トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

行政。住民。地域。。。。。



 住民と行政(政治)のあり方が問われているのか?

 「千葉県松戸市の社会福祉法人が同県市川市内に四月に開園予定だった保育所の計画を住民の反対で断念した問題で、市内の別の場所での新たな計画も住民の反対で断念していたことが分かった。前回と異なり、市への事業申請前に住民説明会を企画したが、子どもの声や道路の狭さへの懸念が相次ぎ、説明会を開けなかった。事業者は「近隣の反対が強かった」と話し、市によると別の土地を探すという。
 同市の待機児童は今年四月一日現在、五百十四人で、全国ワースト九位だった前年から百四十一人増加。市は「住宅地は難しいと分かっていたが、理解ある地域かもしれず期待した。事業者も早めに対応したが、残念だ」(こども施設計画課)と話している。
 市などによると、今回の計画地は最初の予定地から西へ約二キロの閑静な住宅街。来年春の開園を目指し、ゼロ~五歳児五十~六十人を預かる計画だった。建設予定地は約六百平方メートルで、現在は住宅。
 社会福祉法人は今月十七日、地元自治会(五百五十六世帯)のうち、予定地周辺の約二十世帯を訪ね、説明会を二十一日に開催する案内文を渡した。翌日から市や事業者に対し、「静かな環境を求めて大きな出費をした。保育所は認められない」「前の道は狭く、混雑して危ない」などの抗議が複数寄せられ、計画を見合わせた。
 近所の男性(61)は「手続きがおかしい。あいさつし、それから説明会の日取りだろう。交通トラブル回避に保育士が駆り出されれば、肝心の保育がおろそかになる」などと話した。・・・
」(東京新聞5/24)

 ・・・保育園の待機児童問題が政治問題、社会問題化している最中なのにである、、、。
 もちろん、、、よくある、、、こどもの声は騒音、、、というのに似ているのだろうか、、、「静かな環境を求めて大きな出費をした。保育所は認められない」、、というものもあるが、、、。む〜〜ん、、、これだからと言って、「無視」していいという話ではないのが、、、、「多様性の社会」なのであろう〜〜〜。

 そういえば、、佐渡市的にも、、、と。

 (先の3月議会でも問題提起〜)市の土地を誰かに貸す、、、、そして、そこに何やら立つよう、立つかもしれない、、、。やはりこの時も、、周辺住民合意は最低限必要である。・・・これは、法的にどうのこうのではなく、、、、それ以前の、、娑婆の常識である!

 ちなみに、担当部署の責任ある方に、、、このたぐいの問題を問い合わせたが、、、「市が公募して決まったら、勝手にやります。そんなに地元ではもめないでしょう」といった主旨の回答であった。・・・もちろん、「娑婆的常識でしょう」と当方は何度か言ったが、、、受け付けなかった。(と強い印象である。あくまでも当方受け止めですが)

 何を言いたいか、、と言えば、、、保育園などの福祉施設でさえ、、、上記のような訳であるからして、、、当然どのような施設にしても地元理解・合意といったたぐいは、、、当然必要と言いたいのであるが、、、、。

 ちなみに、上記新聞では、、、「区の担当者は「反対の声も区民の意見。住民理解がないと、建設後にトラブルになることもあり、必要な過程だ」と指摘する。」、、、とも、、しごく当然である、、、。

 また、「台東区では、今年四月開園を目指した認可保育所計画で、住民が反発。事業者と区が説明会を開いた結果、防音材の使用や二重窓などの対策で理解が得られ、三カ月遅れで開園の見通しとなった。
 千葉大大学院園芸学研究科の木下勇教授(まちづくり学)は、千葉県市川市の事例について「いきなり説明会ではなく、地域の下調べが必要だった。住民が狭い道を理由に反対しているのなら、安全な通行や歩車共存など地域の課題と結びつけて考える契機にもできた」と指摘。
」(同紙)、、、、あまりにも当然すぎることが、、、保育園統合建設でも、、市所有土地の貸借でも〜〜等、、、ちと、佐渡市はちゃう気がした訳である〜〜〜。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!