トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

誰が黒幕???〜( ^o^)ノ



 (・・・涙、、、。怒られるのを覚悟で〜〜〜( ^o^)ノ)

 はてさて、、教育委員会制度の改変で、、、これまで以上に、教育委員会のあり方は、、、変わらねばならないし、、重要であるし、、、、一層の役割が期待、、、等等、、、されていることは、すでに書きました。

 ま、本筋論的に言えば、、、、今回の改正があろうが、、、本来、教育委員会とは、市民の期待を担う存在でなければならないものなのであり、、、「今更」、、、なのである。。。。。る。

 はてさて、、タイトルの「黒幕」、、、かなりショッキングな言い回しであるが、、、。これは、何かといえば、、、、「一体全体、教育行政を指図しているのは、、、一体誰なのか?」、、、ということである〜〜〜???
 ま、田舎町的行政で言えば、、、本来、市長部局から独立した教育委員会であるべきなのだが、、、、往々にして首長の意図がかなり働いていたりするのであるが、、、?????

 第一回の総合教育会議の議事録、、、、これは、かなり面白い、、、、(当方的には、声を出して笑ってしまった〜〜(^^;))

 そこで、、実は、、、市長の教育委員会への認識が語られているのである、、、。

 市長)・・・今日は中身をどうするかっていう議論をするつもりはさら さらございません。なんでこの総合教育会議というものをやらなければならないかということを、是非皆様方でご理解をいただきたいなと思っていると ころであります。・・・・

 市長)・・・教育委員会の中の形骸化が進んでいる、或いは、スピード感が足り ない、危機管理が足りない、こんなことでですね解決をするならば、総合教育会議で首長が入ってやる必要は全くない。教育委員会自らが改革をすれば いいことであります。・・・

 (基本的には、、当方的にも、この認識は支持できます〜〜)・・・一言で言えば、、「教育委員会よもっと活性化してやるべきことをやれ〜〜」、、、みたいな主旨ではなかろうか?

 つまり、、、これは、、、現市長が勝手に黒幕?として、動かしていない、、、ということではないか?そういえば、、佐渡市図書館戦争の時に市長の対応は、、、黒幕というより、、一歩引いて対応していた感もあった〜〜〜(^^;)、、。

 さらに・・・・・

 市長)・・・(学校教育や社会教育などの佐渡市の教育行政は)学校教育課長が進めるんじゃない。教育っていうのは、教育委員の皆さん方の思慮のもとで学校教育課長がやる。どうも今見ると逆になってるんじゃないかと思っております。 そういう意味では、これからそういう所も変えていかなきゃならないという、 教育改革の基本的な1丁目1番地じゃないかなと思ってます・・・

 ・・・これは、、、これは、、、佐渡市の教育のあり方などは、「学校教育課長」が黒幕で教育委員会を操ってすすめているんじゃないか?、、と言っているに等しいのでは〜〜???(=そうか、、、担当課長のいいなりで教育委員会が動いている???)

 ・・・議事録を読んでみて気づくのは、、、、教育委員の面々があまり語っていない(発言していない)、、、後段で、、、ちと、なんだか〜〜喋ってはいますけど〜〜〜。元来、こんなふうな市長発言あれば、、何らかの独立した組織としての教育委員会の発言もあってしかるべき、、、ではなかろうか????と!(構図的には「政治」に「教育」が劣勢〜〜ということである。)

 いわゆる「佐渡学」関連についての市長の言、、、。

市長)・・先般、土曜日の日に、小林よしえさんという旧両津市出身の里帰り民謡大 会がありました。私は、その佐渡おけさとか色んなものがある訳であります が、日本一素晴しい民謡であるだろうと思っております。このことの発表会 があった時に、小学校・中学校に対して招待券を渡しているはずなんですよ。 一人も来ませんでした。一人も来ませんでした。これは、学校の先生が悪い のか、教育委員会が悪いのか、わかりません。まして、教育委員会の担当は、その受付もやらなきゃ何もやらないという様であります。これで本当に佐渡 市の教育が良くなるのかっていうことを考えた場合に、前途真っ暗になりま した。・・・・・・これも当方的には同意!!

 そうそう、、、ついこの前の国仲中学校統合問題での懇談会でも、、、、市民から、、、(課長に向かって)「あなたたちが決めているのか?」との発言があった、、、、、。もちろん、、「教育委員会で決めています」と答えていたが、、、。

 学校統合でも図書館でも、、社会体育でも、、、決める、、教育委員会、、、委員自ら、、関係者のところに足を運んで,,,意見もそうだが、、、「空気感」なども、、、しっかり掴んだ上であれこれと佐渡市の教育のあり方や方向性を出すべきであろう。。。。

 ちなみに、、、先の市民の答弁に、、、「教育長は来ます」みたいなことを言い、、教育委員会は,現場に来ている、、と言いたかったようであるが、、、、改正された教育委員会では、、、教育長=教育委員会の全くのイコールではなく、逆に、、、教育長に対峙するような形が求められるのである、、、、。

 何を言いたいか、、、佐渡市の教育のあり方や方向を決めている教育委員会なら、、、現場、で意見やその空気感なども感じ取り、、、市民の意見や声を反映した佐渡市教育行政をやるべきであろう、、、ということなのだが、、、。

 どうも、、、黒幕???は、、、課長かなぁ、、、、。涙、、、。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!