topimage

2017-11

議会と住民投票、、、熟議、、、。 - 2016.12.27 Tue



 なんか、、これまでは、執行部ばかりの問題点に触れてきているが、、、議会・議員のあり方も問われなければならない、、と!いう視点、、、。(間接民主主義の議員こそが、、、と市民に向かって言うのなら、、、、間接民主主義が機能不全にならないようにするのがプロでしょう〜〜。それこそが、議員〜〜という視点!

 市民の直接請求による住民投票条例、、、佐渡市になっては、初めての事であり、、、最終的にどうなるかは、別として、、、😎😅、、、このことから、学ばなければならない〜。ちなみに、佐渡市になる以前は、平成の大合併時に佐和田町、両津市で同様な動きがあったし、、、昭和の大合併時にも「住民投票」というものではなかったが、、、町民集会、、のようなものも起こっている訳である。

 はてさて、、、「議会と住民投票」、、、。間接民主主義が機能不全=市長や議員・議会が、主権者の住民の思いと逆?、、、な時に、住民投票は、起きるものである。(もちろん、間接民主主義の中で判断できない、、、ということから、主権者の意思を判断材料にするというものもないはずではないが、、、。これは、より高度なものだ〜)

 当方は、何度も書いていますが、、、、「本庁舎を建てるか?建てないか?」ということが大きく中心的になりすぎていないか?本来、何のために建てるのか?何のために建てないのか?が重要だと思う訳である。

 この庁舎問題の議論のスタートをどこからと見るかについては、、、様々あるが、、、当方的には、とりあえず、8月はじめの市長のB案なる方針案、、、とする。

 では、このB案が出て以降、、、、では議会の使命を果たしてきたか?、、、ということが、間接民主主義として問われなければならないと思う訳である。
 (結局、議会の議論が低迷していたことが、、、、住民投票条例なるようなものにつながってしまったのではないか?と)

 間接民主主義が機能していれば、、、今回のようなことには、ならないはずである、、、、😎

 ・・当方的に整理すると、、、、「有利な合特債で建てるか・建てないか?(予算の使い方も含む)」、、、「これまでの経緯を無視するのか?」、、、、「防災機能の充実だ!」、、、、が大雑把な論点ではなかったか?

 住民投票には、「熟議」=情報提供や判断できる情報がしっかりと伝わっていることが、重要なことは言うまでもないが、、、。実は、この「熟議」を提供するのは、、、、住民投票があろうがなかろうが、、、間接民主主義=議会が提供すべきことである。

 「・・・住民投票の実施のために、議会が必要という位置付けもある。・・・・住民の議論をリードする存在としての議員の存在価値は大きい。議員が日頃の議論の成果を発揮すれば、住民投票はむしろ議員が住民に説明責任を果たす格好の舞台になるはずである。・・・」(「自治を問う住民投票」)

 もちろん、、、住民投票があろうがなかろうが、、実は、議員の果たすべき役割に、これらがある!逆に言えば、、、議員が人気取りのための質問を繰り広げるだけでなく、、、その市政が直面している問題や課題にも挑戦し議論を広げ「熟議」になるように努めなければならないのでもある〜〜R。

 庁舎を何のために建てるのか、もしくは、建てなければならないのか?。。。。建てない場合は、どうするのか?、、、、こういった議論が足らなかったのではないか?=ちなみに、いつも当方が批判的に持ち出す「将来ビジョン」には、、、、それなりのことが書いてあります。。。せめて、この論だてから、、、建設問題を論じるべきであったのではないかと思っている。特に、新しい議員は、この辺が古い議員より知らなく、、、新鮮に「熟議」できたのではないか、、と当方は思っていた〜〜〜😎。
 例えば、「離島防災」にとって必要なものなら、、、合特債であろうがなかろうが、取り組まなければならないと思うのである。(必要がなければ、建てる必要がないが、、、、何らかの目的のために建てるそこが、まず問題なのではないか?)

 ・・・ということもあり、、、先の討論では、、、住民説明会の中身も含め、発言したつもりではあるのだが、、、(汗)。

 さてさて、、、明日が今回の住民投票条例の結末が明らかになる、、、ということで、、、書いてみた。・・・先の新聞報道的ネタで言えば、、、、「市長選のしこり」が大きく背景にあるのならば、、、、住民投票で決着をつけたほうがいいという論がでる気がします。

 何だか、「住民投票」は政治的利用が第一義であり、策動である、、、といった論もちらほらだが、、、だとすれば、、、再議で踏み潰すほうが、、、政治的利用になると解するほうが、、、妥当ではなかろうかと!!!!

 しっかり、佐渡をどうするか?予算の使い方をどうするか?などを住民投票の中で「熟議」したほうがいい気がします。〜さて、28日以降、、いったい何が生まれるのか?、、、と。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taiyoudesu333.blog95.fc2.com/tb.php/3034-6c1d2481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワープしたような民主主義〜〜😄 «  | BLOG TOP |  » 住民投票条例の賛否の定義???

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (707)
議会報告 (56)
一般質問項目 (30)
政治 (201)
議会改革 (49)
議員 (70)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (134)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (276)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (23)
2016市議選 (6)
地方自治 (9)
公共施設 (11)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!