トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「市民一人当たり税収は9万円だが、、借金(起債)は・・」

H28年11月自治日報(基金溜めすぎ)のコピー-1

 写真は、12月議会でも紹介し取り上げた、、、国の財政審や経済財政諮問委員会の動向、、、。

 ザックリ言えば、、、、経済が深刻になった、リーマンショック以降、、、地方への財政出動(緊急経済対策…)や地方交付税を手厚く出してきたが、、、地方自治体は、、、有効に予算を使わずに、、、財政調整基金(など)に、予算を溜め込んでおり、、、そんなんだったら、、、、考え直す、、、というもの、、、、。ザックリですが〜。

 実は、これは、当方が長年主張してきていることでもある〜〜〜。「小泉構造改革以降の地方交付税の見直しに加え、リーマンショックへの対応のための緊急経済対策の財政出動も行われていたが、、、、この間、急激に財政調整基金が増えているのは、結局、これらの予算を通常予算におき替えて、浮いた財源を貯金に積み立てたこと。逆に言えば、、仕事をしなかった結果とも言える」〜〜〜なのである。

名称未設定-2

 これも、何度も使っている資料で、、、12月議会でも使ったもの、、、。実は、佐渡市合併以降の時系列で見ると、、一層わかりやすいのですが、、、。(過去に出したことも〜)
 これもザックリ言えば、、、一人当たりの借金もあるが、基金は、他市と比べて、スバ抜けて持っている。。。ということ!借金について言えば、確かに多いが、、、ま、他市と比べて、、、遜色ないとも言える。一方、基金は、、、、ダントツ!である。(庁舎なんぞ立てようと思えば、立てる基金が十分にあります〜〜〜😎、、、その分使っても、、、他市と遜色ないくらい基金があります〜)

IMG_00942.jpg

  これも、自治日報で12月23・30日付けのものである。来年度予算編成に関わる問題を上記の点も踏まえ書いているもので、、、特に、注目したいのは、、、、地方交付税の定義である。(ま、今更いうまでもなく当然なんですがね〜〜)
 ・・・・・「国からの仕送り」、「財政支援」、、、これは、実は佐渡市的現場では、よく出てくるフレーズ!・・・・この記事では、これらは「誤解を生む」としているが、、、、当方的には、、、、そのような生易しいものではなく、、、、、こういった捉え方をすることは「思想?思考問題」と思っている。=つまり、、、これは、「地方自治」をどう捉えるか、、、もしくは、「地方自治という考え方の思想」に大きく繋がると考えているのである。・・・・・こういった思想・思考?が、、、実は、現場にも現れるのである。と!

 (かなり、前振りが長かった(落語なら枕話が)〜。やっとたどり着く〜)

 庁舎と温泉の住民説明会で、、、例えば、、、「温泉は、福祉の位置付けで、赤字だからどうのこうのではなく、市が責任を持つべきだ」(相川温泉説明会)などなどということに対して、、、「佐渡市民一人当たりの税収は9万円と20市の中で、最も低く、一方では、一人当たりの借金は105万円もあります」、、、と切り返していたのが市の幹部である。=これは、まさに、、、上記の思想・思考が現場に現れているのである〜〜。=ここには、地方自治をどう捉えているのか???と疑問にならざるを得ない内容を含んでいるのである!!!!

 ちなみに、この問題は、過去にも書いていますが、、、。このことについて、、、一般質問での正式な答弁は、、、「ただ単に佐渡市の財政状況を分かりやすく行っただけで、他意はない・・・」と平然と答えていますが、、、誰がどう考えても、、、市民側から見れば、、、「佐渡市は財政が火の車です。市民の要望には答えられません」としか思えないはずである。(にも、、関わらず、、、「・・・他意はない〜」とは、、、、”敵も古狸よノォ〜”(これも大した大意(ここは、これで行く〜〜)はありません。時代劇風に言って見ただけです〜〜)

 ・・・・そうそう、「市職員の仕事が大変なので、早く業務の民間委託を進めるべき」、、、というものも最近、耳にしたが、、、これも同類であろう〜〜〜。

 しかし、、、幹部が、こういった姿勢では職員に示しがつきません。同じように、職員は手を変え品を変えいうことになります。職員教育というのなら、、まず幹部からです!!!!!!!(これは、職員になり変わって言って見た〜〜。)

 (上記の答え「市民税が9万円」に対していうなら、、、歳入で見るならば「市税+交付税」で見るべき、、、が答えであり、国の見方でもあり、日本の地方自治の思想・思考回路!)


 長々と与太話を書いてきたが、、、言いたいことは、実は、佐渡市の合併15年(特例債が15年間に伸びていますから10年間出なく)をどう反省・総括するのか、、、その上に立っての行政運営、市政の方向性をあらゆる面で、、まさに総合的に考えるべきである、、、と言いたい。
 昨日のニュースでは、新潟市が政令都市になって10年の総括・検証を行うようなものが出ていたが、、、、佐渡市も必要である。実は、庁舎建設問題でも、、、そこの大事なことが抜けていることが混迷の一つなっている、、、と考えるのである。
 部長制も同じである、、、こう言った総括の上に立つのなら、、、何も問題がないと、、、、。

 ちなみに、、、引用した自治日報には、、、こんな記事も、、、。住民投票も今では、珍しくもないのであると・・・

IMG_0091.jpg




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1344:承認待ちコメント by on 2017/01/06 at 21:21:48

このコメントは管理者の承認待ちです

1345: by Dogu on 2017/01/07 at 09:17:52

うーん、もう
「他意」ですよ!ほかに意味はないという。
辞典をひこう。

1346:Re: タイトルなし by Nao on 2017/01/07 at 12:54:48

> うーん、もう
> 「他意」ですよ!ほかに意味はないという。
> 辞典をひこう。
ーーーホントです〜笑っちゃうちゃう(・_・;

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!