トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

国仲の4つの中学校を2つにする〜〜〜1



 (9月議会で、さわりだけ、、質問で取り上げた「学校統廃合」、、、。また、取り上げるつもりなので、、、ここでも「さわり」だけ〜〜)

 文科省が60年ぶりに「学校統廃合の手引き」を策定(改定)したこともあるのだが、、教育員会は、関係PTA役員レベルを集めての説明会をやっている。(ま、9月議会でも「方便」的でしたし〜〜〜教育委員会に言わせれば、「ただ話を聞いただけです」とでも言うのであろうが、、、。)=少なくとも、関係者から見れば「説明会」である。。。

 はてさて、、、トップ写真のように、、、「地方創生」などと疲弊した地域や人口対策で頑張ろう〜〜と熱にうなされているのだが、、、実は、「地方創生」のあり方と学校のあり方は、大きな関係があるというのが、、、、種々の雑誌などでも語られているし、、、文科省自身が「地方創生」の中でも語っています〜〜〜〜。

 9月議会のまとめも含めて言えば、、、、(Q=質問、A=答弁)
Q)文科省の「地方創生」と学校のあり方についての視点などを教育委員会で協議・検討したか?
A)・・・やっていません。

Q)60年ぶりの改定の手引きや事例などを文科省が上げているが十分、協議・検討した上で方向を出しましたか?
A)・・・・・・・(一応は、それらしきものを答弁したが、、協議・検討不足)

 これが、教育委員会の答弁、、、。

Q)市長は「地方創生」や地域(旧市町村)の活性化と言っているが、、、教育委員会と同じか?
A)コンクリートで固めたものではないが、今のところ、その方向(統合)だ、、、。

 これが、市長答弁、、、。(両方とも「ザックリ」な表現ですが・・・)・・政治主導的な「総合教育会議」で市長が教育にかなりの力を持つようになりましたが、、、。つまり、市長が再選すれば、、、「進める」ということである。

1.png

 これは、今から約10年前のH18年10月の市報で=市民に大きく公表したものである。。。この方針に基づいて中学校統廃合を進めるというのが、、、教育委員会の姿勢である。・・・10年と言えば、、、ひと昔前である、、、。

2_20151020180327683.png

 これは、同じ市報で、市長自ら、、、、なぜ保育園や学校の統廃合を進めるのか、、、が書かれている。ちなみに、、、よく読んでみると、、ここには「教育的視点」は、全く無く、、、、財政難なので統廃合を進める、、、としか書いていない〜〜。

 ちなみに、これまで、小中学校の統廃合が進めれてきましたが、、、いずれも、校舎の建設問題が課題となっており、市財政とも大きく関わっていたが、、、今回の国仲4中学校では、、、当面、このような課題はない。統合するから校舎を建設する、、、のではなく、、、統合に伴う手直し的改築だけである、、、。

 教育委員会は、「上からの押し付けの統廃合はやらない」、「住民合意を大切にする」、、、とか言っていますが、、、少なくとも、当方自身が関わったことのある小学校統廃合では、、、、、そんなことは、全く守られなかった、、、それどころか、、、当方などは攻撃されました〜〜〜〜。

 説明会を聞いた保護者曰く、、、「保護者や地域が反対すれば存続できるのだろう」。。。と語っていますが、、、。(ま、これが当然なんですが、、、「方便」には、、、「当然」は通用しない〜〜〜)
 ちなみに、4地区のPTAが集まった会合で「とりあえず、賛成か反対か聞いてみてくれ」という保護者もいたが、、、。もちろん、そんなことには対応しない訳である。。。。

 教育委員会、、、、子どもたちがいかにのびのびと勉強できるか?、、、に力を入れる方がいいんじゃないか、、、、と!

(プロローグ)


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1123:地域おこし協力隊について by BUFFALO on 2015/10/21 at 13:11:32

先日も新聞折込に協力隊さんの趣味と思える記事が載っていました。協力隊員も佐渡市の臨時職員と聞きますから公務員なのでしょうが。やっていることは、佐渡好きの移住者で遊んでいるのではないか。こんなものに予算をつぎ込むのが不思議でならない。新聞折込チラシに書かれているのは、いつも不思議である。市議会も進めているのでしょうか。

1124:Re: 地域おこし協力隊について by Nao on 2015/10/23 at 18:09:33

議会や議員の中では、賛否両論あります。でも、ま、予算を認めている、、、議員は「賛成」ということになりますが、、、。
当方は、「外部人材活用」による市政や施策への取り組みは、「当然ありうる」と考えています。
すでに書いているように、一番は、受け入れる=活用しようとする市政(佐渡市)の考えや活用方法が要だと思います。
身分的には仰せの通りの「臨時職員」=「公務員」です。従って、一部の人を利するような、、、ことは、やりにくいものです。
その外部人材が活躍する「場」が重要ではないかと思っています。この「場」が、どうしても「個」になりがちで、この辺が問題と!?
ちなみに、これまでの委員会での質疑・質問で、、、「外部人材(地域おこし隊など)活用では、公的なブログなども立ち上げているのだから、
市民にも知ってもらうことが重要ではないか。佐渡市HPにリンクを貼るとかすべきではないか?」と言ってあります。
もちろん、答弁は「否定:しなかった、、従って「やる」と思っていますが、、、未だに〜〜〜です。

ご回答になっていないかもしれませんが、、、

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!