トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

庁舎問題は、何を語るか???



 今回の問題でその舞台となった「全員協議会」(全員協議会とは=リンク)だが、、、写真は、傍聴を認めていない「議員懇談会」入り口、、、。(とは、言っても、「隠す」というのが主眼ではなく、、「懇談会」自体非公式な内容(まだ、公開すべき中身でない等)であることから、このようになるだけである。ゆえに、議会側としては「懇談会」で実質の中身の審査のようなことはすべきでないし、応じるべきでもないのである。実は、「全員協議会」も公開(傍聴可能だが)、、、実は、同類である)

 さてさて、、、新聞報道で揺れている?、、、、というか〜〜庁舎問題、、、は、何を語っているのであろうか?つまり、市民的な受け止めは?・・・というお題、、、ネタ、、、なのである。

 当方的には、、、、1つには、「胡散臭い」、、、というか、、、、公開制の無いところが舞台で、議会側と市長側が揉めている、、、という印象を市民に与えているのではないかと!
 もともと、政治に対する市民の批判の眼がある背景ですから、、、いっそう、そんな風に映るのではないだろうか?=市長びいきだったり、議員びいきだったり、、、建設賛成や反対びいきだったりすると、、、その視点から眺め、、、事実がどうかよりも、、「***びいき」思考回路で中身を判断する傾向があるのではないだろうか?=これは、結局、市民のためにならないのでは???

 2つめ、、、、これは当方の思いでしかないけど、、、春の選挙結果、、、選挙で政治に期待した中身は、「なんだかんだうまいことをいう政治をやめてくれ」(もっともらしいことを市民に言うが、やることが違う〜〜)ということ、、、「市民の声を聞いた政治をやってくれ」、、、という2つの期待からみると、、、「建設賛成派」も「建設反対派」も、、、どちらの市民の声を聞いていないということになりはしないか!!!!=これも市民のためにならない〜〜のでは?

 3つめ、、、、「老朽化しており、防災機能もなく庁舎は建設しなければならない」ということなら、そう反対する市民も少ないのではないか?・・・・ところが、市政(行政)は、、、、これまで市民の願いよりも、、、行政の都合ばかりを優先している(無視している)、、、、だからこそ、「それを変えてくれ」=庁舎よりも市民の暮らし、願いこそが、まず先だ!、、、ということではないか?

 ・・と、、、「なぜ、庁舎建設なのか?」、、、「なぜ、市長のB案なのか?」などなど、、、理由がしっかり伝わっていない。(伝えていない)も、、、大きいであろう。

 4つめ、、、、行政の見方、、もしくは、専門性について、市民に分かりにくいこともある。その場合、意見の一致を見ないこともあろうが、、、、、そんな場合でも「市政は一生懸命市民のためにやっている」との思いが市民にあれば、、、、また、大きく反応が違う気もするのだが、、、(^^;)。

 まとめ(簡単〜)、、、市政が市民の声を聞き、反映し、市民の暮らし最優先で行政を行っているかどうかという市民の気持ち、思いの度合いが、、、今回の市民の反応につながっているのでは???

 ・・・ところが、、、選挙結果後、、、時間も経っていない中、、、、このような胡散臭いことが起こると、、、「私たちが選挙結果に期待したことは何だったのか?」、、、となるのではないか〜〜〜と、、、。

 そうそう、、、市町村合併、、、、賛成論ばかりでなく、反対論も含めて、、、、十分な議論の結果として、主権者の市民が選ぶかどうかは、、、大きな試金石であったはず、、、というのに似ているような気がする。。。・・・そんなことを語っていないか。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!