トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

市長の権限〜〜〜



 (大した大意はありませんが、、、ポピュリズム、、、を振りかえる、、。書かれているが「自治体ポピュリズム」、「地方ポピュリズム」、、、、「ローカルポピュリズム」などなどと呼ばれている政治手法?思考回路?政治スタイル〜〜〜なのである)

 はてさて、新市長&新議員になって、、、地元紙も含め焦点になっている。本庁舎建設見直し・検証問題〜〜〜。
 本来ならば、今日の全員協議会なる会議で、、、執行部から、この間、市長が見直し検証した結果であるB案=新庁舎建設+まだまだ使える現庁舎解体案について、改めて市長側から議会・議員への提案(というか、話ですけど、、、(^^;))があるというはずであった、、、、。

 ところが、これが急きょ中止になり、議員のみである議員懇談会の非公式会議となったのである。(いつもは、この種の会議でも執行部提案があるのですが、、、今回は、執行部もいない、、、まったくの議会のみ〜〜)

 昨日までは、公開される議員協議会だったものが、、非公式の懇談会になったこと+ホットな庁舎問題がネタであろうということから、、、恐らく、さまざまな声が飛び交っているかも知れない。もちろん、実質の審議ぽいものをやるのであれば、非公開はあり得ないと当方も考えていましたが、、、、。会議の中身は、、、「本庁舎問題に議会としてどう対処していくのか」といった、、、、(当方理解では)議員による打ち合わせ会、、、下準備会、、、的性格であった。

 「本庁舎問題に議会としてどう対処していくのか」、、、考えれば分かりますが、、、議員というのは、もともと主張が違いますから、、、、考えが1本化することもあれば、まとまらないこともあります。(後者の方が断然多い〜)
 では、なぜ、打ち合わせ・下準備なのか?

 議長談によれば、、、もともと「B案の再度提案説明のためという執行部の会議設定だったものが、突然、C案の提案にかわる・・・」(主旨)ということが、大きな理由である。

 ちなみに、当方会派が副市長に近々に正式にあった時は、「なぜ、本庁解体するのか。実はB案は、しっかりした分庁方式をすすめる理由があるのです」(主旨)というもので、やりとりの中でも「B案は変わりません」と言っていた訳で、、、、これには、少々ビックリしたし、、、これまで議会に2度にわたり示してきているB案が突如変わるのも、、、ビックリである。=議長談と心持ちは似ている〜〜。

 新市長は、見直し・検証をした結果として B案の現庁舎解体案が、、、、これまでの案(現庁舎建設+新庁舎)=A案よりも、、、C案=現状のまま、、、、よりも、コスト削減で一番なのだ、、、、C案は最も非効率(コストがかかる)と説明してきていたのである。
 これが急変直下、、、C案にかわったとすれば、、、丁寧な説明がいるであろう〜〜〜。(議会議決を要する「予算」だとしたら、、、とても議会として納得できるやり方ではない、、、と言うことになるのである〜〜〜

 ・・・といったあたりで、、、議会としてどう対応したらいいのか?という議長判断での会議ということなのである〜〜。(例:上記の例の予算案(ま、条例案でもいいけど)に例えれば、、、コロコロと予算案が変わっているのを議会に認めろ、、、ってな感じ(あくまでも「感じ」です)でしかないのである〜〜〜。(当方は、「ころころと変えるな」という意味もありますが、変えるには変えるなりの理屈が必要だ、、、と言いたいのである。加えて言えば、昨日の書き込みではないが、市執行部は、プロ集団です。そのプロ集団がコロコロ変えては、、、どうなんよぉ〜〜???なのである)

 :正式にC案への変更が表明された訳ではありませんが。(今日の時点では〜)

 当方的には、議長の「どう取り扱うか」という点については、同意!・・・事例は違いますが、、、、議員定数何人にしますか???20人?18人?かぁ〜というバナナのたたき売りに似ている。・・・議会としてどう対応するか?市民の期待に応える議会運営、、と言う点でも重視されなければならない、、、と。

 当方的主張は、、、全員協議会だの議員懇談会だのでちまちまやるのではなく、議会の正規の特別委員会でもつくり集中審議で事態を明らかにすべきこそが、市民への責務ではないか!、、、と。

 各議員には、現局面での考えが問われ全員が姿勢を示しましたが、、、「C案のメリットとデメリットがわからない」とか「なぜ、急にC案なのか」などの意見も出た〜〜〜。(ま、ある意味当然です)

 (もちろん、1本化などにはなりませんが)、、、、結論的には、議長が議員の姿勢を聞き対応する、、、(ま、玉虫色ですけど)というもの。・・・・・ふと、思ったのは、、、結論さえあればいいのか?、、、経過はどうでもいいのか?などなどのフレーズが頭の中を飛び交い、、、、「ポピュリズム」にいったというのが、、、当方的思考回路なのである〜〜〜(^^;)〜〜〜。

 そうそう、、、市長の権限なるものは。。。。。

第百四十七条  普通地方公共団体の長は、当該普通地方公共団体を統轄し、これを代表する。
第百四十八条  普通地方公共団体の長は、当該普通地方公共団体の事務を管理し及びこれを執行する。
第百四十九条  普通地方公共団体の長は、概ね左に掲げる事務を担任する。
一  普通地方公共団体の議会の議決を経べき事件につきその議案を提出すること。
二  予算を調製し、及びこれを執行すること。
三  地方税を賦課徴収し、分担金、使用料、加入金又は手数料を徴収し、及び過料を科すること。
四  決算を普通地方公共団体の議会の認定に付すること。
五  会計を監督すること。
六  財産を取得し、管理し、及び処分すること。
七  公の施設を設置し、管理し、及び廃止すること。
八  証書及び公文書類を保管すること。
九  前各号に定めるものを除く外、当該普通地方公共団体の事務を執行すること。


 ・・・というものである。まだまだ、、続く、、、庁舎問題〜〜〜(^^;)。。。





関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!