たら、、、、大きく違う訳である。(自腹なら見返りをやる必要がないということである)
 米国の99%国民層における貧困や格差などが根底にあることは間違いないのですが、、、、実は、これまでのオバマ政治の実態などから見ると、、、、この選挙構図で考えて見ると投票行動に結びつくのである。(もう〜嘘はつかせない〜騙されない〜??)

 ちなみに、、、トランプ大統領の難民の入国制限、特定の宗教や国籍者に対する入国制限がいいというもではない!これらは難民条約をはじめ国際的な人権・人道法に反するとともに、テロ根絶の国際的な取り組みに対しても、極めて深刻で否定的な影響を与えるものであることは、言うまでもありませんが、、、、、、。

 まだ、読み途中だが、、、、。読みながら、、、、では?佐渡市の選挙はなんだったのか?と、、、、ダブらせて見た、、、、当方的には、なるりほどぉ〜〜とも?!・・・・・・今よりも良くなると言って、佐渡市市町村合併をしたが、、、、良くなるどころか悪くなるばかり、、、従来型の政治を変えてこそ、、、よくなる、、、、、と見えたのではないかと?。。。。。

 さてさて、、、佐渡市ももう嘘はつけない、、、と!。。。。。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!