トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

クルトンサラダ論〜〜💔(住民投票を考える1)



 (クルトンサラダ・・・ネットで勝手にお借りしてきたもの〜〜すいません)

 22日の直接請求による住民投票条例の採決、、、なかなか、地方自治を考えることのできることが、いっぱいあった!この採決以外にも、、各議員の素性を分析する上で、、、興味ふかいものがあった、、、。(これは、後ほど〜〜にしますが。。。😎)

 条例案に対する賛成反対討論、、前者が3人、後者が2人の合計5人が討論に参加した(当方も入っていますが)〜〜〜。

 (”リスペクトが重要”なんて書いてもいますから、、、片方だけをぶった切らずに、、、まずは、総論〜〜😎)

 賛成討論(総論)=だいたい、、、「民意を聴くべきだ」が基本的な主張なんですが、、、。当方的に言えば、、、普段、当方が「利用者や関係者の合意を図るべきだ」などと住民合意を主張すると、、、「そんなことを聴けば住民は反対するに決まっているから、聴く必要なく、進めろ!!」、、、と言っているくせに、、、実は、胡散臭い〜〜んですけど〜〜〜(汗、、、怒られる〜〜😎)

 ・・・さて、トップ写真の本題に〜〜

 「請求行動は行き過ぎた行為である」、、、、、「投票の3千万円は無駄ではなく、ドブに捨てること」、、、、、、「庁舎建設の賛否は佐渡市政のメインディッシュたり得ない〜庁舎建設は前菜のサラダで10粒のクルトンをサラダ全体にちりばめるのかどうかの盛り付けはシェフの裁量であり、それを客が何か文句を言うでしょうか?」、、、、、「住民投票は議会を否定するもので、直接請求の2000名以上の署名を集められるなら、市議になればいい」、、、、、、。(当方のメモで書いていますので、あくまでも当方まとめの「主旨」です!)

 恐ろしく、、、上から目線の方である。。。。ま、議員は「憧れの職業」だとおっしゃっていましたから、、、、そうなんでしょう〜ね。(当方的主観〜〜)and「請求行動は行き過ぎた行為である」といのは、ご勝手だが、、、新しい政治的な見方でいうと、、、ちと、、、古いというか、、古典的な「住民投票は間接民主主義になじまない」論ではないかというのが、当方的視点である。

 当方は、この議員の後でしたので、、、「メインディッシュ論(市政の大きな課題ではない、、、と言いたいよう)」 については、、、平成の大合併で、合特債期限が迫っていることから、、、全国の自治体で、、、「庁舎問題」に関する直接請求や住民投票の動きは、2012年の鳥取市から数えても今年度までに20市町村ある。しかも、人口が多い少ないに関係なく起こっており、、、、「メインディッシュ」となっているという事実をつきつけて誤りを指摘して反論した、、、、。
 ちなみに、、、この方は、、、議員・三役(市長など)の期末手当値上げでも、、、、「人事院勧告に・・」と誤った値上げの賛成討論もやっている〜〜。(前述、書き込み〜)

 クルトンサラダ論には、言及していなかったので、、ここで書く!
 
 まず、クルトン*サイコロ状に切ったパンをもう一度焼き上げたり、バターや油で炒めたり揚げたりしたものである。ゴマをまぶしたり塩、香辛料、ハーブなどで味を付けることもある。硬くなったパンを使うのが一般的である。(ま、パンということ)・・・例えば、、、トップ写真の料理のようなことを言いたかったのでしょう〜〜たぶん!!!

 ここの料理論とでもいうか、、、これは、少々、、、違うものであると言いたい!なぜ、「少々」とというかと言えば、、、「俺の作ったラーメンが気に入らねぇ〜なら、、、喰うな」的料理論もないわけではないから、、、ということである。=つまり、、この論なら、、、正しいかもしれない。。。。という意味である。

 当方の近い知り合いに、、、実は、ありとあらゆるものを食している美食家的な方がいますが、、、、。(「美食家」は、当方がそう思っているという意味)。・・・当方的には、食の師匠(ま、弟子ではありませんけど)

 その方と、いいタイミングでこの論をやりとりした。。。。。
 その方は、ズバリ、、、「それは、間違いです。本物のシェフは、そんなことはしません。私だって、、、例えば、クルトンの散らばせ方が酷かったら、シェフ(そこのお店という意味でしょう)に言って作り直させます。だいたい、「酷い散らばせ方」しませんがね、、、、。わかりやすく言えば、、、(当方向けに)例えば、何年ものかのワインを頼んだとしましょう、、、、ところが、間違って出たり、、、管理が悪く味が悪かったら、当然、シェフに文句を言い正しいものをお願いします。・・・ま、本物の料理人というものは、、、そうゆうものです。しかも、、、その料理に相応しいお金を払いますから、、、シェフもお客、、そのことを十分理解しているものです。。。。、ま、安かろう悪かろう、、、では違うかもしれないけどさ・・・」、、、、、と答えがかえってきた。

 ふむふむ、、である。。。。。仰せの通りではないか、、、、。

 ま、だいたい、、、市長がシェフで、、、市民がお客様、、ということ自体が間違いで、、、どうせ言うのなら、市民が社長で、、、、市長は社員なのであろうけど〜〜〜😃。。。

 まま、、、ま、、、「一流のシェフ(市長や議員)は、お客様(市民)の気に合う料理を作れなければ、作り直さなければならない」、、、という方が正しいであろうと!!!
 「一流のシェフは理解しているし、、、お客もシェフもそれに相応しいお金を対価として払う」。。。。だから、、、議員報酬は上げなくてもいいのかもしれないと〜〜〜〜。一流の議員〜〜〜かぁ〜〜😄。。。。

IMG_8424.jpg
(議員と市長などの期末手当の値上げ賛成討論&住民投票の反対討論ー議員)
  そうそう、当方的にも経験が、、、ある中華を食べたら、、、少し塩からかったので、、、お店の方が「どうですか?」と聞いてきたので、、、答えたら、、、その方は、「では、作り直します」と言ってくれたお店があった。。。(確かに、本格派系のお店であった〜)

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!