トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ICT自治体?



 (ICT関連の技術進歩は、、、想像もつかない時代。自動車の自動運転もあるし〜〜〜😛)

 当方的にも、実は気になっていたのだが・・・。群馬県下仁田町では、全戸にスマートホンを配置したとかで、、、「1)各戸への自治体からの連絡や災害時の連絡手段の確保、2)子供や高齢者の見守りネットワークの創出、3)歩数計アプリによる健康増進の取り組み、4)買い物難民など高齢者の問題の解決、5)世界遺産の富岡製糸場を構成する荒船風穴、ジオパークなど観光の促進、の大きく5つの分野について、スマートフォンの活用が具体的に検討・実施される。・・」(ケータイWatch11月18日)

 「スマートフォンの全戸配布(全3413戸)を前提に、実証実験としてモデル地区への配布(300~500戸)を開始する」(同)

 「同町の人口は8172人で、3413戸のうち約500戸に独居老人、約500戸に65歳以上の夫婦が暮らすなど、高齢化とその課題に直面している。加えて、戸数に対して町の面積が広く、ケーブルテレビの敷設は補助金を考慮しても数億円のコストがかかることから、ケーブルテレビの敷設を先送りしてきた経緯があり、各戸に連絡する手段が防災無線のみという課題も抱えている。」(同)

 ・・・・スマホを使っていれば、、、「だよな!」、、と思うようなことでもあるが。。。(もちろん、端末代もだが、、、問題は通信料?かな〜〜)

 ちなみに、、佐渡市の場合は、、、「ケーブルテレビの敷設は補助金を考慮しても数億円のコストがかかる」と記事でも触れているが、、、この広い佐渡にケーブルを市の予算で這わせてケーブルテレビ網〜〜となっている。確か数十億円〜〜〜(確か50〜60億くらいだった気がするなぁ?)



 備忘録も兼ねて、、過去の資料をひっくり返し、、、てみた。これが正確〜〜である。

 はてさて、、、写真?、、、俗にいう「腕時計端末」?AppleWatchである。たまたま、腕時計のGショックのベルトが切れたのを使っていたのだが、、、当方が”Appleな奴”ということをご存知の方からプレゼントとしていただいたもの〜〜〜。(😬)
 一般的には、、、この初代より、2世代後くらいの方が優れる、、、から、、、まだ、「待ち」という見方も強い、、。

 ・・・何を言いたいかといえば、、、佐渡がケーブルを這わした頃、、、ネットが大きく普及し始めていた、、、しかし、当時の佐渡の場合、、、ネット環境がよろしくなかった、、、結果的には、、このケーブル網は、、、当時の最先端的であった、、、。
 しかし、、、進歩が早いから、、、行政がやらなくとも、、、ネット環境は、すぐついてきたのである。(もちろん、中山間地域などは、、、ど難しい面があったかもしれないが、、、ま、なければ、、別の発展もしたかもしれない〜〜)

 別の例なら、、、薄型テレビ?、、、発売当初は、べらぼうな値段だったが、、、今やそれなりになっているような感じ?か。

 ・・・この分野は、、難しい〜〜ものなのである〜〜とも、、。

 追:ちなみに、60億円もかけて佐渡全体にケーブル網を這わしていた時に「佐渡市は財政が厳しく夕張市になるかも?」みたいなことが行政サイドから強く?こもごも語られていた。=当時、当方(議員でない)は、、、、「夕張市になるなる、、、と言っているが、、、夕張市になりそうな自治体は、、、こんなことやらない〜〜」と言った記憶がある。。これも備忘録?

ケータイWatch(記事)


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!