トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

議会の眼??



 議会の監視、チェック機能の1つに「決算審査」というものがある。上記はそのことの解説の1つである。ちなみに、、、議員的参考書ではなく、、、「***担当になったら・・」という執行部関連での書籍の記述である〜〜〜。
 実は、当方的には、、、この間の一連のドタバタなどなどからして、、、議会の決算審査のありようも変わらなければいけない、、と思っています。。。。ということで、実は、先の9月から付託されていた決算審査の特別委員会の決算審査結果について興味をもっていた。

 結論的には、、、決算審査委員会は、、、「認定」(OK)、、、という審査結果であったが、、、最終決戦の本会議では、、、逆転して「不認定」となった。・・・もちろん、これ自体、、、委員会の結論=本会議=議会の意思、、となるものではなく、、、ねじれていたりしても何ら問題はないものである。(例:委員会=賛成〜本会議=反対、、、また逆の、、委員会=反対〜本会議=賛成であっても何ら問題ではないである)

 今回の決算審査は、、、新聞報道などもあり騒がれている最中での決算審査であり、、、当然に、、、と思われていたものが予想を反して「認定」というものであった。。。。(実は、当方も質疑(発言)の中で、、、「認定されたことは、、市長自身も驚いているのではないか・・・」とも触れた〜〜〜)

 そうそう、、、一般的には、、、非常に分かりにくいと思うのですが、、、、、議員の賛否に「なぜ、賛成or反対なのか」、、、といった理由が絶対条件になってはいません。(これ自体が、わかりにくい〜〜)、、、。もっと言えば、、、なぜ賛成かわからなく「賛成」することも可能なのである〜〜。(ま、ほとんどそうかも???)
 もちろん、賛否の態度をここの議員が決めるには、、、それなりの理由、、、があるわけですが、、、そのことを公にしなくてもいいことになっている。

 (・・ということでタイトルテーマに戻る〜〜)

 報道も市民も、、、「こりゃ〜問題だ」と言っている年度の決算審査。もっと言えば、執行部も「問題がある。ゆえに職員倫理条例が必要だ・・・」とも言っていました。。。。
 このような状況で「なぜ、認定」、「どこが認定に値するものか?」、、、と審査を進めた委員長報告に対して質疑したが、、、まともな答弁は、、、、もちろん、、、なかったのである。。。。

 やはり、あり方は、検討に値する、、、と!

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!