トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

なにが問題か〜〜???なぁ〜2



 写真は、1月30日のここいらの山の下(当方自宅の下の国道)、、、、まるで穏やかな春模様〜〜。しかし、山は雪がありまるで別世界〜〜〜)

 はてさて、、「平成24年度離島流通効率化事業 水産加工施設整備事業における補助金不正受給」、、関連2、、、。

 タイトルではないが、、、この事件(事案、、と言う意味での「事件」です〜)に対して、主権者の住民は、何を問題としているのだろうか?もしくは、何に怒っているのだろうか?=実は、これが一番大切なような気がします。このこと抜きに、、、ありえない〜〜気もします。・・・ので、ちと考察(大げさですが〜)、、、。

 ぶっちゃけ言えば、、、怒られますが、、、、迫っている市長選や議員選がらみも、、当然、あるような気もします。この場合、気をつけなくてはいけないのは、、、、政治用語でいう「党利党略」的、、、というか、、、自らを利することに中心点が置かれ、、、事の重大な解決方向にむかわない場合もありうる、、、ということである〜〜〜。(そんな意味も込めて「なにが問題か〜〜」のテーマにしています〜)=ちなみに、何度も当方も書いていますが、、、この事件について、、、政治責任がないなどと言うつもりはありません。チェック機関の議会・議員としてのチェックがどうだったのかも含めて、、、問題あり、、、と考えています。。。ので、、、「そこんとこよろぴく〜(^^;)」)

 市民的な気持ちで言えば、、、、

 「アベノミクスがどうのこうの言うが、自分たちの暮らしは一向に良くならない、、、どころか、悪くなっている〜。爪に火をともしてがんばってやりくりして毎日の生活をやっているのに、、、行政ときたら、、”チェックが甘かったです”などなどといい、、、数千万円も無駄にしている。ちょ〜〜〜う、、頭にくる」、、、、言い方に異論もあろうが、、第一には、、、こんなところではなかろうか?

話題になった「怪文書」or「内部告発文書」???では、何を言っているか?といえば、、、さまざまな疑問点を挙げていますが、、、
 
 文書の最後の下りでは、、「・・・佐渡市職員は過去3年間に渡る賃金カットを泣く泣く了承してきたが、それは市の厳しい財政状況を考慮して耐えたのであって、無節操な補助金のバラマキのためでも、市長の失策を補てんするためでも無い。・・・」、、、、と。なんとなく、市職員的な雰囲気がありま〜〜す。ゆえに、、「内部告発」的なのでもあろう〜。

 で、次いで、、、「唯一の救いは、余りにも酷い予算の執行に対して佐渡市議会が平成25・26年度の一般会計決算を2カ年続けて否決したことである・・・・」となっている。。。。。これでいえば、、、議員ぽい「内部告発」ともいえる〜〜のである。

 では、、、いま流行のSNS関連では、、、、。

 ・・・世界遺産関連のアンビリーバボー支出といい、竹材ナンタラでたらめ支払いと言い、四方八方、前後左右、空前絶後のゆるゆるフンドシ管理職。総入れ替えせんといかんとちゃい真っ赤?!

 ・・・氷山の一角でしょう。捜査をどこまでやるかだと思いますが、役人も襟を正してほしいものです。

 ・・・なぜこのような補助金詐取ができてしまうのだろうか。前にも補助金詐取事件があったようだし。補助金は領収書だけで審査合格でもあるまいし。・・・

 ・・・補助金不正受給に関する詐欺グループと市役所の癒着が取り沙汰されるとは思わぬ展開に・・・

 ・・・「膿」を出し切る為にも、市役所職員のお一人お一人の誠意ある対応を・・・詐欺事件に付いて官制の疑いの・・・・


 ・・・・・当方が、30日現在で、見かけたもの、、、一部のみの借用です〜〜。(ま、SNS見れば全部みることができますけど〜〜)これらで書かれている内容で「おや?」と思おうのが、、、「官制」=業者とぐるになって、、、と当方は感じたが、、、。
 つまり、今回は、たまたま発覚したのであって、、、氷山の一角でしかない、、、、とみているのではなかろうか?

 ・・・ってなことでいえば、、、12月議会でいわゆる「職員倫理条例」を決めたが、、、あれは一体なんだったのか???

 「佐渡市職員の行動規準及び責務等に関する条例」=この条例によって、市職員の公務員としての「行動規準」を明らかにし、違法行為等を発見した際の内部通報制度である「公益目的通報」、および、全体の奉仕者である市職員への不公平取扱いを強要する「不当要求行為」に対し、組織としての対応手続を確立しました。この条例の施行をもって、あらためて市職員が一丸となり、公務員としての正しい行動、そして、恥じない行動を実践していきます。(市HPより)

 (目的)
第1条 この条例は、市民の信頼を得るために必要な職員の行動規準及び市政を担うものの責務について明らかにし、もって市民の負託に応え得 る健全な市政運営の確保を図ることを目的とする。


 だいたい、議員でいえば、、、この事件(事案)がすぐさま出てくることも分かっていたし、、、急いで成立させる必要はなかった〜〜んじゃなかろうかが、、、当方的思考〜〜〜。こういった事件も含め、、対市民と共通理解を得るための対応も、、やはり必要ではないかとも、、などなど、、。

 もちろん、市民的には、、、公務員バッシングや議員批判、、行政批判が日常的の潜伏していることも事実で、、、そう簡単にご理解はいただけないものであろうが、、、、こと(事件)の内情がしっかり分かり、どこに原因があったのかなどが、、、あきらかにされる必要もあるんじゃないかと、、、。(ま、この種の事件では、、、大概、、佐渡市だけでなく、、民間も含めてですが、、、現在の佐渡市の対応的でずるずる経過していくのでしょうが〜〜)

 ・・・ちょい前書きましたが、、予算審査の議会の意見「当初から悪意をもって・・」(賛成系議員の作文?)、、、、これは、実は、、、「市が気を付けていても悪意があり意図的にやられた」のであり不可避的だった、、、と言いたいのかも知れないが、、、。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!