トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

質問側&答弁側のこころもち



 (写真:なんも〜〜意味はありません〜〜)「議員の生態編」ネタ、、、おもしろくありません!!!

 はてさて、、今日から一般質問が始まる〜〜〜。おそらく、答弁側は、、やな〜んだろうなぁ、、、などと心境を察してみる〜。。。でもでも、、まあ、、、実は、議員側も同様である、、とは、思ってないだろう〜〜ね。。。。(^^;)・・・ま、なにも考えずに、、飲んで寝る〜〜(これだな)、、、。

 はてさててて、、、答弁側の課長の執行部側、、、「議員はいいいよな!自分が決めたテーマを質問すりゃ〜いいだけ!こっちとら〜〜通告議員全員に答えなくてはならないし〜〜〜」、、、といったところであろう〜〜。

 じゃ、、、質問する議員側、、、。「執行部はいいよなぁ!毎日、専属で仕事してるし、専門性もあるし、、、。こっちとら〜〜通告してある質問の各分野で、、、そんな専門家相手に質問しなくちゃ〜ならないんだから〜〜」と言ったところであろう〜〜〜。

 「もしかすると、、、**課長のところまで答弁求めるかも???まあ、そこまで行ったら質問側の質問が成功してる〜〜ってことで〜」などと、、、与太話を今日してみた。・・・・実は、これは、議員側からすると当たっているかも知れない〜〜〜なぁ、、などと。。

 ま、お互いに緊張感もつことは、、、いいこと(不祥事対策にも〜)であろう〜〜〜ということだなぁ〜。

 とりあえず、、、当方的作業は、、、過去の答弁を調べ上げる〜〜〜(現在、ここまで〜)

■戦争法案
〇市長(甲斐元也君) この問題(安保法案=戦争法案)は、自民党がどうだとか、共産党がどうだかという問題ではないと思うの です。国民的な大きな問題であるわけです。ですから、これは国民全ての人たちが、単なる憲法学者がどう言っているということの一方的なことだけではなくて、国民のやっぱりいろんな意見を聞いて、いやいや、これはやるべきだというならやらなければならぬし、そうでなければやめなければならぬ、それだけ のことであって、私一人が反対する、賛成するという立場ではここでは申し上げるものではないというこ とであります。 (6月議会)

〇市長(甲斐元也君) 安保法案については、この前ご答弁を申し上げたとおり、いささかも変わっておりません。(9月議会)

■両津文化会館
〇教育長(児玉勝巳君) 両津文化会館のこの後どうするかという件につきまして、そこの利用団体からも 陳情がいっぱい出てきています。それによりまして、総務文教常任委員会の中でのご指導、ご意見もとに 9月ですか、利用団体からご意見をいただいたというような現状であります。今おっしゃったその2S3 Kからのところの逆ではないかということを言われればそうかもしれないのですけれども、両津文化会館の件について、この後、きのうのご質問の中にありましたけれども、病院の構想とも絡めて調整していく必要があるなというふうに考えているところです。(9月議会)

〇教育長(児玉勝巳君) ・・・・教育委員会において、施設等のこの後の運用についての方針というのは打ち出したところですけれども、市長部局との詳細についてのことについてはまだ詰めていなかったという状況でございます。市民説明会につきましては、ご意見をいただいたということでございます。 (9月議会)

〇教育長(児玉勝巳君) 今議員おっしゃるように、教育委員会としての方向性というのをまずはっきりしておかなければならなかったというようなことでの市民への意見を聞くというような場であったということでございます。(9月議会)

〇市長(甲斐元也君) この今の問題については2つの問題があると思っているのですけれども、1つはやっぱり我々はその将来ビジョンというものがあり、この将来ビジョンというものは市長部局と教育委員会 部局と別々のものではなくて、一体的なものなのです。したがいまして、そのことの連携がとれていなか ったという点ではおわびを申します。したがいまして、教育委員改革なるものが今回出てきたわけであり ますから、今後は私はそこに入るわけでありますので、それで徹底をしてまいりたいと思っています。
もう一点は、いろんな一つの方向は当然あります。しかし、担当の部局としては、それをどうするかということは常々考えておらなければだめだ。したがって、それを考えることはだめだということは言いません。しかし、そこの説明責任とか説明が、段取りがというか、流れがそういうものが間違っているとい うことでございますので、これから総合教育会議もあるので、そこの中でしっかりと指導してまいります。 (9月議会)

■金井統合保育園

〇市長(甲斐元也君) 当然説明責任の中でそれはやらなければだめなことであって、私が報告を受けているのは、専門外でありますので何とも言えなかったわけでありますけれども、やっぱり一番の問題は交通 の問題だと、私自身はそう受け取ったのです。したがって、佐渡西警察署の署長にもお願いをし、当然道 路があるわけでありますから、佐々木地域振興局長にも話をして、とにかく住民の方々が少しでも安全に なるということをみんなで話し合っていただきたい、このことを要請をいたしたし、私は父兄の方々との タウンミーティングといいますか、それを話し合いをやったときにもそのことは私は申し上げて、それで あのとき私申し上げたのは、完璧なことはこれはそんなに簡単にできませんよ、しかしその都度、その都 度皆さんと話し合って少しでもいい方向に持っていきましょうよということで私は手を握ったのです。だ から、そういうやり方が私は必要だと思っています。 (9月議会)

■臨時職員賃金
〇地域振興課長(計良隆弘君) 地域おこし協力隊につきましては、資格等要件は必要ありません。(H26.12月議会)

〇地域振興課長(加藤留美子君) ・・・・地域おこし協力隊の賃金につきましては、経験年数、あと資格等を有する方もいらっしゃるということ から、この賃金単価となっております。 (9月議会)

■水道水硬水
〇市長(甲斐元也君) 私もこのことについては余り知識がないわけでありますが、やかんのところが白くなるということだと、その程度で大変申しわけございませんが、というふうに今理解をいたしているところでありますが、今議員から発言のあったことについて、今までもずっとこれについてどう対応をとってくるのかということについて議論をされたのだと思っております。そういう意味におきまして、私自身はその議論を踏まえて今までの方針でやっていくということをご答弁申し上げたわけでありますが、今のことも含めながら再度検討させていただきたいと思っております。もうちょっと勉強させてください。(H24.6月議会)


 これは、この前の記者会見、、、あくまでも当方のメモですので、正確かどうかは保証できません〜〜。

2015年12月3日市長定例記者会見
■甲斐市長が選ぶ佐渡市の3大ニュース
ワースト3
1、市職員の不祥事=倫理条例で一から出直す。
2,世界遺産登録、国内推薦の保留?ダメだったこと。
3,佐渡汽船の値上げ、上場企業で企業の事情があるが、値上げの話し合いや一度にあげるのは?

ベスト3
1,佐渡米の1等級比率が90%を越えた。2年続けており評価も受け、全国各地から知名度も上がっている。県内4区分の中でもトップを確立している。今年の米の契約も90%が売れている。米(農業)は、佐渡の活性化の土台が高知期されつつある。
2,体育館、スーパーアリーナが完成した。島外からもアスリートが来ていただける。子どもたちにいい影響を与えてほしい。
3,地方創生の「総合戦略」をみんなでつくりあげた。国でも佐渡を離島のモデルとして位置づけるという方向。国の指導もうけ成功させていきたい。7月に計画は作ったが全くあたらしいものでなく将来ビジョンでやっているもの。

■市長選挙や来年以降について
・芽が出ているので、線から面にしていく。
・このためには、「子育て」と「教育」の2本柱である。
・「子育て」は、単発ではなく一貫した対策が必要。
・「教育」は、総合教育会議でも「教育大綱」ができたので、これに沿って。グローバルだけでなくローカルも重要。=グローカル?

■記者質問に答えて
=職員不祥事について
 ・上司と部下のつながりが問題では?=市長)私にかけていたことは仕事は仕事としてですが、つねづねみんなに(職員)に悪いことをやるなと言ってこなかった。(これは改善する)
 ・市長から課長そして職員というだけでなく、下から上へ上がる方が重要だと思っているんです。

■職員募集=辞退者が多く再度募集は、再度

■佐渡の発展には、一次産業振興が必要TPPもあるが、佐渡にはあわない。安全安心で本土や国際的で売っていく。そのための橋渡し役。担い手が育つ対策が必要で、、、育つとは、、最低限の生活ができること。担い手に育成に力を入れていく。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!