トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

H27.12水道水

名称未設定-1 のコピー
 (上記:「家庭の医学」という本?辞典で有名保健同人社・・)

 はてさて、、、水道水質問、、、、。実は、当方的には、、、はずれ「答弁」であったので、思いの外時間を費やしてしまった。ま、これまで、、何度も取り上げて議論も論点も尽くされていると考えていたが、、、敵(答弁者、、、ぎゃく的に「敵」ですが)もさるもの〜〜。

 ま、答弁は、、、「おっしゃることは分かりますが、、、前向きに検討する」といったたぐいの答弁がくると予想していましたが、「基準値なので問題もなく、対応も考えません」といった趣旨の答弁であったと言える、、、。
 結論的に答弁と市政の姿勢は、、、「基準値なのでやらない。基準値こそ正しい」といわんばかりで、、、「困っている住民の声よりは「基準値」で、、、住民の声には耳を傾けない」、、、ということになろう〜〜〜(^^;)

 さて、、、おさらいも兼ねて、、、、、。(また、誤解があるかも?なので)

 1,最も水道水の硬度が高い真野地区では、旧町時代の大きな長年の課題であり、ダムで対応すると長年やってきていたものである。具体的には、真野川の上流にダム(取水できる砂防)を3つを長年かけてやってきた。(かなりの費用をかけた=これは、前市政時代に明らかに)=行政的対応。

 2,「健康被害」というなんだか強いフレーズを出しました。(当方は、素人ですので、トップの引用程度でしかないが)腎臓などが弱っている人やまだ内蔵が未成熟の赤ちゃんなどにとっては、硬度(ミネラル分?)が高いことは、いいことではない(=健康被害?)、、といった意味でのフレーズである。
 ま、実際、写真で示したように、、、、硬度の低いところにはスケールは、あまりつかないが、、、高いとつきます。人間の内臓になどにつくものかどうかは、門外漢ですが、、、、。

22

 これが、粉ミルクの水道水の硬度、、、。福島原発事故の時、使われる水道水ダムに放射物質が入ったということから、、、市販のミネラルウォーターを購入して粉ミルクにつかうことが見られたので、、、小児学会(確か)なども含め、、、硬度の高い水で粉ミルクをあたえるのは、問題があると知らされた、、、、訳である。

 3,真野行政サービスセンターでは、(旧真野町時代から)、、、ボイラーなどの機器が傷む(故障しやすい)ということで、いわゆる「軟水機」(年間:11500円の維持経費)をつけている。=つまり、これと同じことが市民の家庭では起こっているのである〜。
 すでに、軟水機については、書いていますが、、、本体価格だけでなく維持経費がかかっており、、、硬度が高い故に必要となるということ。つけていなければ、、つけていないで機器類の買い換え費用がかさむのである。

 4,国の基準値ならいいのだというが、、厚労省も「おいしい水」という基準を作っている。ちなみに、厚労省基準だから「健康被害があれば厚労省は黙っていない」などとの答弁でもありますが、、、、ならば、、公害被害などは、、、もっと減っているはずである〜〜。
 ま、どちらにしても。。。「おいしい水」基準を超えているし、、上限の硬度100の畑野などでも、、、スケールによるボイラーなどの被害は大きい〜〜。。。。

11111

 「おいしい水」の基準(ちょい前、掲載)〜〜〜。

 ・・ということで、、、動画編〜〜〜



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!