トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

各地温泉施設(廃止?)の住民説明会(畑野編)



 はてさて、、、、今宵は、畑野の温泉の住民説明会〜〜〜(^^;)。
 中身は、言うまでもなく、、、圧倒的に、、、、存続を願う住民の声!!!といった状況で、、、どこも同じ!、、、。

 ちょっと、別件、、、。最近、耳に入ってくるのは、9月議会で請願陳情を議会が否決したことを上げて、、、「もうこれで廃止は決まりましたから・・・諦めなさい」と住民に行政側が口を開いているそうである、、、ということが、よく耳に入ってきます。
 市政とは関係ないとは言いませんが、、、9月議会の請願陳情は、、、市民からのものを議会が賛否を問うたのであって、、、これで決まったものではありません。場合によれば、、市長が「やります」は、当然あり得ます。(例:庁舎問題では議会の賛否とは、別に動いています〜〜。結局、都合のいいように言うのである)

 また、請願陳情に法的拘束力があるかといえば、、、「ありません」。過去にも議会が採択したから、必ずやった、、、などということはなく、、、それどころか、、、「やっていない」方が多いはずである。

 またまた、ある時は、幹部職員は請願陳情を出した市民に対して「請願が採択されても、従わなくてはならないものではない」とも語っています。(確か、、、過去に書いたつもりですが〜〜)

 ちなみに、、、当方は、、、、「仮に議会が否決しようが、市長が住民の声を聞かないとすれば、、、それは、そちらが間違っているだけだ。政治の主人公は、住民!!」、、、と答えることにしてある。(最近では、、、コロコロ態度を変える議員に期待してはだめだ〜〜」なんてもね〜〜〜。(^^;)。。。。「ずきゅ〜ん」(打たれた音」〜〜(^^;)(-_-;)(^_^;)。。。。

 さてさて、、、本題〜〜〜〜(^_^;)。

 今日の会場では、、住民が説明に入る前にと言って、、、、「説明会の前に言いたい。なぜ、市長が来ないのか?それに不祥事問題について開会の挨拶の中で謝らないのか?市民が怒っている。副市長に決定権があるのか?言っても無意味なら、話し合いにならない。全権を持って参加しているのか?」(当方メモ=正確には、録画放送を見てください〜)、、というところからはじまった。

 市側は、、、ま、従来の話だが、、、。当方的に言えば、、、「市民1人当たりの税金は、9万円で最低で、1人あたりの借金も100万円・・・、財政が厳しい・・・」から廃止という主旨の市の説明に対して、、、、市民が「地方交付税の一本算定になるから財政が厳しいように言うが、当初60億円も削減されると言っていたものも、7割が保たれるし、当初に比べれば、そんなに厳しくない。また、借金借金というが、合併特例債は7割返ってくると言っているではないか!(100万円借金なら、、実質は30万円ということになる〜)」と反論があった〜〜〜。。。(当方的には、「正解」である)

 何を言いたいかといえば、、、、財政逼迫論を出せば、、市民になぞ分からないだろうとの市の説明に対して、市民が反論した点である。。。。とうとう、市の説明では、、、、「国の借金が国民1人あたり670万円〜〜」と国の借金論まで出てきた、、、。(さすが、国の役人出身の副市長〜〜(「よぉ〜」)、、、おまけに、厚労省畑ですから、、、社会保障財源論なんぞ、、、お得意なのであろうと、、勝手に想像〜〜したのである。)

IMG_7895.jpg

 市民から、、、最終的に誰が決めるのか?(他の会場でもありましたが)に対して、、、「最終的には、議会の了承で決まる」とも〜〜。

 当方の前では、、、70歳代と思われる女性が真剣にメモをとっていた。。。

 追*(おそらく当人だけがお分かりと思うが〜〜)、、、当方の直前の席には、、、おや〜〜見たことのある方〜〜〜であった。。チャンチャン!!


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!