トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

議会、分岐点、、、か?



 はてさて、、来週から、議会も、、執行部も、新しい人事となり動き出す〜〜。勇退・退任された方など、、本当にごうろうさまであった訳である。当選に至らなかったとしても、、、これまで果たした役割は、全否定ではなく、、、きちんと、、いいところは引き継がれなくてはならない訳である。。。

 ・・ということもあり、、、議会関係も何やらうごめいている感じも〜〜〜。(ま、変な意味では無く、当たり前といえば、当たり前ですけど)・・・・・。

 今回の市議選等の選挙結果では、若手の新人が髙得票したこともあり、、、市民の期待感も高いはずであろう。・・・市町村合併で佐渡市になって今年で13年目にも入りますから、、、一定程度の時間を経た、、ある意味、、これまでのながれを変えて欲しいと言ったーーそういったタイミングでもあろう。(ちなみに、旧町村時代にもこういった時期は、必ずあったように思います〜〜)

 さらに、それに加え、、、「民主主義ってなんだ?」ではないが、、、「議会」の有り様も、、、実は、数年前から大きく問われてきていた。特に「地方議会」は〜〜〜。

 よくいわれるのが、、、10年前の北海道栗山町議会基本条例の制定が大きな基点、スタートとも言われている。この栗山町の取り組みをきっかけに全国的にこの流れは、大きく広がってきている。
 この議会基本条例は、議会の有り様や住民との関係、、、、はては、議決行為における議員の説明責任、議会の政策能力の発揮などなどと発展してきている。 ===実は、こういった背景も今回の選挙結果に現れているのではないか、、とも、、、考えています。

 こういった点を総じて考えると、、、新生議会(とりあえず「議会」にだけ言及)の今後の有り様、これからの有り様は、、、主権者の市民の眼にで鋭く問われるのではないか〜〜〜(^^;)。。。
 特に、新人の現職批判もそれなりにありましたから、、、、この点でも、、、期待(おもしろい)〜〜〜。当方的には、ネット界隈で拾ったものでいえば、、、「議員平均年齢61才限界説=だからダメ〜」とか、、、「佐渡を変えるために議会で大暴れします〜」は、おもしろいと思ったし大いに期待したい若い挑戦状であろうと、、、受け止めている〜〜〜(^^;)。。。

 では?当方的に、、具体的に〜〜〜。来週は議会人事に伴う会派も生まれますから、、、まずは「会派」がどういったものになるのかは、、、まず、最初の関心事である〜〜〜。

 議会(政治)は、会派運営的手法が主流ですから、、、やはり会派は、一定の政策集団であるから、、、まず、これが機能する必要があるのではないか?(会派=同じ意見や考え方などを持つ議員のグループを「会派」といいます。各会派は、議会開催中だけでなく閉会中でも市政発展のために調査研究をしています。(佐渡市議会HPより))

 いろんな噂では、、、現状打破の若手会派とか?複数に増えた女性会派とか?。。。にゃるほど〜〜。おもろいかも〜。といった声も聞く、、、、。(あくまでも、噂でしかなく、最終的にどうなるかは?わかりません〜〜。ちなみに、、、当方的視点では、、、元来、個々人は、それぞれの考えや政策論があるのであって、、、例:20才だからといって同じ考えではない〜〜〜のように「若手」とか「女性」だからと言って、同じ考えであるとは、、、限らないと思うのですが、、、選挙(結果)的構図では、、、やはりこういった見方もあるのであろう〜〜)

 ・・・はてさて、、、どのような会派がうまれるのか?実は、、、楽しみでもある〜〜のであるR。この会派が、、従来型の会派では、、、分岐点にはならない、、、、気がする当方なのであった〜〜〜。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!