トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

発言と答弁、、、。

IMG_3566 (1)

 (写真:当方の住む集落の昔の絵図??)

 はてさて、、、現議員と現市長の最後から2つ目の定例の議会だった、、、。当方的、、マニアック的感想〜〜(ま、どうせ怒られるだろうが〜)

 来春の選挙を意識しているかのような、、発言=一般質問的色彩もなくはなかったが、、、ま、これも悪いことではないのである。

 少々、気になったのが、、答弁である。答弁を当方的に分類してみる。。。

 「質問質疑に的確に外す答弁型」=例:「この計画はなんですか?と問えば、、、「法律に基づいた計画です」と答弁する。これは、まあまあ、、100%外れているとは言わないが、、、「外れ」答弁でしょう〜〜〜。(意識して答弁か?)

 「答弁貫徹型」=例:質疑で3回聞かれても、、、言い回しがちょい違うだけで、同じ趣旨を答弁する。この場合、答弁者は、妙な自信ぶりを発揮しなくてはならない〜〜〜〜。。。(聞いていると本当か?と思う場合もある?)

 「やっちゃうネ!答弁型」=例:全く質問質疑の趣旨から外れた答弁。・・・さすがに、これだけずれた答弁の場合、、質問側も圧倒されます。(次に、聞きたくなくなり、、無視して違う質問質疑に質問者自身が進みます〜〜)稀に、想定外の答弁のため、質問者の方向とは別に、、、かえって良い方向の質問に発展する場合も、、実は、意外にあるのである。

 「good答弁型」=質問者が想定していた答弁になり、質問者の意図する方向に向かう。(これは、おそらく執行部側(答弁者側)は、好まないであろう、、、、。

 「答弁は態度でいく型」=これは、答弁内容よりも、、答弁する態度、姿勢でごまかすタイプ。何があろうと、慌てた姿勢や不利な姿勢は全く示さなく、、、何が何でも、、答弁内容がどうあろうと、、、堂々としておく。ま、意外に、この場合、「もしかして?本当か?」と相手に思わせるという最大のメリットとなります。が、実は、理解している人から見ると、、、かなり哀れ、、、でもあるデメリットもある〜〜。。。。などなどかな、、、、???(最近、当方的には、、変な答弁には、関わっていると時間が食うだけなので、、、無視しますが〜〜〜〜)

 ・・・どうでもいいこと!!!

 実は、今議会で特に目立った気がしたのが、、、議会、議員の答弁。付託された常任委員会の結論を委員会報告=委員長報告がされるが、、、、その委員会に所属していない議員は、なぜ、そのような結果や意見になったかを委員長質疑として行う場合、答える委員長(報告者)は、、、答弁をすることになるわけである。。。(ま、ある意味、議員は質問や質疑での「攻撃型」な訳で、、実は、受け身的の「答弁」が弱い????

 それにしても、、、と思ったのだが、、、、「議会もしっかりしなくては」ということで、今回は委員長質疑を多く出した。(実は、もっと多く出したかったのですが、、、涙)

 実は、、曲者の議員ですから、、、内情はいろいろあるのですが、、、、。それにしても。。。。審査ではやらねばならぬこと、、、というか、ま、最低限の情報や事実に基づいて、、、出された議案を審査するのであるが、、、、、その辺が、、弱すぎないか?と!

 問「***に至る数値は、どのようになっていたか?」と問うても、、、「そんなことはやっていません」、、といった趣旨の答弁の繰り返しである。。。。(当方的には、、、「審査の差し戻し」だなぁ〜〜)。。。といった感を強く感じたわけである。

 ま、他人様の事だけでなく、、自省も込めてですが、、、、もっと議会・議員、、、しっかりしなくては、、、職員どころの話ではない、、と感じた。。。。最終日です。
 やはり、、、一般質問は、自らが調査や問題意識のある質問で、、口も滑らかなのですが、、、、執行部提案については、弱い、、すぎる感ありです。。。。


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!