トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

・・住民投票、再議否決、、、その後、、3



 一気の積雪で、、、いきなりの冬景色である〜〜。

IMG_0266.jpg

 当方的には、、、、住民投票条例だけでなく、、、、住民合意のあり方は、地方自治の本旨にとって極めて重要なものと考えている。。。。ということで、、、住民投票がどうのこうのでなく、、、メインテーマは「住民合意」ですので、、、関心のない方は〜〜。。。飛ばしてください〜〜〜。

 さてさて、、、、昨年の4月の市長選、市議選の選挙結果は、、、、「従来型の政治ではない政治」をという市民の期待!であったと!もっと、わかりやすく言い換えれば、、、、「市民の声や願いを無視しない市政」、、、というもの!と考えている。=このことが、新しい市長や若手議員への期待であろうと!!

 (もう少し、言い換えれば、、、これまでのような、市民の声を聞いたようなふりをして、無視をする市政はやめてくれ、、、というものだと考えている。)

 1つは、、、各部門の市政・政策遂行において、、、市民の声・願いを反映したものにすること!
 2つ目は、、、、庁舎問題もそうだが、、、各地域の公共施設など、、、ま、いわゆる、廃止や統廃合、新設など・・・、、、で住民や利用者の意見を反映、、、、廃止するにあたっては、最低限の住民合意、、、、といったあたりであろう〜〜〜。

 結論から言うと、、、、、「どうして、議員は、こういった住民合意の点に触れないのか?」と言うことである。(・・・・ま、先の住民投票条例の反対討論で言えば、、、、間接民主主義=代表制である議員の存在価値がなくなる=こういったことを決めるのは選ばれた市会議員(死骸議員)だ!市民があれこれ言う問題ではない。、、、、という討論の議員がいましたが、、、まさに、、、こういっ思考回路ではないのか?と当方は感じています。(確かに、住民投票条例の反対系は新しい議員が多く目立った気がします・・・)

 例えば、、、庁舎問題で見ると、、、、。

 当方討論で、、、「これまで(前市政)で、庁舎建設が住民の合意で来ていたのなら、、こんなに「反対」の声は出ないもの。また、新市政で「建設中止」で住民合意が取られていれば、、、逆に、こんなに「建設しろ」の声も出ないはずです・・・。どちらも、大方の住民合意ができていないと言う証である。」(主旨)

 ちょっと、くどく言えば、、、、「検証・見直し結果の最終案」として、、、「建設中止」が出た。(結果として、、、最初の段階は、B案の建設+現庁舎解体、、、という建設案であったから、、、市民的には、、、”混乱”が生まれたと解するべきでもある)

 その後、執行部は、、、議会でのやり取り、、、、次いで、、、10地区での住民説明会を行った。、、、本来、ここで、色々あろうが、、、「ま、そうっか、、、、なら、建設をしなくてもいいか、、、」的ぐらいな住民合意が得られなければならなかった。(逆に言えば、、、行政側の説明に説得力がなかったと言うことではないか?と当方は考えています)

 市は、、、住民説明会で概ね理解が得られた、、、としているが、、、これ自体が、、、従来型の政治手法である!=つまり、、佐渡選挙結果は、こういったことはやめてくれ!改めてくれ!と言うことだと、解している。ゆえに、、、、ここから、、、住民投票を求める声が生まれる原因を作っていると感じています。

 例えば2、、、温泉問題、、、、。

 温泉も、、、各地での住民説明会を開いた。。。。内容は、「存続させるために、どこかは廃止します」と言うのが主題であり、、、例えば、、、「****は残しますが、、**は、廃止します」などといった説明はしていない。どちらかと言えば、、、結論(廃止施設を決めるために各地の住民の声を聞いた、、、という形であったし、、、多くの住民もそう感じていたはずである!!)

 ところが、、、、3つの施設は残すと結論付けたが、、、、その結果は、、、住民に知らせずじまいである!!!

 (昨日の全員協議会でも、当方は強く指摘したが・・・・)

 この間、、、結果の公表については、、、、、
 1、、、、新潟日報で報道されているから(おいおい、、、いつから「市報」になったんだ!)
 2、、、、市長の定例記者会見で言っているから(おいおい、、、当方とて見ていないし、、、そんなに、見ている市民がいるのかよぉ〜〜😅)、、、である。

 ま、、、結局、、、住民への説明責任(住民合意)は果たさず、、、ズルズルとなし崩し的にしてしまおう〜〜という、、、従来型政治手法である!!!!!!(あろう〜〜)

 全くもって、、、、行政側の説明責任を果たしたなどとは、、言えるものではない!!!(しかし、この問題を言葉を発するのは、、、、ほぼ、当方だけである!!=おいおい、、、いったいぜんたい、、他の議員はどうしているんだ!!!=どのような場面でも、一人の議員が言うのか、、、、多くの議員が言うのかでは、、、全く違いますし!・・・

 昨日13日の全員協議会では、、、市民への情報的提供=結果報告、、、、せめて、市報(「新潟日報」ではない)で、報告すべき!と吠えた!!!!(ま、やらね〜〜だろうがね(涙))

 市長の住民合意などの認識〜〜〜(12月議会での第一回目答弁(これは、原稿がありますから、考えて答弁している=第二、第三質問ですと、、、その場でのやり取りとなり、、「その場での即答」ですが、、、これとは大きく違います)

 「・・・・公共施設のあり方についてですが、公共施設等総合管理計画を踏まえ、今後施設類型ごとの個別施設計画の策定を進めますが、市民の皆様と意識の共有化を図り、市全体の視点で更新、統廃合、長寿命化などを計画的に行っていく必要があると考えています。支所、行政サービスセンターは地域の情報拠点と考えており、窓口サービスの充実はもとより、市民の声を正確かつ迅速に把握し、処理する役割を担うこと、地域づくりを一緒になって考えていく機能等が必要であると考えます。
  また、(畑野)庁舎説明会の中で、住民の意見を反映できるシステムを構築してほしいとの要望がございました。私自身もその必要性は強く感じております。今後も十分な情報を提供した上で、市民の意見を幅広く伺い、反映できるような方策を検討していきたいと考えております。また、今回の説明会を通じまして、これまで以上に市の方針について十分な情報提供をした上で、市民の皆様の意見、要望を踏まえ、また理解を求め、合意形成をしていくことが大切であると感じております。また、なかなか発言してくださらない方も大勢いた中で、その方々の意見をどのように集約するかということも大きな課題になると思っております。・・・


 実は、当方は毎回、この住民合意問題を質問しており、、、毎回、似たような答弁を繰り返しているのだが。。。。。😎(昨日の書き込みの「なかがわなおみ君の名誉のために・・・」と同じように、、、最近、議会での答弁などを信じると大変なことになる、、、と言うのが最近の当方の受け止めである〜〜〜😎)

 このようなことを、、、あるところで話したら、、、大笑い、、、。「そりゃ〜〜〜新しい議員も含めて、、、”古い古典的な保守政治的手法”だ、、、(大笑)。。。そりゃ、、、”田舎の市会議員相手”どころじゃない、、、。田舎の政治家は、、、もっと度量があったから、、、田舎の政治家に失礼だ(田舎の政治家以下?)、、、」(主旨)などと、、、大笑いされた〜〜。(なかなかの強者と解した人物〜〜)

 結論的に言いたいのは、、、、、為政者は、、、それはそれとしてだが、、、、議員は、、、住民合意を大切にしていない輩なのである、、、と言うのが、、、、当方的結論なのである〜〜〜。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1351: by hideakiyamaguchi on 2017/01/15 at 06:20:36

私は住民投票が日常的に行われるより、議員が市民の声を代弁する役目だと思います。今回の庁舎問題は8月が問題で、この8月に支持者を集めて相談する機会が有れば、市民の声の集約が出来たと思うのですが!その機会が取れたのか?甚だ疑問です。市執行部は策略的な手法で結論をなし崩し的に決めた感が強いです!そこには市民不在の市政運営にしか見えません!そこに住民が反発をしたのです。

1352:Re: タイトルなし by Nao on 2017/01/15 at 08:55:25

どうも〜。。。
> 私は住民投票が日常的に行われるより、議員が市民の声を代弁する役目だと思います。
当方も、その通りだと考えていますし、「代表民主主義」(間接民主主義)は、民主主義の発展形式と思っています。
本来というか、議員なり、市長は、、そもそも、民意を反映する存在です。
それが「機能不全」に陥った時に、補完するものとして住民投票は、ありうると現時点では、思っています。

>今回の庁舎問題は8月が問題で、この8月に支持者を集めて相談する機会が有れば、市民の声の集約が出来たと思うのですが!
実は、これも同意見です。何度も書いてもいますが、8月2日にB案なるものが示された時には、、、もちろん考えは述べましたが、、、AだろうがBだろうが、Cだろうが、、まず、市民に聞いてみるべき、、、というのが当方の考えでしたが、、、、ところが、8月一杯は、対議員対策に明け暮れていた、、、のが事実のようであります。

>その機会が取れたのか?甚だ疑問です。
もちろん、8月に時期という問題もありましたし「取れたかどうか』もありますが、、、、8月2日=B案、、、12日(だったかな〜)には、さらに推し進める最終段階の「パブコメ」をやるという文書まで示していました。
しかし、、、、「対議員対策」の結果、、、として、、、C案となりましたが、、、、できたかどうか、、、より、、、市民の声を聞く作業の結果として、、、、出るべきであったと思っています。


>市執行部は策略的な手法で結論をなし崩し的に決めた感が強いです!
ま、そう受け止められても致し方ないと、、、当方も

 ・・・この書き込みで言いたいのは、、、、「市長と議会が決めたのだから、これに従え」というのはおかしい!どのような場合でも一定程度の住民合意が必要!ということです。例えば、通常ある「住民説明会」の中で合意などを図るのは当然と考えています!

 もちろん、「市長や議会」の判断や方向性が住民と違う場合もあるでしょうが、、、違っていれば、、、住民に納得できる説明を行うべきと思っています。

 本来、住民投票は、、、最終的な手段、段階であり、、、その前に、、、説明会と話し合いとか、、、の「住民合意」の手法が必要と考えています。

 全国的には、自治基本条例や議会基本条例などの中で、このことを大きく位置付けている市町村がありますし、最近では、柴波町では、ある事業を進めるのに100回以上の説明会的なものを実施しながら進めている事例もあります。(100回はすごい、、と思うのですが〜)

1353:Re: Re: タイトルなし by Nao on 2017/01/15 at 09:05:27

追:例の温泉でいうなら、、、「廃止する」というのが市長や議会の判断ならば、、それはそれで構わない。(議会の場合は数ですが)しかし、住民に嫌なことは言わないでなし崩し的にやるというのは、問題と思っています。
「意見を聞く」=「その結果の結論」=「報告」、、、というのは、最低限の娑婆のルールと考えています。この場合、「報告」=最低限の理解してもらうことが必要〜〜

1355: by 甚吉 on 2017/01/16 at 09:56:03

民意を反映する事も大切ですが、議員の考え方で我々市民を導いてください。
今は反対されても、将来的に市民の為になると考えるなら民意を無視しても、我々を導く事も必要だと考えます。

1票をその議員に託したのですから。

1356: by Nao on 2017/01/16 at 16:17:54

どうも〜〜。(「勘吉」あたりがいいですね!!!どの辺かが想像できて〜)
基本的には、同意です〜。
でも、「民意を無視」ではなく、「当面、民意に理解されなくても」といったあたりが、当方的感覚です。
恐らく、、庁舎問題系についてのご意見と思われますが、、、。(温泉もかも??)
当方的には、前市政時代にしっかり民意との関係をはっきりさせておくべきだったと!
・・考えています。

従来方針の、支所の廃止を180度転換し、支所等は残すとし
地域防災=支所などの耐震や改修
中央防災=本庁整備(行政機能の中央集約化も含む)の2本立てで
地域の要の支所等と中央、、、という図式であったように理解しています。
この2本立てであることをしっかり伝えてなかった、、、あたりが弱点だったと!

ご承知?のとおり、、議会も上記については、異論も少なくなく!執行部の運転も
(議会=支所廃止論系で)むずかしかったのもわかりますが、、、。

言い訳ですが、、当方的には、そのつど提案や主張してましたが、、、いかんせん
力が足りなくて、、、という言い訳かも〜〜〜。

違うことを、指しているようでしたら、すいませんけど、、、。

いろいろと、、猛省します。

1358: by 甚吉 on 2017/01/17 at 09:15:57

>でも、「民意を無視」ではなく、「当面、民意に理解されなくても」といったあたりが、当方的感覚です。

そうですね、訂正します。(文章はしっかりと校正してから投稿しないといけないですね)

中川さんの考え方は、このブログや議会答弁の内容で市民(一部?)に伝わっていると思いますよ。

市民の「民」、国民の「民」、民衆の「民」の民の字、成り立ちが全てと語っているように思います。

”瞳の無い目を針で刺す様を描いたもので、目を針で突いて目を見えなくした奴隷を表す”とあり、
”のち、目の見えない人のように物のわからない多くの人々、支配下におかれる人々の意となる”と。

正に民の解字の説明のとおりだなぁ~と思う次第です。
議員を通して正しい情報を入手し、判断できる、目のしっかりした「民」でありたいものです。

1359: by Nao on 2017/01/17 at 09:46:14

(汗)、、、、どうも、ご丁寧に、、、。
実は、今回の庁舎建設〜住民投票条例の直接請求、、、などで、、、似たようなことを実感〜。
議会内の議員的立ち回りだったり、、、、議会外のポピュリズム型的な立ち回りだったり、、
・・なんてのが(あくまでも、当方主観ですが)、強く感じられました。
もちろん、議員という習性が、「周りを見る」があるということも分かっていますが
・・・と、、、。
やはり「立ち回り」も必要でしょうが、、、「芯」がいるよね!って、、、。
ただ、当方的には議員にはやっぱ、、「謙虚」がいるよなぁ〜〜などと
思ったりしている「謙虚がない議員」であります。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!