topimage

2017-07

第三次改訂、、、将来ビジョン??? - 2017.01.23 Mon



 (中身的には、昨日のつづきだが・・・。ぐだぐた書くつもりですので、、、おもろくない〜〜😭)

 市当局(市民参加による「総合計画」とは、別という意味で使っています)が自ら、、、「最上位計画」としている「将来ビジョン」は、今度の改訂で「第三次」となる、、、、。

 第一次は、H21年12月で、、、第二次は、H25年12月、、、、今度は、新市政(三浦市長)のもとで、H28年3月(か?!)で、第三次改訂となる。

 ではでは、、、いったいこの「将来ビジョン」とは?何なのか?どのような計画?どのような「ビジョン」なのか?

 だいたい、、、市民が情報共有できない、、、計画なんぞ〜〜😎ってことだし、、、簡単に変更する計画なんぞ〜〜〜だし、、、昨日の書き込みではないが、、、市自身の展望や方向もまとまっていない感じで、、、「最上位」といえるのか〜〜などなどと、、、。

 「組織は、自らを取り巻く環境から影響を受ける。しかし、それを受動的に適応するだけではなく、環境に対して能動的に動く存在であるとされる。企業経営学においては、「最適な組織構造と行動は環境特性に応じて決まる」という『環境適合』理論と、環境に対する積極的な働きかけを重視する『経営戦略』理論がある。・・・・」、、、、で、、、、、「今こそ、佐渡市が様々な環境の変化に対応する「環境適合」と「経営戦略」を有しなければならないときであり、市民の明るい未来、安心できる将来像を描いた「明確な将来ビジョン」を有する「ビジョナリー・ガバメント」とならなければならない。
 それが、今般、「佐渡市将来ビジョン」を策定する理由である。
」(第一次計画「はじめに」より)

 ま、分かるような、、、分からないような感じですが〜〜〜😎。。。。。実は、これが、将来ビジョンを立てる根拠であった。引用はしていませんが、、、、、H31年で佐渡市合併10年を迎え、、、従来までの特例の財政措置が終わり、、、「地方交付税の一本算定」で、地方交付税が減額されることにどう対応するかという、、、ものも、実は大きな動機である。

 第二次計画での「佐渡市将来ビジョンの見直しに当たって=はじめに=」では、、、、、、、、、「平成 21 年 12 月に 31 年度の佐渡市のあるべき姿を明確にした佐渡市将 来ビジョンを策定したが、策定から3年が経過したところで、財政状況や職員定数等に おいて目標と実態に乖離が生じてきた。
また、世界農業遺産(GIAHS)と日本ジオパークの認定や東日本大震災による合併特例債 発行期限の延長等、本市を取り巻く環境に変化があったことから、佐渡市将来ビジョン を見直し、新たな平成 31 年度の佐渡市のあるべき姿を示すこととする。
」、、、と見直し理由・根拠をあげている。ちなみに、、、3.11東日本大震災を経たことなどから、、、この二次改定で、、、、「第4章:新庁舎建設等基本構想」が大きく加わったのである。

 さらに言えば、、、第一次と第二次で大きく違うのは、、、、旧市町村単位の支所や行政サービスセンターのあり方が、、、従来は「支所を廃止し、3行政サービスセンター(両津、相川、羽茂)」だったものが、、、、「本庁整備と平行して支所や行政サービスセンターを残す」(第二次)、、、としたことであろう〜〜〜。

 (本庁舎のあり方は、、、メインディシュではない、、、という議員がいたが、、、実は、、、かなりのメインなのである〜〜)

 ま、どちらにしても、、、合併10年後の財政特例が縮減される、、、ということが大きな視点なのであるが、実は一次と二次では、、、少々ちがう、、、、。それぞれの特徴は、、、

 佐渡市合併(2004年)以降、、、実は、国の地方財政に対する仕打ちは、ひどいものであり、、、、佐渡市発足と同時に「新市建設計画」(合併でめざすべき、まさに「ビジョン」計画)が事実上破綻したほどで、、、、この流れを受けて、、、旧市町村単位の支所などの廃止の行革計画が打ち出されているのである。〜〜〜〜その後の2008年頃から、、、地方財政への手直しがはじまって手厚くなるのである。そのタイミングの2009年(H21年)に第一次が策定されているのであるが、、、、支所等の削減路線の色合いが強いのである。さらに、合併7年目に入るタイミングでもあった。=これが、第一次計画である。(”財政逼迫”と”合併7年目”、、、がキーワードである。)

 第二次の特徴は、、、、2013年が見直しだが、、、合併8年目に登場した、二代目となる市長の甲斐市政が大きなキーワードであろうと思っている。当方の記憶では(議事録にもありますが)、佐渡市の合併7年を総括して、「合併で地域が寂れた」ことが問題であると位置づけていた、、、、それが、本庁+支所構想につながっていると当方は、考えています。
 忘れもしません、、、当時の幹部の答弁では「(従来の支所廃止路線が)新市政になって180度転換した」、、、といったものであった。

 もう一つは、第一次の時にはじまった、地方財政への手直し・手厚くなった流れが、一層、加速され財政問題も(合併当時に比較しても)、厳しい中にあっても一息つけるという状況が生まれていたこと、、、、さらに、地方交付税の特例の縮減(一本算定)が、思いもいなかったほど緩和されるとともに、3.11東日本大震災で、、、合併特例債の延長と自然災害多発時代突入、、、、、。・・・・これらを背景にしていたのが、第二次計画。

 これらが、、、流れであるが、、、ではでは、、、第三次計画は????

 これも、1つは、新しい市政(三浦市政)に変わったことも大きなポイントであろうが、、、、では、第三次将来ビジョンは、どうなるのか???・・・昨日も書きましたが、、、ホワイトアウト的で、、、まだ、先が見えません。

 第一次から、、、底辺を流れているのが、、、支所をどうするのか(佐渡市の発展をどうつくるか?行政運営のあり方!)、、、ということである。この部分の今回の第三次は、、、先の庁舎問題の住民説明会で出された声があるが(事実上、第二次の本庁舎+支所構想を中止させたのだし)、、、、それを活かす。。。あるいは、市民に言ってきたことをやるべきではないかと!!!!

 昨日も書きましたが、、、、現在でも「狭い=狭隘」(市長も認めている)本庁に行政機能を集約化(集める)という所に、、、本庁建設の必要性が出てきます。集めないのなら、、、、分庁+総合支所方式しかないのではないか、、、というのが当方的視点である。

 さらに言えば、、、佐渡市合併のビジョンである「新市建設計画」、、、あるいは、「基本構想=総合計画」、、、、ちょっと違うが、、佐渡市の憲法(?!😎😎)のようなものなしには、、、、「将来ビジョン」もくそもないのではないか?それを抜きには、できないであろう、、、と。。。。。

関連記事

● COMMENT ●

中々難しくなってきましたね。説明会で支所の充実を訴えていましたが、それをどう実現するかですね。総合支所、本庁に行かなくても事が足りるって事ですよね。例えば、防災の司令塔は必要ですよね。いくら支所を充実しても、単独で行動出来ませんよね。まして、海の近くに支所が多い訳ですから。将来いや近未来の私達の安全確保の観点、行政サービスの観点でどうなるのでしょうか!

Re: タイトルなし

>例えば、防災の司令塔は必要ですよね。いくら支所を充実しても、単独で行動出来ませんよね。まして、海の近くに支所が多い訳ですから。将来いや近未来の私達の安全確保の観点、行政サービスの観点でどうなるのでしょうか!

 基本的な視点は、多分違うと思いますが、、、、「中央防災機能」+「支所単位の地域防災機能」の充実の2つがあってこそ!と当方は考えています。(もちろん、おそらく、、というか、多分、自然災害多発時代では、それでも難しいと思いますが・・・)
 少なくとも、現状以上にすべきというのが視点です。

>中々難しくなってきましたね。説明会で支所の充実を訴えていましたが、それをどう実現するかですね。

 当方的には、あれだけ市民に説明したのですから、、、、実は「部長制」以前に、そこをやるべきが、シャバの常識と!(並行してもいいが)

 行政の集約化の方が効率がいい、、、これは当然です。さらにこれだけ広大な佐渡市では、最低限、旧市町村単位での行政充実も必要では?相反するようだが、、、、これが、実は、ベストかもしれません。(これが、合併13年を当方的総括の視点です)
 「行政の集約化の方が効率がいい」ではない方式をとるわけですから、、、それはそれで、、、やるしかないでしょうね!!😎市民への約束ですし〜〜〜〜🤗
 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taiyoudesu333.blog95.fc2.com/tb.php/3067-9610215a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予算を見れば、、、中身が分かる??? «  | BLOG TOP |  » 次なる?庁舎&支所問題??😎

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (60)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (679)
議会報告 (55)
一般質問項目 (28)
政治 (193)
議会改革 (42)
議員 (67)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (130)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (67)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (40)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (265)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (96)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (53)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (6)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!