トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

9月議会中盤戦模様〜。

  

 異例の日程で推移している9月議会、、、、。

 通年だと、、、9月25日前後には、様々な議案審査や一般質問も終わり、、委員会報告、委員長質疑や本会議議決(採決)と流れていき、9月下旬には、定例会日程も終わり、、、、10月中旬の決算審査特別委員会へと流れ込むのといったもの〜〜〜〜〜。

 ところが、今回は、会期日程=最終日は、10月4日と大幅に遅く設定されていますし、通常なら議会スタートの初版戦で一般質問なのですが、、、今回は、27日〜29日と後半に設定されているのである。

 もちろん、なぜ、そうなったかと言えば、、一番大きなものは、庁舎建設問題が揺れているということに端を発し、、、議会の対応が連合審査という形で入ったことによる。(ま、そゆうこともあろ〜〜けど、、、ですが〜〜)

 さてさて、、、、9月議会の見どころ???

 1つは、4月の市長選&市議選の市民の期待の結果、、、、、の後の2回目の定例議会であり、、、市長も新しい議員も慣れて(???こういった表現は好きではないのですけど・・・。慣れようが、慣れまいがやるのが議員〜〜)、どう市民の期待に応えるのかということであろう。

 市長とすれば、、、市民の期待に応える方策、方針やビジョンをどれだけ示せるか?であろうし、議員とすれば、一般質問や質疑などなどで、市民が期待していることを市政の場に提案・論戦できるか?、、、といったあたりか?

 2つ目は、今議会の特徴と言ってもいいが、、、市民からの請願・陳情が多く出されている。しかも、前議会(選挙前)からの懸案事項である関連が多い。つまり、新生議会として、これらにどう答えるのか(具体的には、「採択か不採択か」ですけど・・・)、、、ということである。もちろん、請願・陳情は、市政のあり方にかかわってのものであり、、新生執行部の対応も同時に問われていることも間違いないのである。

 3つ目は、新しい市長が、、、前市政から継続となっている問題にどう向き合うのか?これも大きく問われている。ーーー現在、問題になっていますが、、、「庁舎建設問題」、「温泉施設への対応」、「世界遺産ガイダンス施設の方向」、、、、といったあたりが、分かりやすいでしょうか????

 当方的には、、、地方創生でござりますといい、、、人口減少対策などなども、、、実は大きな課題(上記よりも、実は、こちらの方が市民にとっては関心事であるが)だし、、、、介護保険制度の改悪にどう対応するか、、、なども、、実は、前市政からの流れもあろうが新市長の手腕の見せ所でもあるはずなのだが、、、、。

 4つ目、、、、新生市政、議会、、、という点では、、、どれだけ開かれた市政・議会になっているか?、、、、、これは大きいのではないかと思うのである。
 ちなみに、、、走り出しているはじめに、、、実は、こういった意識や改革(?)がないと、、、結局、、、だらだらとすすむみ、、、何も変わらなかった、、、となってしまう気がします〜〜〜(^^;)。(当方的には、期待薄と評価していますけど)

 ・・・・・ま、こんな視点でみるのが、、、見どころか、、、と(^^;)。

:当方的には、、、、「おじん議会はダメだ」とか言った新しい議員が、古い議会を壊すことを期待し、、、新しい市長が、従来型の市政を新しく変えることを期待、、、、している。・・・もちろん、手法は「道理にかなって」、、「良い方向」に、、、ですけど〜〜〜。ハチャメチャでやれというのではない〜〜〜。蛇足まで〜〜)





関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1293:承認待ちコメント by on 2016/09/20 at 06:14:29

このコメントは管理者の承認待ちです

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!