トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

条例に魂が入るか?



 はてさて、、、12月議会の初日、、、、。やっぱり、、、焦点は、、、不祥事がらみの職員行動規範の条例と規則ではなかろうか?と思ったのだが、、、。

 さてさて、、、問題は、、、つくればいいのか?ではない、、、。今日の質疑でも言いましたが、、、、こういった理念の条例(これが柱である)は、、それを作り上げるまでの過程が重要である。そうそう、、、「地域振興条例」みたいのも、、、多くの識者もそう言う。
 どゆうことかと言えば、、、上から綺麗な条例が与えられても意味をなさないわけで、、、、この条例をつくる過程・制定するために、、、この不祥事関連では、、、職員で理解と共感、納得があってはじめて生きたものになる。
 例えば、、、上げた地域振興条例などでは、、、それをつくるためには、、、現場の状況や問題点などなどが分からないといいものはつくれませんから、、、、いいものをつくるには、、、現状認識こそ必要なのである。
 これがあってこそ、、、第二には、、、できた条例が実際に動くのであり、、魂が入るのである。

 ただたんに、、罰則規定や防止する監視カメラをつけても意味をなさないのである、、、。

 つまり、、、いくらいい条文であっても、、、それを使う人間の納得と理解なしには、、ありえないのではなかろうか?・・・・あわてずに、じっくりつくりあげるのも必要ではなかろうか?

 そうそう、昨日の市長記者会見で、、、職員不祥事について「上司と部下のつながりが問題では?」といったものが質問された。それに答えた市長は=私にかけていたことは仕事は仕事としてですが、つねづねみんなに(職員)に悪いことをやるなと言ってこなかった。(これは改善する)。市長から課長そして職員というだけでなく、下から上へ上がる方が重要だと思っているんです。、、、というようなことを語っていた。(この記者会見の発言まとめは、、あくまでも当方のまとめですので、ご注意ください

 

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!