トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

初心、、、って忘れちゃう??



 明日は、、いよいよ、、、選挙後はじめての臨時議会、、、、。

 ・・・・「議員平均年齢61才悪」説論、、、「若さで暴れます」説論、、、、「医療福祉は専門です」説論、、、など、、、若手(年齢が若いという意味)からの現職議会批判論が、、選挙戦でもあった、、、(汗)。。。。

 古手も、、うかうかしてられません〜〜〜(大汗)、、、ということで、明日議会の準備などに時間を割く〜〜〜。議会人事も含む人事案件と専決処分、、少々の補正予算案、、、などであり、確かに議会案件としては、ボリームがあるわけではないが、、、そこは、新生議会の初日であるから、、、それなりのデビュー戦、、、ということであろう〜〜〜。(ワクワク〜〜(^^;))

 はてさて、、、当方自身の初、、、デビュー戦はどうであったろうか????

 平成20年4月25日=これが、佐渡市議会=当時の人事議会〜〜〜(これが、当方の本会議での初質疑〜〜であるR)

〇議長(竹内道廣君) ・・・・・・・議案第88号 専決処分の承認を求めることについて(佐渡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例 の制定について)の質疑を許します。
中川直美君。

〇2番(中川直美君) それでは、幾つかの点についてお伺いをしたいと思います。
ご案内のとおり、先ほど提案理由の説明でもありましたが、2006年の医療制度改革に伴ってのものであ りますが、具体的にお伺いをしたいのは、前期高齢者の対象者は何人で何世帯ぐらいになるのかと、それ で特別徴収の方々はその国保に占める割合はどの程度になるのかお伺いしたいのが1点です。
2点目は、年金から天引きということで、収納率の向上対策という側面もあるわけですが、このことによって、向上の部分はどの程度になるというふうに見込んでいるのかお伺いをしたいと思います。これが2点目です。
 3点目は、13条のところで減免規定が改正に伴って動いているわけですが、高齢者の暮らしの状態や年 金の状態、今の不況の中で年金天引きというのは非常に困るということが後期高齢者の中でも言われてい ますし、最近の国保税の天引きの問題でもニュースでも取り上げられているわけでありますが、そういう 点でいいますと、減免規定の運用みたいなのもこれまでと若干実際の運用を変えていく必要があるのでは ないかと、変えるのかなと思うのですが、その辺をお伺いをしたいと思います。
あともう一点は、国保の本体のほうにかかわるかもわかりませんが、65歳から69歳が入院した場合、食 費や住居費の関係も変わるというふうに伺っているのですが、その辺の内容についてお尋ねしたいと思いますが。

〇議長(竹内道廣君) 答弁を許します。
金子市民環境部長。

〇市民環境部長(金子 優君) お答えをいたします。
対象者でございますけれども、今回の専決については国保でございます・・・・・・


 初心、、、忘れちゃうんだよね!〜〜!。。。初心いっぱいの若手議員も登場だし〜〜〜忘れずに、、、の気合い入れ〜〜〜(大汗)

 あの頃〜〜当方も、、若かった〜〜(^^;)!!!!(^_^)。。。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!