トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

地方創生元年???

IMG_3111のコピー

 ひところは騒がしかった「地方創生」のフレーズだったが、、、最近は、ひっそり感が否めない、、、。マスコミも論じているように、、、いっせい地方選挙向けの自公政権の「看板」だった、、ということも否めない、、、かな、、、。

 今では、、、「一億総活躍社会」が、、、トップ看板に置き換えられてしまっているわけである。。。

 「我が国の構造的な問題である少子高齢化に真正面から挑み、「希望を生み出す強い経済」、「夢をつむぐ子育て支援」、「安心につながる社会保障」の「新・三本の矢」の実現を目的とする「一億総活躍社会」に向けたプラン・・」(首相官邸HP)、、、なのだそうである〜〜〜。

 そういえば、、、アベノミクス、、、ローカルアベノミクス、、、3本の矢、、、などなどのフレーズも目つきり、、、「どこに行ってしまったか?」感もなくもない〜〜〜。。。。

 はてさて、、、、ではでは、、、地方創生は???

 「芽を育てられるだろうか。政府は地方の人口減少抑止を目指す「地方創生」の先進的な取り組みと認定した事業に総額236億円の交付金を配分すると決めた。 地方創生はこれまで各省の施策に名称をかぶせただけのようなものもあっただけに、主役である自治体の具体的な動きがやっと表れた形だ。他自治体への応用が期待できるような試みもある。政府はていねいに地方の創意を後押しすべきだ。
 全国の自治体は現在、総合戦略と呼ばれる人口対策・地域活性化プランを策定している。今回の交付金はこれに先立ち、政府が有望と判断した677自治体の合計709の事業に先行配分される。ハコ物や道路事業は原則として対象外だ。各自治体が提案した事業を民間人らに委嘱して審査した結果、約6割の事業が支援対象となった。・・・
」(毎日新聞11・18

 地方創生との掛け声があろうがなかろうが、、、地域づくりへの地方自治体の仕事は、、実は、何も〜〜変わらないのである。それこそ、、掛け声に踊らされることこそ問題点をはらむ(何度も書いてますが〜〜)もののような、、気がする。

 来春の市長&市議選挙、、、、、。どんなことが、、主権者の住民の基準・争点になるのか?・・・市長選候補も出たが、、まだその辺は、、明らかになっていない、、、。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!