トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大雨特別警報、、、。



 一日中、報道されている「大雨特別警報」、、、、。

 実は、朝、、、車のラジオの声が、、「危険ですので高いとことに避難してください・・・」(こんな感じであったはず。。)、、、との音が聞こえた、、、、。「あ、これは、津波?大震災か?・・・」とラジオに聞き入った、、、。

 まさに、、、3.11を思い出すほどの、、、、光景と見えます。。。。まだ、降雨が続くようだが、、、これ以上の災害にならないように,,,祈るしかない。。。。。

 さてさて、、、NHKラジオであったが、、、、最近、防災関連のやりとりが流れていた、、、その時「海岸線にない地域では津波等の自然災害は少なくて・・・」というようなフレーズを聴いた。。。
 「おいおい、、公共放送さん、、、、このフレーズは、、、、誤解を招くよなぁ〜〜、、と強く思ったのがこの夏であった。



 これは、、、3.11で「釜石の奇跡」と言われた、、、防災(教育)で有名?な群馬大の片田教授が3.11以降の書籍である。(おそらく、過去にも書いたかも知れませんけど・・・)

 確かこの中にも書かれている?のだが、、、釜石で津波防災の講演をすると、、聴衆の方が、、、「先生の群馬は、津波の心配がなくていいよなぁ。。。」などと声をかけられるのだそう、、、、。そこで、内陸地とて、同じ。。と答えていることが書かれている、、、。

 「・・・群馬県民は「群馬は災害が少なく、安全な場所だ」という大変な誤認をしている・・・(群馬県は)自然が豊かということは、自然の恵みがいっぱいあるということ。・・・・・自然に思いっきり近づいているということは、時に、自然の大きな振る舞いに直面するということです。・・自然に近づくということは、その恵みに近づくと同時に、その災いにも近づくということなのです。・・」

 「(温暖化などの影響で)・・巨大な台風が関東一円を通過していくだろう・・・全域的に大雨が降る自体が想定されます。・・この水が全部川にはいって・・・」
(同著)、、、と今後一層に内陸部の群馬県などでも想定外の事が起こるし、、、その雨は、、、東京にも行く、、、「自然豊かな日本は災害ととなりあわせで、どこにも安全はない」ってな警鐘をならしている。

 当方的には、、、このことを直に見るような、、、TV映像に強く感じた、、、、。

 これ以上、、、被害が広がらないように、、、。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!