トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

そう単純でないのかも〜〜(^^;)

1

 ある方曰く、、、「若い議員が多くなったから、、、原発再稼働とか、戦争法とかの請願・陳情、、これまでと違い、、、多数になったんじゃない?」と聞かれた、、、、。ふむふむ、、、仰せの通り、、若い年代の議員が一気に増えたというのが、現在の佐渡市議会というのが特徴の1つですが、、、、。

 確かに、そう言われて、、、指をおってみた、、、ふむふむ、、その方の言い方なら、、、これまでの賛否状況をみると半数以上になるかも知れないのでもある〜〜〜。しかし、、、若いからとは、、、限らないのが政治なのであろう〜〜〜。(ま、要は、、、そうそう、、年齢がどうかではない、、、のも事実と言うことになろう〜〜(^^;))

 すでに書いていますが、、、、「原発再稼働反対」や「安保法制(戦争法)廃止」の請願(陳情)、、、今回の初議会で、、、残念ながら、、、、「否決」(不採択)であった。。。。

 そうそう、、、「だれの子どももころさせない」のママの会、、、正式には、「安保関連法に反対するママの会」だが、、、、。

 ママの会のアピール・・・・

 私たちが、この夏をかけて反対してきた「安保関連法案」は、本日可決成立されました。このことに心の底から抗議するとともに、今日をもって「安保関連”法案”に反対するママの会」を「安保関連法に反対するママの会」へ発展させることを宣言します。
たったひとりのママから呼びかけが始まった「ママの会」でしたが、約2カ月で2万人以上の方から賛同メッセージが寄せられました。そして「だれの子どもも、ころさせない」を合言葉にしたママたちは、全国に50以上の「ママの会」を作り、それぞれの行動を起こしています。
この夏、私たちは、とても大切なものをつかみました。それは、この社会は一握りの権力者のものではない、ということです。そして、私たち一人ひとりには、自分が生きていきたい社会のあり方について、語り、表現する権利があるということです。
この夏、私たちは、生活の中から声を上げることを学びました。デモを主催すること、街頭宣伝をやること、学習会を企画すること、議会に請願を出すこと、議員面会に行くこと、世代を超えて語り合うこと…この夏、私たちが蓄えた力は、ここには書ききれないほどです。
私たちは、何度でも言いたいです。国家の命令で殺し殺されるために生まれてきた人など、いないのです。このことに気づかせてくれたのは、子どもたちのかけがえのなさです。この世に生まれてきた以上、すべての人に幸せに生きる権利があるのです。
その権利を書き記した、日本国憲法。その条文は、今日もなお、まるまる手つかずに残っています。これをテコに、安保関連法を廃止させることができるでしょう。
ママの会は、きっとやりとげます。
私たちの「手作り民主主義」は、今日からまた新たに始まります。今日からも、息を吸うように、吐くように、声を上げつづけます。「だれの子どもも、ころさせない」世界をつくるために。
2015年9月19日
安保関連法に反対するママの会


 ・・・さてさて、、ある市民の方の言われた、、、請願(陳情)の賛否状況(当方確認)

12

 ・・結局、、、以前の議会と、、、たしした違いは、、、ない気もしますが、、、(汗)

 まあ、基本的には、政策論や考え方は様々ですから、、その議員なりの言い分があるのでしょうが、、、、、、なぜ、反対するのか、、、討論参加でもしてもらえたら、、、「新しい形」と思える、、当方なのだが、、、(^^;)




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1211:金井の市本庁で、2016年の参院選の期日前投票しました by 佐渡の猛虎軍 on 2016/07/04 at 06:11:33

市議の中川なおみ様、おはようございます

昨日は金井の市本庁で、2016年の参院選期日前投票を済ませました
いったい誰が投票したかにつては、何ぴたりとも絶対に秘密です

絶対に教えません
投票日の当日までは、絶対に教えません

市議の中川様もこう云いたいところです

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!