トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

市長の戦争法案への姿勢、、



 一般質問おわる、、、。

 いま、、、なんと言っても、、、国民的最大課題の1つになっている「戦争法案」で、これは戦後平和日本のあり方を根本から変えてしまうものであり、、、、様々な影響が住民にもおよぶものであることは明白である。

 少なくとも、、田舎の政治家であろうと、、、この問題にどういった姿勢と見解をもっているのかは、、田舎といえど重要なことである。田舎の政治家だといえ、、、日本の国のあり方が大きく、、、根本からかわるかどうかといった瀬戸際にもかかわらず、、、、「わたしゃ〜〜わかりません」では、、困るのではないか。。。

 この戦争法案に対する市長の答弁・姿勢は、、、「いろんな意見があるので、急ぐのでなく国民の十分なコンセンサスが必要」(主旨)といったもの、、、。

 自民党が推薦した憲法学者でさえ、、「違憲」と断じているし、、、いま、多くの国民は、、、「今国会でごり押しするな」、、、ということが中心的焦点になっているのである。。。。が、、、、市長は、このことには「いち市町ごときが・・」といった風な答弁・姿勢、、、、。

 ま、「私は絶対に戦争は反対です・・」とも言っていたが、、、、まあ、、、安倍首相も同じ事は言っているのでもある。。。。

 非核平和都市宣言なども現市長が踏み出した、、、ゆえに、、近代的政治家らしく明快に姿勢を示すかと思ったが、、、ま、いろいろあんでしょうが、、、、そうではなかった。。。。総論的結論では、、、この重大な岐路ともいえるこの時期にもかかわらず、市長の平和への姿勢を明確に示さなかった。。。示せなかった、、、。ということになろう。

 取り上げた、、、女性週刊誌の文言は、、、市長より明快である、、、。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!