トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

文脈と憲法〜〜🤗

 IMG_8197.jpg

 市民連合@新潟共同代表・佐々木寛先生の憲法学習会〜〜。言わずと知れた、、、先の参院選挙、新潟県知事選挙の市民と野党の共同での勝利の立役者〜〜〜😊。。。。

 佐渡のオール佐渡平和と共生が一応、、、、主催という形式でのもの〜〜〜。

 ・・・2つの選挙を、、、学者?としてたたかった経験に基づく話は、説得力があった。また、憲法についてのお話も、、、非常にわかりやすかった(参加者の声)であった〜〜。

 憲法をどうとらえるか、、、という点では、、、最も好きな?条文と言って、、、、、

第九十七条  この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託(confer)されたものである。を詳しく解説?・・・ふむふむ、、、。

 憲法等を見るときには文脈で、、、が重要と強調。・・・「憲法」の「等」にしたのは、、、憲法だけでなくあらゆるものの見方という意味。
 ”最近は、ネットかウィキペディアで物事を知ったような風潮があるが、、、それは、表層面だけの捉え方であり、、、物事には、歴史やそこに至る過程があるので、そこを知らずしては、本層を見ることはできない”・・・当方的なまとめ〜〜〜というものである。当方的には、、、、激しく同意!!である!

 そうそう、アニメ宮崎駿監督の”指で撫でるiPadはいらない〜〜”といった感じのフレーズも同じことを言っているのではないか?と感じた。(過去に書いた〜〜〜😎)・・・・・・そうそう、時代は、軽薄短小〜〜気味と〜〜〜👍🏻。

 また、日本の先の参院選や知事選、、、アメリカ大統領選の引き合いに出し、、、ポピュリズム政治?や「チェンジ」も、、、。
 チェンジ、、、が今の政治のキーワードだが、、、チェンジの中身が問題であると、、、。これも、同意!

 新聞記事にもなっていましたが、、、先ごろ佐渡市長を訪問し、、、自然エネルギーの活用こそ、、、佐渡の道?なんて話も〜〜。エンルギーの転換こそは、多くの学者さんも言っていますけど・・・。

 大筋は、激しく同意!!でしたが、、、少々気になった点、、、、。

 1つは、世界的にも、、、憲法改正のような支配者側の統制の動きは、配分するパイ(お金・予算?)がなくなったことから、その国の国民を支配しようとしているという点、、、。・・・当方的には、「パイがなくなった」のではなく、、、、ほんの一部の人に富が集中していることが問題であり、、、それをさらに進めようとする論理が「パイの配分論」として、、、国民に襲いかかってきているのである。
 例えば、、、「高齢者が増えたから社会保障費が増えてパイ(予算)が足らないから・・・」が今、襲いかかっていると考えているわけで、、、、と〜〜〜😎。問題は、富の配分論、、、税金の集め方、使い方論ではなかろうかと!

 2つは、憲法はその国を定義する、、、故に、憲法の目的に近ずく国民の不断の努力がいる〜〜というのが、お話であった。佐渡での自然エネルギーの活用による産業振興の道など、、、異論はないのだが、、、、。「そうすれば、、国に頼らず・・・・・やっていける」(主旨)といったくだりが、何回かあった〜〜。
 言わんとする趣旨は、分かるのですが、、、地方自治に関わっている議員的感想で言えば、、、「国に頼らず・・・」などなどは、、、いつもの国側の論理で、、、その論理が、、市民の暮らしにも迫ってきています。また、前憲法と日本国憲法の違いの大きなものに「地方自治」がありますが、、、、。当方的には、、、この視点から見ると???と!

 当方的に言えば、、「地方自治」は、まさに憲法の目的(97条も〜)を達成しようとすること、、、さらに、国民が不断に憲法の目的を達成しようとする仕組みであると思えますから、、、、と、、、感じたわけである〜〜。😎、、、という、、、生意気的な当方的感想、、、、。




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!