トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

地方創生マジック?本気で地方創生!



 はっきり言って、、、当方の今回の一般質問、、、市民の方には、、わかりにくかったんじゃなかろうか、、と思っています。(怒られるのを覚悟で言えば、、、「議員とて・・・」でもないか〜〜(^^;)ですが)

 メインテーマは、、、「地域(佐渡市)づくりの方向性」についての質問であった。

 いま、佐渡市行政も議員も?、、、、「地方創生」「地方創生」で「まち・ひと・しごと創生計画?」=地方版総合戦略をなんとかせにゃ〜ならぬものだ!ってな意気込みを感じるのですが、、、、市長答弁も一言でいえば「地方創生」=「まちづくり計画」というものであったはずである。
 市長答弁的に沿って言えば、、、「人口減少(人口減で将来、消滅市町村が生まれるので対策が急務)がきっかけであったが、それだけでなく、自らが独自ある地域をつくっていくということ」(大ざっぱ主旨)、、、というものである。

 よくよく、、考えてみれば、、、消費税増税などとあわせての安倍政権の経済対策=アベノミクス、、やってはみたが、、株価が上がっているだけで、、、国内経済はよくならない、、、(消費を冷え込ましているんですから、、当然なんですが・・)、、、特に、地方には全く恩恵がない、、、ということもあり、、、いっせい地方選挙を睨んで、、、地方経済の対策=ローカルアベノミクスをやれば、、、よくなるんだ、、、というもので地方創生=評判のよくないローカル(地方版)アベノミクスだったはずである。。。。。

 「消滅可能市町村論」がぶちあげられたのも、、、官邸筋とのタイミングを見計らって行われたというのも、、現在では周知のこと、、、。つまり、、マスコミも動員しての世論的捜査的であることは、、、知られているのだが、、、。(過去の書き込み〜〜〜。)・・・おそらく、、、こんなこともあり、、、なんだか熱にうなされたように。。。「地方創生」となっているのであろう。。。。

  ……「地方創生」なる新政策だ。地方を元気にするため地域の雇用創出を中心とした総合戦略を構築しよう、というものだ。来年の統一地方選対策という側面があるにしても、その大きな方向性は間違ってはいまい▲ただ、片山善博(かたやま・よしひろ)慶大教授(元総務相)によると、自治体側は政府作成の政策パッケージを丸のみしないよう注意が必要だ、という。過去に何回か似たような局面があり、結果として地方が痛い目にあってきたからだ▲例えば、バブル崩壊後、多くの自治体が地方交付税の大盤振る舞いという政府の甘言に乗り、身の丈を超えた公共事業を発注、その結果財政危機に追い込まれた。平成の大合併では、合併特例債のアメに引かれ規模拡大を図ったものの、行政サービスの低下などの対価を払うことになった▲二度あることは三度ある。しかも、事前に危機的データで警告し、自治体側の動揺を誘った上で国策に従わせる手法も、大合併時と同じとのことだ。ではどうすればいいのか▲「自治体が自らの頭で考え抜くこと。その力が衰えている」。片山氏の答えはシンプルだが、なるほどと思わせた。国主導のお仕着せの時代よ、さらばである。自治体が考える力を再生させ、個々の事情に合わせたオリジナルな創生を作り上げる時である。(毎日新聞「余録」2014年9月1日)

 一言で言えば、、、国主導(思惑どうりの)の地域いじり(国の望む方向へ)、、、である。

 いつの時代でも、、、地方や田舎は、、、人口減、少子高齢化、過疎などの脱却を実は、メインテーマにして地方政治として格闘してきたのであり、、、まさに、今日的言い方なら「地方創生」にとりくんできた、、、ともいえるのであり、、基本的な大きな違いはないはずである。
 ただ、、、一応、(ですが・・)国自体が、、、人口増対策や子育てや若者支援などなどがないと、人口は増えないので本気でやれ〜〜〜みたいな側面は、、従来より大きく変わっている点が特徴かも知れない。(これは、、、以前は、、国の方向と逆に、市町村が国の制度を上回って、、子ども医療費の軽減や住民負担の軽減なんかを独自にやったりすると、、国のペナルティや睨みがあったのだが、、、それが、、、今回は弱まっている、、という意味である。)

 「地方創生」や「消滅自治体論」に批判的な識者も異口同音ですが、、、、問題意識の「人口減対策」をすすめることは、重要なこと、、どころか、、遅きになってる。。。この課題にとりくむことは、大変よいことなのである。。(ゆえに、、「地方創生の罠」などといった言い方も生まれているのである)

 今回、当方が言いたかったことは、、、地方創生の罠にはまらず、本気で佐渡の地方創生をやろう!ということなのであった。===本気でやるには、、、問題点もしっかりおさえておかないと、、、失敗もするのであり、、、そのへんも〜〜〜ってな感じの質問であったのですが、、、。(ま、執行部は、、「お笑い」になってるでしょうけど・・)

 地方創生?再生?復活?の本気度質問、、、、が全体を流れるテーマ、、、だった。。。

 特に、経済対策の面も強い地方創生であるから、、、公務員(=地歩自治の本旨実現にがんばるっていう〜〜)さん、、、本気で、、地域内の循環型経済=経済の地産地消をやる気があるのか。。。。ってなものだったが・・・(つづく)

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!