トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

市民と、、本庁舎建設見直しと執行部と議会、、、、5



 上記は、本庁舎建設問題関連の新聞記事。。。やはり、市民的には、、、なにがなんだか分からない、、、分かりにくい、、、みたいである。

 ・・が、おもしろいもので、、、気になるところについては、想像力を働かして、、、読み込んでいるようであるのだが、、、。
 上記記事の赤線部分を捉えて、、、「議会は市民の意見など聞かなくていいと言っているのは、とんでもない議会だ!」と捉えているようである。

 結論的に言えば、、、大間違いです。

 市長は、「まだ耐用年数が20年近くも残っている現庁舎を解体して、新庁舎を建てる」という案を示した、、、が、議会は、「まだ使える建物を壊すのは大疑問だ」、、、議会から見ても異論や問題点が多くあるとみえる市長提案の方向なのである。
 ところが、、、「兎に角、合併特例債に期限の間に合わせなくてはいけないので、これで、すぐにパブリックコメントをやらせてください」、、、、と言う、おまけに、「今日は市長の考え方をまず議会に示した」という程度でもある、、、。

 このような状況下で、、、議会・議員側からはあたかも「見直しが決まったかのようにパブリックコメントを実施するのは問題だ」(記事)と言ったというのが記事になっているのである。

 ちなみに、当方ですが、、、「A案B案以前に、、、手続きとして問題。パブコメは、本来数もそう多くないものだしそれでお墨付きをもらったとすること自体問題だ。本来なら、従来方針を大きく変えるのであるから、まず、市民の声を聞くことや、住民説明会こそ必要で、それを抜きにすることは、”市民はお客様、株主”と言うことに反する。少なくとも、前市政の計画は、市民アンケートもとり、市民からの建設検討委員会で何度も話をして、また議会でも協議がなされて、パブコメもへていることと比較しても、市民無視のやり方だ」と、、まずは、市民の声からスタートすべき、、、とも強く言っているのである。

 結論的に言えば、、、市長の考えだけで、、おまけにパブコメだけで、、、事をすすめるのは問題あり!!と議会が言っているのであり、市民無視ぽいのは、、、市長側と言えるのである。(^^;)。。。





関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1267:両津地区夷の建物火災について by 若獅子軍団 on 2016/08/06 at 05:59:26

市議の中川なおみ様、おはようございます

昨日の2016リオ五輪の情報についてですが、気になる野球&ソフトボールについて、2020東京五輪大会では正式種目に採用されたと聞きました

プロ野球関係者様や日刊スポーツ関係者様、そして僕自身は大歓迎してると聞いてます
ぜひ一度は練習風景を見たいところです


また2016市長定例会で、両津地区夷の雑居ビル火災事案についてですが
両津地区内の消火栓は、ほとんどが老朽化が進んで駄目になったと聞いてます

両津消防署様や市両津支所水道係様が、念のために再チェックすべきだと思います
両津地区だけに限らず、わが真野地区も含め全ての消火栓の再チェックもすべだと聞いてます

建物火災が発生してからでは、遅すぎると聞いてます

念のために再チェックすべきだと思います

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!