トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

庁舎建設白紙は、、どっちが???事実は小説よりも奇なり〜〜



(上記は、9/1の地元ケーブルTVの報道)

 連日の地元紙などの庁舎問題の報道で、、いろいろと話題になっている様である。BlogやFacebookで発信している現職議員も、、、、だんだんと明確に批判的な書き込みも目立つようになってきている気もする〜〜。(ま、これだけホットなネタですから、、、これをスルーするってことは、、、「おとぼけ」になってしまいますね。。(^^;))

 また、市民の中からの論調としては、、、、「抵抗勢力の議会をぶっ飛ばして、、新市長が、白紙撤回にもちこんだ!よくやった〜」という感じもしなくもない気がします。。。が、、、実は、このように単純なものではなかった(「まだ終わっていません」が)のが、現実である。(すでに書いているように〜〜)

 もちろん、逆に「馬鹿な決定だ!佐渡の今後を考えていない」という否定的な見方もあるのも事実ですが、、、結果として、、なんだか混乱している、、、感あり、、、。。

 「佐渡市の新庁舎建設計画について、三浦基裕市長は1日の市議会全員協議会で、8月2日の同協議会で出した計画修正案を白紙撤回し、新庁舎建設を断念する考えを示した。「議会の理解を得ることが出来なかった」としている。
 三浦市長は、耐用年数があと19年間とされる現行庁舎の改修などで「可能な限り使っていく」と強調したが、その後の建て替えでは合併特例債が使えない。議員に提出した資料によると、46億円の自己資金が必要で、修正案に基づき新庁舎を建設するより26億円高くなるという。
 三浦市長は4月の市長選で、前市長時代に作った現行計画を「無駄遣い」と批判。修正案では、合併特例債を利用して新庁舎を建設後、現在の庁舎を解体し、支所の機能をそのまま使う案を示していた。
」(朝日9/2)

 この記事も正しいと思います。(もちろん、地元紙もですけど)、、、が、この記事、、「短く書かれて」おり、、、要約である。この記事では、、、、新市長は、議会の理解が得られなかったので新庁舎建設断念したという形になっている。=つまり、市長は建設したかったが、、議会の理解がなかった(反対)ので断念した、、、と読み取れないだろうか?

 「抵抗勢力の議会をぶっ飛ばして、、新市長が、白紙撤回にもちこんだ!よくやった〜」とは、逆になっている!!!!(やっぱり、、分かりにくい)

 事実関係で言えば(すでに何回も書いていますが)!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)三浦市長は、「華美な」(ムダなところ?)がないか検証・見直しをすると言っていたので、建設しない等とは言っていない。
2)市長の検証・見直しの結論は、(若干経費削減したが)ほぼ、これまでと同じ新庁舎を建設し、完成後(2年後?)には、まだまだ使える現庁舎を解体する=新庁舎建設論、、、である。
 (昨日も書いたが、、、ゆえに、、、市民団体3つが「公約違反」と申し入れをしたのである)
3)議会(議会の大勢)は、まだ20年以上も使える現庁舎を解体するのは、おかしいと市長案(B案)の中の解体について反対していたということ。

4)市長案のB案の理解を得られないので、、、「やめました」(建設白紙撤回)、、、というものである。===市長は、建設を正としていたのである。(議会をなぎ倒して、「建設しない」の結論を出したのではありません。これが事実です。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 もうひとつ、重要な点、、、。「では、議会(議員)は、どんな姿勢だったのか?」ということ、、、。これについては、議員によって若干の受け止めは違うと思いますが、、、。

 当方的受け止めでは、、、、B案の「現庁舎を解体する」、、、中心的にこの事の議論が中心で、B案の若干縮小された建設される中身の審議まですすんでいません。現に、どの部分の「華美な部分」が削減されているのかも、明確にわからないはずです。(=これは、議論、審査されていないということです)

 もちろん、議員には、「これまでの流れで建設すべき」という論もあれば、「建設以前にまちづくり論から考えるべき」的な「建設いらない」(・・・これは、この場所(金井)での建設はいらない論、(佐和田ならOKか?なぁ〜推測)、、ともとれます)、、、などなどのいろいろな考えを持っているのも事実ですが、、、、市長提案したB案がいいという議員は、、、ほとんどいなかったのも事実です。

 (自らが期待した政治家が悪く言われると、、、どうしても「あばたもえくぼ」的になりますが、、、。客観的な事実は、、、ほぼ上記の通りである。。。ま、当方が「客観的に書いている」だけですが〜〜)

 9月9日の初日の全員協議会(これがまた〜〜)の具体的な根拠などを提示することになっている(トップ写真)。ちなみに、やりようでしょうけど、、、、少なくとも、合併特例債期限は、9月中頃〜下旬とみることができます。まだ、時間切れではないと思われます〜〜。



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!