トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

住民投票条例は?・・2・・追記〜🤗



 (寒ブリの季節である〜〜〜😎)なんの関係もない、、、(涙)

 さてはて????「住民投票」小考〜〜😎。。。

 「住民投票」などというと、、、なにやら、きな臭さ???の匂いの方が先に立つ気がしたりするが、、、、当方的には、要は「住民合意」のあり方の1つではないか?という気がするのである〜〜。

 実は、議員的に言えば、、、議員とて、、というか、、、議員でも、、、、住民の気持ち〜〜空気というのは、非常に読みにくかったりします。もちろん、なんだかんだ言っても「議員」職ですから、、、さまざなま問題や課題について、自分なりの見解、、、考えは持っています。しかし、主権者の市民がどう思っているのかということは、無視できないものである。

 例えば、、、「***の統廃合についての関係者の理解と合意は得られているのか?」などというのが、議員職的には、、、かなり出っくわすのでもある。。。。

 そうすると、、、行政は、、、「**統合については、*月から**回も会合と説明会を持ち、大方の理解が得られており、反対の方はおらず、理解と合意を得ています」などという答弁が返ってくる〜〜〜😭。

FullSizeRender 2

 しかし、、、よくよく聞いてみると、、、、間違った情報だったり、、、実は、反対的な意見だったりしており、、、、「私たちは、そんなことを聞いていません」とか、、、言われ、、、、たりもしたりする〜〜〜のでもある。
 こんな関係者の声を行政や議員に伝えたりすると、、、、、、必ず返ってくる意見ぽいものに、、「それは、一部の人だ」、、、「それは、***の人だけだ」、、、と言ったあたりもよくある話である〜〜〜〜。

 では、一部の人が理解できないことは、、、問題なのか?いや、そうではないはずで、、、、疑問点や問題点について、、、できるだけ十分な説明と、、、せめて「そうっか〜、ま、しょうがないか?」くらいまでは理解を進める必要があるのではないか?
 以前の市長ともやりあったことがありますが、、、10人いて10人から理解を得るのは無理だ、、、、と!・・・確かにそれは、そうであるが、、、、人間は、話し合えば合意点も作れるはずであるし、、、違いは、違いとして一致点も作れるのではないかと思う。また、はなっから、、、全員に理解してもらえるはずがない、、、という姿勢ではなく、、、理解してもらう、、、という姿勢が重要なのではないだろうか?、、、と。(怒られそうですが〜〜🤗)

 当方的には、、、こう言った住民合意の、、大掛かりな、最終的手段的なものが「住民投票」ではないか?と!

 住民投票も実は、、、、単にやればいいというものではなく、、、「熟議」の上に行われるものというのは、よく書かれていることである。・・・つまり、、、熟議に熟議を重ねた挙句が、、、住民投票、、、ということであろう。

 熟議がないとどうなるか?といえば、、、立場の違いを攻撃し合うだけになる気がします。互いに「相違点」。。。。「一致点」。。。があるが、、、その「相違点」の解決方法を委ねる気がする。。。。したがって、、、十分な熟議の上での結論であるからこそ、そんなにわだかまりがなくなるのではなかろうか??、、、と。

 熟議には、しっかりした情報が必要だが、、、とも?・・・駆け引きや、頭ごなしではなく、、、大人の対応こそが本来の住民投票じゃなかろうか???〜〜〜〜なんだか、そこが、、、欠けてきている気もしなくもない。。。。(ま、人間なんつ〜もんは、そんなもんかも〜?)

 批判ならいいが、、、自らの立場を正当化する、、、悪罵ごときも出てきているような気も、、、する。ま、住民合意は、必要なんだよね〜〜〜ぇと!!!😎😎😎😎

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!